スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【言語】世界のすべての言語、アフリカの「祖語」にさかのぼる ニュージーランド研究






科学ニュース+

1 名前: 23-18@一般人φ ★ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 00:10:00.92 ID: ???
 現在、世界に6000前後の言語が存在するが、そのすべてが5万-7万年前にアフリカに存在した
初期の人類が話していた祖語から枝分かれしたものである可能性が最新の調査で明らかになった。
14日発行の科学雑誌「サイエンス」が掲載したこの調査は、最初の話し言葉の発生や拡散の仕方についての
解析に役立つ可能性がある。ニュージーランド・オークランド大学の進化心理学者、
クウェンティン・アトキンソン氏は、アフリカを離れた最初の人類が、彼らの言葉 ─ つまり人類の祖語 ─
を広める基礎を築いたことを発見した。

 アトキンソン氏の調査は音素(語の音声を構成する最小の単位)に基づき、さらに集団遺伝学からも
「創始者効果」として知られるアイデアを借用している。これは、大きな人口を持つグループから一部が
枝分かれした場合、分派の間で遺伝的な多様性や複雑性が緩やかに消失するという理論だ。

 音素にも創始者効果が認められれば、現代の言語コミュニケーションはアフリカ大陸で発生し、その後
、ほかの大陸に広がったとの考え方が裏付けられる、とアトキンソン氏は考えた。

 アトキンソン氏は世界の504の言語を調査し、最も音素が多い言語はアフリカ、最も少ない言語は南米と
太平洋諸島で話されていることを突き止めた。

 さらに、世界における音素の使用パターンが、人類の遺伝的多様性のパターンを映していることも調査で
明らかになった。人類が各地に居住し始めると、遺伝的多様性も失われた。

 現在、人類が定住して数千年になるサハラ砂漠以南のアフリカ地域で話される言語は、
後年になって人類が住み始めた地域で話される言語よりも音素ははるかに多い。

記者: Gautam Naik

▽画像 各言語の音素の数
genngonokigenn1835
http://jp.wsj.com/var/plain_site/storage/images/media/images/110415_africa.jpg/4696338-3-jpn-JP/110415_africa.jpg.jpg

▽記事引用元 ウォールストリートジャーナル(2011年 4月 15日 15:37 JST)
http://jp.wsj.com/Life-Style/node_222918

▽Science
「Phonemic Diversity Supports a Serial Founder Effect Model of Language Expansion from Africa」
http://www.sciencemag.org/content/332/6027/346.abstract

依頼がありました。
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1302789490/18


2 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 00:11:31.05 ID: +s4SKHjA
c言語は分からない


3 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 00:11:58.82 ID: jsKT4nqc
文法は?


9 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 00:27:51.81 ID: fpxDy+3H
つまり日本語=韓国語


11 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 00:30:01.15 ID: XUAsUBs2
日本語は末端の方だから音素が少ないんだね。


12 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 00:32:10.77 ID: NC/iCXSo
>>9
日本語⇒朝鮮半島語


13 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 00:33:53.92 ID: Q8Trw3ju
日本語は音素とやらは少ないかも知れんが
表現力でカバーしてるよな
青色一つとっても色んな表現あるし
国民性か罵詈雑言を表す言葉は少ないらしいがw






15 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 00:35:11.48 ID: JX8JWpY2
バベルの塔を建てたニムロドに責任があるのサッ!!!
分かったナッ!!!!!!!!


16 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 00:35:27.92 ID: uESNog5K
米語はヨーロッパから海を渡った英語の派生だと思ってたは


17 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 00:37:16.52 ID: XUAsUBs2
思い出した。日本語は倍速という説。
http://www.sf.airnet.ne.jp/~ts/language/baisoku.html


18 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 00:40:20.39 ID: EeV8UthH
朝鮮語は日本語と別系統だから


19 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 00:54:28.52 ID: 84FyAHGC
え?世界のすべての言語の源はハングルじゃなかったの?w


20 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 00:56:54.48 ID: Ccaz4sQk
遺伝的多様性が減った理由はなに?


21 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 00:57:37.52 ID: rl7ZFqd/
世界の祖語は笑顔なんだぜ?


22 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 01:04:52.64 ID: NPw3MI+w
予想通りの流れに吹いたwww


24 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 01:13:19.64 ID: oQYEmkBE
>>1
> アトキンソン氏は世界の504の言語を調査し、最も音素が多い言語はアフリカ、最も少ない言語は南米と
>太平洋諸島で話されていることを突き止めた。
>
> さらに、世界における音素の使用パターンが、人類の遺伝的多様性のパターンを映していることも調査で
>明らかになった。人類が各地に居住し始めると、遺伝的多様性も失われた。
>
> 現在、人類が定住して数千年になるサハラ砂漠以南のアフリカ地域で話される言語は、
>後年になって人類が住み始めた地域で話される言語よりも音素ははるかに多い。

