スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争は「軍部の暴走」だったのか - 『あの戦争と日本人』






ニュース速報

あの戦争と日本人あの戦争と日本人
(2011/01)
半藤 一利

商品詳細を見る

1 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:19:08.53 ID: xkPJEHAV0● ?2BP(2)

あの戦争と日本人

著者:半藤 一利
文藝春秋(2011-01)
販売元:Amazon.co.jp
★★★★☆

http://www.amazon.co.jp/dp/4163735100

明治以降の近代史をみるとき、二つの有力な史観がある。一つはそれを財閥や地主が軍部と
結びついて対外侵略を行なった「帝国主義」と考える唯物史観で、アカデミズムや左派メディアには
まだその影響が強い。もう一つは明治の英雄が近代化をなしとげたと考える司馬史観で、「新しい
歴史教科書をつくる会」などの右派はこれに依拠している。

著者は司馬遼太郎の編集者だったので、基本的には司馬史観に共感しながらも、明治国家と
昭和の戦争を「非連続」と考える司馬に異を唱える。特に大きな岐路は日露戦争だった。
『坂の上の雲』では英雄の活躍によって不可能な勝利が可能になったように描かれているが、
最近発見された当時の戦史によれば、その実態は違う。

たとえば二〇三高地の攻略は、結果的には無意味だった。2万人の犠牲を出して攻略したときは、
すでに旅順港のロシア艦隊は別ルートの攻撃で全滅していたからだ。日本海海戦も、実は連合艦隊
司令部の命令に反して行なわれたまぐれ当たりで、日本の戦力は長期戦には耐えられなかった。
しかし国民が戦勝に熱狂したため、軍部はその事実を秘密にし、戦史は80年代まで皇居に所蔵されていた。

軍部が「統帥権の独立」を盾にとって暴走したというのも史実と違う。日中戦争が始まったあとも、
参謀本部は早期に和平を結ぼうとしたが、近衛首相を初めとする内閣が主戦論で、「国民政府を
対手とせず」という声明を出して泥沼に突入した。それは政治家が戦争の拡大を求める世論の
「空気」に迎合したからだ。(>>2以降に続く)

http://news.livedoor.com/article/detail/5478055/


2 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:19:30.09 ID: xkPJEHAV0
>>1の続き

このように大局的戦略がなく、空気に押されてずるずると状況的に意思決定が行なわれる日本的組織の
欠陥は、現在の原発事故の処理をめぐる迷走にも受け継がれている。かつて丸山眞男などは、
このような無責任体制の原因を天皇制による「権力の空白」を軍部が埋めたためだと考えたが、
実は空白を埋めたのは「民意」だった。新聞が大本営発表を報じたのは言論統制のためではなく、
好戦的な新聞ほど売れたためだ。

だから大江健三郎氏のいうように国民に罪はないが軍部が暴走したなどというのは、小説以下の
フィクションである。国民の支持なしに、あれほど長期の戦争は不可能である。軍部の暴走を生んだのは、
客観的条件を無視して「大和魂」さえあればどんな困難も乗り切れると思い込む国民と、それを説得
できない(あるいは迎合する)政治家だった。愚かな戦争を生んだのは愚かな国民なのだ。


3 名前: 名無しさん@涙目です。(新潟県) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:20:03.57 ID: Lu4J4Keo0
半藤一利の物語本とか


4 名前: 名無しさん@涙目です。(西日本) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:20:07.26 ID: siSiydnm0
KYて誰だ


5 名前: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:20:55.09 ID: SSWyhpAA0
日清日露は日本の誇り
異民族それも超大国相手に2連勝だからな


6 名前: 忍法帖【Lv=2,xxxP】 (東京都) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:21:11.41 ID: 2BDSlmdT0
いいえ、ケフィアです。


7 名前: 名無しさん@涙目です。(関西地方) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:21:24.35 ID: gO8+uJUL0
朝日新聞の戦争責任


8 名前: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:21:36.73 ID: Krk/b3eq0

当時の高級軍人は金と女で買収された売国奴

神でもない陛下を神に仕立て上げて

日本軍を殲滅させた必殺仕事人

関係者は原爆投下前に避難

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/9dc61647065a9a12f649571611e3ab50


9 名前: 名無しさん@涙目です。(関東・甲信越) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:21:50.91 ID: 2smF+Fv9O
世論が押したから動いた


10 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:22:22.46 ID: /gyFp5lG0
ネトウヨみたいな奴が暴走したって理解でよいの?






11 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:22:30.63 ID: zbnXdSZD0
官僚的な無責任体制
軍部の暴走
議会の足の引っ張り合い
熱しやすく冷めやすい国民性
それに乗っかるマスメディア


12 名前: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:22:40.66 ID: a5LkglvK0
アサヒはまだ謝罪しないのか


13 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:23:05.50 ID: YLCFMgit0
みんな自分の所属する組織の利益優先で、日本のために行動するやつが居ないんだよな。
今の原発問題と全く同じだわ。
このまま日本人に原発任せてたら破滅する。


14 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:23:18.28 ID: Zqyxr+Tt0
ネトウヨの暴走かw


15 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:24:00.17 ID: IzRryisa0
政府の現実路線、民間の強硬路線が戦前の外交基調


16 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:24:21.45 ID: ODrjrD2gP
国が暴走すると個人は暴走しなくなるよ


17 名前: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:25:06.60 ID: 7eHKbFfF0
全く意味のない犬死を無理やり正当化させられたからな
組織最優先で個人を殺すのは日本人の一番ダメな所


18 名前: 名無しさん@涙目です。(千葉県) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:25:20.39 ID: yhhzLOLB0
日本みたいな島国はマジでアメリカとか中国と併合してもいいんじゃないかと思う


19 名前: 名無しさん@涙目です。(埼玉県) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:25:22.78 ID: V5tFQLEX0
軍部の暴走っていうより、財界の暴走のほうが正しい。
すでに軍部も政治家も財界の犬だった。
戦前に侵略を一番、後押ししていたのは経済界。
マスコミは金のために国民を煽った。
アメリカはそれがわかっていたから共産主義の脅威があったのにもかかわらず
財閥を解体した。


20 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:25:35.22 ID: j7GvVd1j0
国民は正しい情報教えられてないじゃん
満州事変だって中国のほうから攻撃してきたと思ってるんだし


21 名前: 名無しさん@涙目です。(埼玉県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:26:23.98 ID: /kI1o8dB0
バカウヨは死ね


22 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:26:30.52 ID: y/+1hcxY0
国民がアホなのは昔から


23 名前: 名無しさん@涙目です。(大阪府) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:27:09.01 ID: hExfSNf/0
マスコミと世論の暴走だろ
松岡が国連脱退した時万々歳だったらしいじゃないか


24 名前: 名無しさん@涙目です。(大阪府) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:27:36.47 ID: JkCzB7EkP
中国って敗戦ばかりのイメージしかないのだが
西洋の植民地だったし


25 名前: 名無しさん@涙目です。(群馬県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:27:36.97 ID: 9V6nUbHx0
こんかいの原発といい考えさせられる


26 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:27:42.88 ID: Rsqm8jV00
「本当に愚かな戦争だったのか?」を問い直すべきだと思うね。

でも、満州行って暮らすのは嫌だなあとも思う。


27 名前: 名無しさん@涙目です。(関西地方) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:28:31.99 ID: zLXasmieP
調子いいもんな日本人
勝ってる時は軍拡させといて負けたら被害者面とか朝鮮人かよ


28 名前: 名無しさん@涙目です。(関西地方) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:28:54.64 ID: KN/EvVyh0
今起きてることが起きたんだろ


29 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:30:06.45 ID: Q/uj7jWn0
軍部の暴走じゃないだろ。
教科書は嘘を教えているんじゃねーよ。


30 名前: 名無しさん@涙目です。(群馬県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:30:15.98 ID: A2N8XVcP0
すでに言われてること。


31 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:30:40.45 ID: PDiv4Ygr0
政官財の腐敗がMAXになったから国粋主義者()がブチ切れたのがはじまり
血盟会も5.15も2.26も標的は皆政財の有力者だろ?


32 名前: 名無しさん@涙目です。(山形県) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:30:48.37 ID: nMvRc8tGP
襲撃されて重体の浜口雄幸を国会に引きずり出した後の総理大臣とか


33 名前: 名無しさん@涙目です。(熊本県) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:31:33.63 ID: bK3OFs010
宮武骸骨とか逮捕してたじゃん


34 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:31:35.86 ID: /vpVriQBO
石油が無い
資源が無い
金が無い

だから戦争するお!


35 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:32:27.88 ID: m2zZjHxB0
東条英機は今でも嫌い


36 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:32:45.87 ID: PDiv4Ygr0
まぁ近衛文麿がゴミクズ外道ってのはどこでも一致した見解だがな
優柔不断で無能なうえ身辺も汚く人格も卑劣な奴が首相ってホント誰得だよw


37 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:32:50.03 ID: 1rtBSt2f0
毎日新聞→トップが責任をとって辞任
朝日新聞→「国民と共に立たん」と小さい記事でうやむやに


38 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:33:01.81 ID: W5IhgXAI0
何も戦前と変わっていない事が今回の大震災でわかりました


39 名前: 名無しさん@涙目です。(鹿児島県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:33:19.85 ID: U4SLBWSj0
軍部はどういう決着する予定だったんだろうか?
どう考えても米倒し切るのは無理だから、どこかで講和条約でも結ぶつもりだった?