「アフリカの祖語」はあたりまえだと思う。むしろ、このへんがすごくおもしろい。


25 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 01:17:11.62 ID: xxtfv836
人類がアフリカで誕生して移動していったのは、反論できないほどの定説だからな。
言語がアフリカ起源で無いと主張するほうが、はるかに不自然だよ。全く意味のない
研究と言っていい。


26 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 01:21:06.43 ID: Jgccc724
>>25
人類が喋り始めた時期を特定できるだろ
原始人はウホッホウホホウホッでは無いかもしれんよね


27 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 01:28:10.84 ID: os0I4bkm
日本語は音少ねえから枝分かれしてきた方か
韓国後から枝分かれしたのは確定かな


28 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 01:30:23.90 ID: IDKJaCEh
日本語と朝鮮語が枝分かれした言語なのは確実だと思うよ大昔過ぎて語順くらいしか共通点無いけど
どちらかに伝達能力に問題を抱えた語順とか文法を持たないサルな言語が上層に乗っかりお互いに疎通不可能になたと思われる。


29 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 01:33:44.60 ID: 3VRhVP9p
ウホッホウホホウホッ
ンーババンバンバンーバッバーッ


31 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 01:39:02.99 ID: iEJ56ySV
>>28
でもここで言う「音素」の話から言うと系統が分かれたのは結構前って事になるぞ
何せお互いに正しい発音ができないし
語順以外の共通点なんか日帝支配下の影響かもしれん


32 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 01:39:55.35 ID: zqs3DYvu
アフリカの言語は舌打ち音とか、信じられない音まで
音素として使用してるのがあるからな。声調も中国語は
四声だがアフリカの言語では7つくらいあるのが多いし。
(これのおかげで、声調に合わせて音程を変えた太鼓を
叩くだけで会話ができる。)


33 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 01:40:05.03 ID: m8M88P72
ジュワワワジュワワ、
ジュワジュワジュジュワワワワワ?


35 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 01:46:23.43 ID: iEJ56ySV
あんまり音素が多いと習得や使用にも無駄な労力が必要そうだな


36 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 01:48:55.24 ID: iEJ56ySV
どうせなら、どの部族がアフリカから出た集団に近いとか
そういう話ならもっと面白かった


37 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 01:50:45.53 ID: Z+AqJH7C
アフリカに逃げるな
そこから現在に至るまでの過程を調べるのがお前らの仕事だろ


38 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 01:51:52.15 ID: FRcdcU68
アフリカ育ちのネイティブアフリカンに歌でも歌わせたらすごいんでねーの?


40 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 01:53:36.23 ID: pRw75PNc
文法まで変わっていっちゃうもんかね


41 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 01:57:18.58 ID: 3VRhVP9p
ンで始まる名前とか
アフリカの言葉って聞いててイラっとする


43 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 02:21:19.06 ID: 7FtFh+aj
だからといって世界祖語を再構することはできないんだよな。


44 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 02:29:51.44 ID: dkNrbZiI
イギリス、日本とか海を渡って移住した集団の音素は少ない。ドイツ語→英語でも顕著だ。
おそらく、航海において大声を出す必要性から音素が減ったのではないか。


45 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 02:52:47.19 ID: GxnCvZZX
つまりバベルの塔はアフリカで作られたんだな


46 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 02:58:59.82 ID: iEJ56ySV
>>44
お互いに使用可能な音素を用いる→減るって感じじゃね?


47 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 03:11:40.43 ID: miThjTLp
確かに言語って似てるからな。。
英語と日本語にしても、SVOがSOVになっていて
単語を入れ替えればほぼ通じる。

まったく概念が違うわけじゃない。

だとすればスタート地点が同一という可能性はあるんじゃないか。


48 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 03:27:14.84 ID: pyPh5s6i
ごめんアフリカっていってもめちゃ広いだろ
厳密にどこら辺かはわかってないの?


49 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 03:31:37.74 ID: dkNrbZiI
>>46
世界でも、すべての音が母音で終わるのは日本語とマレー語のみ。日本語は、発音がマレー系、文法がアルタイ系ということだろう。


50 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 04:27:00.77 ID: vscSRmiH
これ伝播が陸続きのみって時点で間違ってるだろ


51 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 05:06:37.69 ID: tL6S7TIm
日本語は基礎語と発音が南方系
朝鮮語の基礎語と発音は北方系

英語とドイツ語のような単純な姻戚関係ではない


53 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 05:07:50.00 ID: iScOeN9w
サル語と人間の言葉とを比べるとサル語の方が音素が多いのか?
少ないだろう。

サル語から、アフリカ語に至る間に、人間がどうやって多様な音素を獲得したのか、
その部分の説明が欲しい


54 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 05:09:15.75 ID: tL6S7TIm
頭がでかくなって顎の形が変わったんじゃね?


55 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 05:16:48.84 ID: TeE3d+W6
どう枝分かれしていったのか図に示して欲しい


56 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 05:35:22.47 ID: MgxaDyvV
最初の言葉はなんだったのだろうか


57 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 05:55:51.03 ID: liEzcwqD
るーしー☆


58 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 05:56:58.98 ID: Hi5tsZiJ
「マン コマ ンコ クッサー」=「お前は誰だ」
は遺伝子レベルで全世界で通じるってことでおk?


59 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 05:59:41.11 ID: RzZHbLjF
知らねえのか?
人類は太古の昔にアフリカ大陸に置いてかれたペットの末裔なんだぜ。
産めよ増やせよ地に満ちよ、ってな言葉を残して去って行った勝手な奴らがいてだなー。


60 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 06:29:02.73 ID: fTsQMl5a
>>28
ウラルアルタイ語という括りではそういう
見方もできるけど
DNAからみるとかなり離れてるのでは?


64 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 07:52:54.48 ID: 2w9XAS6v
音素が少なくなるぶんを文法で補ったのかな


65 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 07:57:43.87 ID: x3AoUiO+
諸悪の根源、『通名』を廃止せよ
日本人に投票したと思ったら罪日チョンだった…

通 名→ なんと、公式書類にまで使える。(会社登記、免許証、健康保険証など )
   → 民族系の金融機関に偽名で口座設立→ 偽名口座で犯罪、脱税し放題。
   → 凶悪犯罪者の1/3は罪日なのに実名では報道されない
   → 懲役4年以上の犯罪の外国人は強制送還だがチョン罪日は適用見送り状態
   → しかも自由に変更可能。悪名が知れてもリセット可能。


67 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 08:11:20.80 ID: XquWRjib
「創始者効果」が言語にも適応できるという仮設に基づいた推論にすぎないのに
「発見」というのは誇張にすぎないと思うが・・・


68 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 08:16:11.02 ID: 78ZjtoUo


     |┃三   人      _________
    |┃   (_ )    /
    |┃ ≡ (__) <  「起源」と聞ゐちゃー黙ってられねゑ!
____.|ミ\_<丶`∀´>  \
    |┃=__    \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃ ≡ )  人 \ ガラッ


70 名前: にょろ~ん♂ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 08:34:26.31 ID: zhPVUcgu
日本語は開音節言語(母音が中心)らしいけど
欧米はちがうじゃない。
むかしは多くの言語が開音節だったといううわさがあるけど
ほんとのところはどうなの?


71 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 08:39:41.94 ID: u4Qdl6q5
こらまた、とんでもだな

>現在、人類が定住して数千年になるサハラ砂漠以南のアフリカ地域で話される言語は、 
>後年になって人類が住み始めた地域で話される言語よりも音素ははるかに多い。 

1音素がそれぞれ意味を持っていた名残で、複合語が未発達ってだけだろ

語彙が増え抽象概念が発達したら、そうはいかん

>>32
>アフリカの言語は舌打ち音とか、信じられない音まで 
>音素として使用してるのがあるからな。声調も中国語は 
>四声だがアフリカの言語では7つくらいあるのが多いし。 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0%E8%AA%9E#.E5.A3.B0.E8.AA.BF
歴史的には、末子音が消滅した時、3 声調に分かれたとされる。ベトナム語の属するオース
トロアジア語族のほとんどは声調を持たない。その後、頭子音の無声/有声に従って各声調
が二つに分かれ、今日の 6 声調になった[1][2][3]。


72 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 08:44:58.01 ID: 5IK2ZlX9
犬の鳴き声(発音)って世界どこでも一緒なのだろうか
一緒ならそれはそれでDNAにあがなえない凄さがあるし、
違うなら違うでそれは凄い。

何故こう思うかというと、英語と日本語(地理的にも遠い)だけ見ても、
同じ人間の構造を持ってるのに、声を出す喉の深さ一つですら違うから。

英語は日本語より喉の奥から声を出すから犬等の吼え方に近い。
(からくぐもって聞こえる)
日本語は英語より喉を使わず(というか常に喉を狭くして)歯に近い所で
舌を動かし発音するから声が高い。
(そしてその関係からか、出っ歯が多い)


73 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 08:49:52.34 ID: f+uX4HV9
>>28
語彙の面、音声面から見て日本語と朝鮮語は全然違う。
朝鮮は日本に併合されて日本式漢字語が多く導入されたが
その前に中国漢字語の大量に入って固有語が少ない。


74 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 08:49:55.05 ID: +12DLokb
それがハイ・エンシェント・ワードというわけだな


75 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 08:50:55.43 ID: 81+BhXW7
日本語のルーツはシュメール語

豆な


76 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 08:57:46.05 ID: ckMWJv0F
この研究の土台にするためには、音素という単位は不適切じゃないかな。

数千年くらい遡れる言語で過去と現在を比較したら、
音素は増えたり減ったりで統計的には揺らぎしか見えないはず。
例えば古代日本語には[h]の音が存在しなかったのに、
古代の[p]が音韻変化で分化した結果として[h]が発生したように。
あるいはラテン語とフランス語を比較すれば音素が増えているように。

ただし これらは、連鎖する音素が融合したり、
前後の音の影響を受けて変音したりといった状況だから、
調音位置・調音様式という下位の構成要素に音素を分解すれば、
統計的なノイズが消えて、全体としての減少傾向が見やすくなるはず。
そうやって整理すると、マクロな傾向は二つに集約できる。
1.クリック調音はサハラ以南アフリカ限定
2.辺境の言語は音素が少ない

1は、難しい発音が地域限定で存在する事例の一つというだけかもしれない。
2は、外来語のために音素が増える効果で説明可能。


77 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 09:01:07.15 ID: mFTwfnDg
世界の認識とは齟齬があるな


79 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 09:12:30.54 ID: Tlx5wsYn
>>72
もしかして:あらがえない


80 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 09:17:49.14 ID: f+uX4HV9
>>32
>声調も中国語は
>四声だが

北京語を基礎とした普通話(旧称北京官話、国語、Mandarin)は
陰平声、陽平声、上声、去声、軽声の4声2調だよ。

陰平声、陽平声、上声、去声は強勢が有る音節。
軽声は強勢が無い音節。

中国語方言の広東語は4声3調(俗に9声)
^^^^^^?南語は4声2調(俗に7声)


81 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 09:28:46.31 ID: qgSDqDy4
ネトウヨの語彙が異常に少ないのはなぜ?


82 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 09:32:38.61 ID: f+uX4HV9
>>80 文字化けしたなあ。
最後の行は「ミン(ビン)南語」=福建(アモイ)語のことだ。

>>76
中国語も音声が変化している。
例えばk→h、h→ゼロ子音
「黄」の中国近現代音はhuangだが
「黄」を形声符に持つ「廣=広」の現代音はkuang(頭子音は無気音)だ。
「廣」の略字として「広」の字を用いるのは「ム」の中国音が
「黄」とおなじだったから。

又「黄」の広東語音はwongでこれは日本漢字音の「オウ/ワウ」に相当する。
ワメリカの首都ワシントンを中国語で「華盛頓」と書くのは
「華」の広東語音wah(このhは長音符号)に基づいている。


83 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 09:32:39.28 ID: ifP/zfJI
>>1
アフリカ人の言葉が音素が多いとは意外だったな。 殆ど母音で、あとは若干の
子音だけで構成されていると思ってた。 アヤバババとか。


84 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 09:46:53.45 ID: qgSDqDy4
古代の日本語には母音が7つあったらしい。
それが今はあいうえおの5つ。
何でそうなったのかずっと疑問だったが、
>>1の記事で理由が少し分かったよ。


85 名前: にょろ~ん♂ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 09:48:51.72 ID: zhPVUcgu
>>72
逆に口蓋が出ている人類と引っ込んでる人類で発声が違うだけ
という見方はないの?


86 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 10:06:29.02 ID: aoEhCBMz
何事もエネルギーの低い、より省エネな状態に進むって事だな、


87 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 10:10:21.61 ID: xFuy6Pzu
>>72
呼吸が浅いのもね


88 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 10:18:43.66 ID: 62WJ4YZz
ミスタービーンの人だっけ?


90 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 10:49:53.41 ID: 147gP39w
神は機械語しかない混沌の世界にCOBOLとFORTRANを作られた
FORTRANはALGOLを生み、やがて変化の末
COBOLは北斗神拳に、ALGOLは南斗聖拳へと進化した


92 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 10:54:27.92 ID: J2qQ04UX
>>72
日本語にも普通に軟口蓋音とか声門音とか奥の音があるんだが。
むしろ、英語の方が円唇母音など唇を積極的に使う。


93 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 11:19:18.21 ID: /o4fd6hS
バビロンではないのか


95 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 11:37:45.20 ID: v6eOqOqK
>>17
内容は面白かったが、既に>>1の結論が文章中に常識として挿入されている。w

どこの賢者だ?w


96 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 11:39:19.32 ID: v6eOqOqK
>>90
そして、全員が、核戦争の荒野で討ち死にしたんですね?
良く判ります。www

(フォートランの末裔が、ちょっとだけ生きてる?)


98 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 12:07:02.07 ID: 94W7xsch
遺伝子も文化も言語もすべてアフリカに帰結するのは
まあ当たり前なんだけどな


99 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 12:09:50.99 ID: +MPvnnIR
      . .'::....
      :;:λ::....
      .,:;ソ);:
   . .:::)V  ソ):':
 .  ::';(;ノ ,;' (ノ) 
   .:(ソ    'ノ):; 
  ..:( ':    ノ;'. 
    ゝ;:;从;ノ゚~ 
  ⊂< ;#;`Д´;>
    ノ    |つ
  r(   ヽノ
  し´ ̄ヽ_)



101 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 12:31:56.50 ID: rIwCBxW8
そうか
日本語にもつながるのか


102 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 12:50:44.35 ID: YLQEzjz6
更にその祖語はネアンデルタール語か?


103 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 12:53:28.53 ID: wETy1v/w
>>17
strengthが一個の短期記憶に収まるって、無理がないか?


105 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 13:10:33.95 ID: yUDSxkTv
>>20
>遺伝的多様性が減った理由はなに?
トバ・カタストロフ理論


106 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 13:24:21.72 ID: Lbhx7gMA
>>1の創始者効果の説明っておかしくね?
集団から少数で分派した初期個体群がボトルネックとなり、遺伝的多様性が
そこで制限されるというのが創始者効果だろ?
>>1の文中の「緩やかに消失する」ってのはどういう意味だ?


107 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 13:46:03.85 ID: NjUGDZ8D
んっ……!んっ…!あんあんっ あっ!あん!あん!んあ あっ!あんあん!ああん!


110 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 14:49:38.28 ID: MfVlCjAU
ニカラグア手話は、この系統ではないはずだがな。

完全に独立して自然発生した言語だ。
まぁ音声言語ではないが、完全な自然言語で、音声言語と遜色がない。

人間には、言語を「創造する」能力がDNAにインプットされてるらしい。
複数の人間が幼少から集められて、他の言語に触れない状態であったとしたら、
新しい言語が一から創造されるはず。

ま、現実にはそういう状況って、音声言語じゃありえない気がするので、
音声言語の始祖はこのアフリカ祖語に遡る、ってのは事実かもね。

暇な人は以下のサイト見てみると良いよ。
http://www.ne.jp/asahi/kibono/sumika/kibo/note/oto/oto-5.htm


111 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 16:55:08.92 ID: S9FyXfyP
アクア 水


112 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 17:23:31.20 ID: RYzUdvNC
>1
華麗に日本語が無かったことになってるな


113 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 17:26:55.71 ID: RYzUdvNC
まあ日本語は話し言葉というより書き言葉のたぐいだからな・・・。
主語述語の明確なルールがなくても、助詞や助動詞があるせいで無関係に
意味を伝えられるから、言語というよりむしろ数式に近い。
日本人の交渉ベタやプレゼンベタもそのせいあるよ


114 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 17:28:23.17 ID: BmI1rw88
>>110

> ニカラグア手話は、この系統ではないはずだがな。

> 完全に独立して自然発生した言語だ。
> まぁ音声言語ではないが、完全な自然言語で、音声言語と遜色がない。

> 人間には、言語を「創造する」能力がDNAにインプットされてるらしい。
> 複数の人間が幼少から集められて、他の言語に触れない状態であったとしたら、
> 新しい言語が一から創造されるはず。

> ま、現実にはそういう状況って、音声言語じゃありえない気がするので、
> 音声言語の始祖はこのアフリカ祖語に遡る、ってのは事実かもね。

> 暇な人は以下のサイト見てみると良いよ。
http://www.ne.jp/asahi/kibono/sumika/kibo/note/oto/oto-5.htm


115 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 17:29:19.29 ID: BmI1rw88
>>110
紹介有難うございます。大変参考になりました。


116 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 17:34:52.75 ID: FW7UFiM3
人類が喋り始めた時期の特定なんていってるけど、人類の移動の歴史を知っているのかい?
人類がサハラ砂漠を横断して欧州に抜けるまで4万年という時間を費やしているんだよ。
つまり、欧州に抜ける前にそれなりの文明と言語があったのは、地質学的な根拠から明らか
になっている。


117 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 17:36:04.20 ID: RYzUdvNC
地中海通ってかなり移住してただろ


118 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 17:49:29.61 ID: BZU0cHXD
ネトウヨやチョンがいくら起源を主張したところで、結局アフリカが最強ってことだな。


119 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 18:01:07.25 ID: OyuaUY21
おいチョンこんなこと言われてるぞ。
ニュージー大使館前で国旗焼いてウンコ投げてこいよ。


120 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 19:15:27.29 ID: UDLBYY8C
>>118
×ネトウヨやチョンがいくら起源を主張したところで、結局アフリカが最強ってことだな。
○ネトウヨにチョンがいくら起源を主張したところで、結局アフリカが最強ってことだな。


121 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 19:45:51.80 ID: hnvgHCD+



122 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 20:03:49.81 ID: dkNrbZiI
世界共通の音素は「マー(母親)」だろう。
英語で「マザー」、中国語で「ママ」、韓国語で「オムニ」、日本語では沖縄方言で「アンマー」となっている。
あきらかに、世界共通音素として「マー」がある。おそらく「マー」はアフリカ起源だろう。


123 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 21:30:29.51 ID: lkz8T3w7
>>13
けど韓国語とかの罵倒語とされている言葉の直訳を見ても、レベルが低いつーか、
そんなの幼稚園児とか小学生位しか使わんだろww、ってのばっかりなんだよな
どんだけ発火点低いんだよとw


124 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 22:13:17.01 ID: 7xsGtKLJ
やはりバベルの塔の話思い出すよなw


125 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 22:55:42.46 ID: w4uLBYFf
>>122
じゃあかあちゃんやおかんは別のルートからきた言葉なのか


126 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 22:59:41.25 ID: w4uLBYFf
>>113
確かに英語で説明する方が楽
日本語の方が同じ意味を伝えるのにいっぱい話さないといけなくて
説明してると息が続かなくなる


127 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 23:19:15.02 ID: 6MNoH56L
カプサイシンの起源は8万年前って言い出すに1朝鮮人・・・アレ?


128 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/19(火) 23:22:43.41 ID: 4uYN2UbK
日本語も方言になると複雑だよな


129 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 23:25:11.78 ID: UDLBYY8C
>>125
海と同じ
「マ」→「カ」→「ハ」の変化パターンとかなんだろうか。


130 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 23:33:59.02 ID: GzFIm01H
>>122
maやbaは一番発声が簡単で、乳児が最初に発する。
そして一番近くにいる母親のことを表すようになる。
日本語の「はは」も、遡ればhaha>fafa>papa>*baba,*mamaとなるだろう。
「おば」もこれと同源と考えていいと思う。o-は小さいことを表す接頭辞。
「ちち」に対する「おぢ」と並行的だし。「おばあさん」「おじいさん」も同じかな?
ただ、一般に擬声語擬態語のたぐいは、形が似ていても同源とはいいづらい。
例えばドイツ語Hundラテン語canisフランス語chienなどの起源はkwon、
中国語「犬」日本語「~犬(秋田犬など)」の起源はkwenと非常に似ているけども、両系統が同源とは言いがたい。
母親を表す語彙はさすがに基礎的すぎてアフリカにまで遡るかもしれないけど、形の近いことは証拠にならない。


131 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/19(火) 23:45:01.27 ID: GzFIm01H
>>129
「うみ」「カイ」「ハイ(上海など)」の関係を言ってるならマチガイ。
「うみ」は日本語本来の語。中国語は昔から「ハイ」で、
日本語には本来今でいうハ行とカ行の区別(実際には[x]と[k])がなかったので
「ハイ」を取り入れるときに「カイ」になった。
じゃあ「ハイ」は何なのかというと、これは中国語では「パイ」にあたるもので、
日本語のハ行は昔は全部[p]音だった。

「おかあさん」は、「カーカ」とかいう幼児語があるけど、これからだとおもう。
でやっぱりこれも子どもが発音しやすい音で、お母さんを呼ぶのに使ったから
お母さんの意味になったんだと思う。

長文ゴメン


132 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/20(水) 00:11:35.88 ID: qFA+pFod
>>130
さらに付け加えると、中国語の「ママ」「パパ」は多分欧米の言語からの借用だとおもう。
中国語本来の言葉としては「母」という言葉がある。今使ってるかどうか知らないけどw
この言葉、唐のころに発音が「ボ」に変わったけどもともと「モ」だった。
猫も「びゃう」になったけどもともとは「ミャウ(!)」だった。
やっぱり[m]は遍く広がってるね。

ちなみに「マー」は「音素」じゃないよ。


133 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/20(水) 02:44:12.88 ID: ROZm+zYk
>>132
南宋の洪邁著「夷堅丙志」の卷十に
「黄師見夫人在坐,叔介至前,即仆地曰:『媽媽在此,……。』」の用例があり
その当時から使われていたものと見られる。
必ずしも欧米の言語からの借用とはいえない。


134 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/20(水) 04:57:56.31 ID: iWmDl/19
おもうさま


135 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/20(水) 10:18:25.89 ID: 0DXtsT0e
女馬 女馬 (マーマー)は古代からある言葉じゃない?


136 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/20(水) 12:26:30.12 ID: zZ+QEb6a
人類発祥の地は韓国ではないんですか?
よって言語も韓国に回帰すると。


137 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/20(水) 21:01:05.23 ID: qFA+pFod
>>133
南宋からあるのか、知らなんだ
じゃあ欧米とは一概に言えないね


138 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/20(水) 21:46:28.71 ID: UBgom9DN
南宋にあったとしても、使われなくなって偶然の一致という可能性は?
それとパパもママと同じ経緯なのかな


139 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/21(木) 13:28:33.92 ID: cGel6BcG
ローワン・タランティーノ


140 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/21(木) 21:06:48.63 ID: 2g5zNVbF
世界祖語なんて「ムー」ネタだな。否定を表すのが「ネ」だっけ?


141 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/22(金) 22:11:15.95 ID: RywFBDqV
>>140
個人的には、否定もオノマトペの一種から来てるんじゃないかと考えてる。
つまり、抵抗したり我慢したり嫌がったりするとき口を閉じて鼻音を出すよね。
だから n の音が多く用いられてるんじゃないかな。
でも n とは限らず、例えば中国語は m だったり p だよね。西夏文字の人が面白いことを書いてたけど。


142 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/23(土) 20:06:11.80 ID: lLWvNnq7
>>33
やはりアフリカから離れると音素が少なくなるのか。


143 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/24(日) 12:30:54.19 ID: w9Bpruzm
人類の起源はアフリカだから当然だな

ジオグラ
http://genographic.nationalgeographic.com/genographic/lan/en/atlas.html

Family Tree DNA
genngonokigenn2100
http://www.kerchner.com/images/dna/ydna_migrationmap_%28FTDNA2006%29.jpg


144 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/24(日) 12:31:41.99 ID: w9Bpruzm
世界の分布図 2005 J. D. McDonald

Y染色体 Y Haplogroups of the World
genngonokigenn2058
http://freepages.genealogy.rootsweb.ancestry.com/~robert/Y-Haplogroups-1500AD-World-Map.png

ミトコンドリア MTDNA Haplogroups of the World
genngonokigenn2057
http://www.madsci.org/posts/archives/2007-03/1174412643.Ge.1.jpg


145 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/24(日) 12:32:24.15 ID: w9Bpruzm
芸能人のY染色体

細川茂樹 D2 俳優
上田晋也 O2 芸人
有田哲平 O3 芸人
堺  正章 C3 タレント


D2の足跡

家電俳優の細川茂樹さんのY染色体のハプログループはD2
D2は本州42-56%、沖縄県56%、アイヌ88%で日本固有

ナショナルジオグラフィック協会のウェブサイトに掲載された細川茂樹のDNA『Y染色体D2』の足跡。
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20090821/1028377/?SS=expand-digital&FD=1251912479

>解明された細川茂樹のDNAとそのルーツ
>熱血バイヤーの祖先は4万年前に海を渡ってきた

>スペンサー・ウエルズ博士はゆっくりとした口調で語り始めた。
>「細川さんの祖先はアフリカで生まれました。
>そして6万年前に移動を始めたんです。そして沿岸地域を通り、
>インドから東南アジアを通って3万~4万年前に日本にたどり着きました。
>細川さんの先祖は、日本に最初にたどり着いたグループに属します。
>気が荒いかどうかはわかりませんが、ただ細川さんの祖先は漁師だったはずです。」
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20090821/1028377/?P=4


上田晋也 O2 芸人
有田哲平 O3 芸人
堺  正章 C3 タレント
世界一受けたい授業
DNAで一瞬でわかるアナタのルーツ!
2011年1月8日放送


146 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/24(日) 12:44:56.02 ID: 5EcyMvrC
>>144
なんで日本人はYはチベット人、Mtは漢系台湾人(ようするに福建人か?)に似てるんだ。


147 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/24(日) 12:54:23.95 ID: uVQGYBqT
聖書によると、序文の先頭に「はじめに言葉ありき」とか書いてあるよな?
原文のユダヤ系の文字だとシェマ(認知しろ、聴け)みたいな始まり方。


148 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/24(日) 13:22:26.82 ID: 0Mi+7gTh
ネアンデルタール人は喉の構造がクロマニョン~現生人類とは違ってて
現生人類が話しているような複雑な声を発することが出来なかった
そんかし餅とかコンニャクゼリーが喉に詰まっても窒息したりしなかったがw
脳のポテンシャル的にはネアンデルタール人も現生人類も大した違いはなかったが
複雑な音を発する能力を持ったことでコミュニケーション能力が桁違いになったために
基本的に同じ生活圏に暮らす旧人類を現生人類が圧倒した


149 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/24(日) 16:48:28.70 ID: giTQu1G1
>>140
Greenbergの説では、ユーラシア大語族の祖語の否定辞が n- で、
否定辞 が n- 系なのはユーラシア大語族に属する言語だけ。
http://en.wikipedia.org/wiki/Joseph_Greenberg


150 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/24(日) 16:58:02.16 ID: PrOmDmEH
>>144
ttp://www.scs.illinois.edu/~mcdonald/
ttp://www.scs.illinois.edu/~mcdonald/WorldHaplogroupsMaps.pdf
>The original McDonald group page got lost, looking for the backups.
>In the meantime, here are some interesting images and links.


151 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/24(日) 17:05:01.08 ID: PrOmDmEH
>>146
図は数多くの論文を集めて作られてるからなぁ

作図のために使われた論文のリストが>150のpdf に載ってる


152 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/24(日) 17:16:28.61 ID: VrWmvkSJ
> 音素にも創始者効果が認められれば、現代の言語コミュニケーションはアフリカ大陸で発生し、その後
>、ほかの大陸に広がったとの考え方が裏付けられる、とアトキンソン氏は考えた。

科学的根拠薄すぎw


153 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/24(日) 23:12:17.72 ID: YKdWKEXa
アフリカ出るときゃ言葉なしだろ。中東から南インドあたりで言葉覚えたんだな。


154 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/25(月) 00:27:20.94 ID: YeefP8Tx
アラビア語って喉の奥をつかう音がいくつもあるらしい。
h、k、gが何種類もあるみたいな。


155 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/25(月) 00:36:24.09 ID: KPJKnW+r
>>32
うちの大学の教授にそれ研究している人がいる。
コイサン語族のグイ語とかいってた。
数詞が一二三いっぱいの四つしかないらしい。それで、全部クリック音があった。
あと、なぜかそれでも小銭は間違いなく数えられるみたい。


156 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/25(月) 00:38:28.19 ID: KPJKnW+r
>>48
ナミビア砂漠あたりでしょ。
ホッテントットの住んでる。


157 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/25(月) 00:46:01.81 ID: WaSEtRrP
韓国かと思ってたのに


158 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/25(月) 02:13:26.49 ID: iho4ZKwE
>>157
エジプトからさまよった民族が韓国まで彷徨い
神の十戒を受けて、キムチ国家を作ったんですよ。
韓国の聖書にそうかいてあるはず、


159 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/25(月) 02:28:28.66 ID: v1UUmjam
http://www.kjclub.com/jp/exchange/theme/read.php?uid=30116&fid=30116&thread=1000000&idx=1&page=4&tname=exc_board_63&number=26682

韓国式起源の作り方w
たぶんこんなのが韓国の辞書にはいっぱいあるんだろうな。


160 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/27(水) 09:18:39.26 ID: OdrigTBo
韓国だと思ってましたww


161 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/27(水) 09:40:22.88 ID: vaOxEWwP
韓国が研究すると、世界の祖語が朝鮮語になるのは、
世界の常識であり、笑い話。


162 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/27(水) 14:06:34.16 ID: 8LEdafQ+
祖語〈ビフォア・バベル〉


163 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/27(水) 17:03:43.32 ID: /c1rVxUM
キーワード: 韓国

抽出レス数:22



おまえら、まじで自分の頭心配したほうがいいぞ。
こういうの見る限り、韓国による洗脳はある意味完了してる。
「相手のことが頭から離れなくなる」ってのも立派な洗脳だからな。


164 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/28(木) 10:28:33.00 ID: ZH1G+Fb4
>>1
> 現在、人類が定住して数千年になるサハラ砂漠以南のアフリカ地域で話される言語は、
>後年になって人類が住み始めた地域で話される言語よりも音素ははるかに多い。


昔は、音素の使い分けで多様な意味を表現してたのに、
以後は、音素を簡略化して、代わりに語や文を長く、文法を複雑にする方向に変化した?

猿その他の動物が使う音素って何種類くらいあるんだろ?

>>>35
>あんまり音素が多いと習得や使用にも無駄な労力が必要そうだな

その代わりに文法が簡単だとか?


165 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/28(木) 12:48:07.85 ID: lm/lx4W1
簡単にはならないないんじゃね?音素そのものが文法になってそう。
音素の数だけ多様な接尾語があるとか。それで身内・身分関係を
いちいち区別してる、とか。


166 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/28(木) 13:45:08.12 ID: z8fz5vMA
音素をどんどん短くして、最終的に二音だけにすればいい。じゃみんな、

「ピー、ボーボロボロボロ....」


167 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 Mail: sage 投稿日: 2011/04/29(金) 00:44:02.54 ID: YNsTfvO5
海を意味するワダツミのワダはサンスクリット語のワカ(水)と同じ語源って本当?


168 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/04/29(金) 01:50:25.27 ID: CCWAL4D5
ラテン語から他の西欧語にも入ったaqua-と同根であって
日本語と関係あるなんて言うのは電波だろ。
仏典を通じて日本語に入ったっつんならまだしも。


169 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/29(金) 02:49:50.67 ID: Rfe57XaV
ホント厨の9割は自作自演のデマ


170 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/29(金) 03:10:57.60 ID: 8wu/MGnR
>1 あ~確かに日本語とか東南アジア語は音素少ない。
でもこの法則に反する言語も多いぞ。
イタリア語の音素は少ないだろ。
それと北京語よりも広東語の音素が遥かに多い。
仮に広東語が本家で北京語が枝分かれだとすると、
図のような移住とは別の法則になってしまう。


171 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/29(金) 03:30:45.66 ID: cZVMJ3AJ
>>167
ホント

インドヨーロッパ語族の祖語
水 w?dr?


172 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/04/29(金) 06:47:41.80 ID: Ly3JRLi9
アカ汲みのアカは、いつごろどっからどう伝わってきたのか







関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

PR1
PR2
PR3
PR4
プロフィール

Dr.TUN

Author:Dr.TUN
主に科学ニュース+を

月別アーカイブ
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
568位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
64位
アクセスランキングを見る>>
PR5






無料・レンタル・掲示板
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。