40 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:33:39.83 ID: v996h81u0
マスコミが今と変わらないなら
戦争突入を煽るなんか余裕だろうな


41 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:33:50.39 ID: 3ayGpzHk0
異端を認めないムラ社会がすべての害悪


42 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:34:20.88 ID: 1rtBSt2f0
>>36
現・元総理といい勝負だな


43 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:34:48.39 ID: PDiv4Ygr0
東條は責任を取る気概だけはあったから責める気になれん
大西宇垣のような将官も同様

訴追されそうになったら毒飲んで死ぬクズとか
キチガイの振りして逃げ切るカスとか(何で戦後も生きてるのか…)


44 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:34:53.02 ID: JBqNWy6N0
マスコミと人民のチキンレース。
どっちもがけから落ちちゃったけど。


45 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:35:00.63 ID: vbRhvbBk0

原発事故は「東電と原発ムラの暴走」だろ


46 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:35:22.20 ID: j7GvVd1j0
情報がふつうにある現代ですら2chごときで真実知ったと洗脳されるバカウヨが多いぐらいだからな


47 名前: 名無しさん@涙目です。(空) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:36:02.58 ID: nDy6MkVEQ
>たとえば二〇三高地の攻略は、結果的には無意味だった。2万人の犠牲を出して攻略したときは、
>すでに旅順港のロシア艦隊は別ルートの攻撃で全滅していた

軍ヲタや歴史ヲタの間じゃ知られてる話だろうけど、ドラマ坂の上の雲じゃこの辺りどうすんだろ


48 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:36:04.55 ID: 5q2w8KPjP
最近の流れを見てると
マスコミと政府のコンボに流されただけだと思う


49 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:36:14.00 ID: VmqNbTXpP
NHKの特集でやってた奴かな。陸軍悪玉論や東条悪玉論じゃなくて
日本的システムそのものに欠陥があるって視点で面白かった


50 名前: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:36:36.33 ID: LCkwsFNj0
これか

http://www.geocities.jp/napowhis/haruyokoi.swf


51 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:36:59.84 ID: PDiv4Ygr0
司馬は日露戦争に夢見すぎなんだよな
「翔ぶが如く」でアレだけ明治閥族政治をこき下ろしておいて
なぜその延長上の明治政権を美化したいのか知らんけど


52 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:37:38.37 ID: xWEmYd6p0
いや、メディアに煽られた国民の暴走って結論出てるがな


53 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:38:24.63 ID: Rsqm8jV00
「農家の三男坊なんか、どうやって生きてくんだ」ってことだよ。
たまたま戦後日本は、合衆国様と朝鮮戦争のおかげでその余地が出来た。


54 名前: 名無しさん@涙目です。(千葉県) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:38:34.67 ID: yx/Q/Da80
>>10
違うだろ、もっとなんとなくな全体的な雰囲気だろ
日本において突出した個人や団体の暴走で国が動くことはないって言ってるんだと思うけど
今の原発問題とか見ると確かに納得できる気はする


55 名前: 名無しさん@涙目です。(福岡県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:39:28.08 ID: ib2uZNv00
マスゴミが、けしかけたせいで、国民がノリノリに。これが実体。
しかし、今更、誰も責められんわ。
当時は、やられる前にやるしかなかった。


56 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:39:33.23 ID: T1eI4o0d0
朝鮮人を20万も日本軍に受け入れたからだろ。法則が発動してしまった。


57 名前: 名無しさん@涙目です。(埼玉県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:39:35.34 ID: hKEjt50J0
欧米に植民地にされるか戦争の二択だった


58 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:39:49.63 ID: PDiv4Ygr0
やっぱり西郷軍が勝たなかったのが大きすぎる
テメエのケツも拭けない明治初期政権の腐敗上等の奸物どもが
今のシステムのほとんどを作ったわけだし

江藤新平が司法卿として生きてるだけでも大分違ったはずだし
陸奥宗光と立志社の大官まとめて暗殺計画が成功していればなぁ


59 名前: 名無しさん@涙目です。(空) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:40:06.85 ID: nDy6MkVEQ
>>49
ろくな戦略もないままその場の雰囲気で綱渡りみたいな外交やったり、外務省と陸軍の
官僚同士の領分争いとか、いろいろ考えさせられたよな


60 名前: 名無しさん@涙目です。(関西地方) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:40:24.07 ID: zLXasmieP
官僚制の限界と日本の空気は恐ろしい
一度決まると変えられない、誰も言わないから俺も言わない
そして気づけば取り返しの付かないところまで落ちて初めて日本人は過ちを自覚する


61 名前: 名無しさん@涙目です。(福岡県) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:40:36.68 ID: eCOC9Rt/0
民族そのものが抱える管理能力のなさが原因


62 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:41:15.30 ID: yrOlqCLx0
はんとうの歴史書 は捏造左翼の紙芝居だと絶賛非難されてるじゃん。


はんとうのデタラメさ
1、東京裁判の弁護人資料がん無視
2、南京大虐殺の嘘、資料が出てきたのにがん無視
3、東京裁判の田中の証拠人能力の無さをパールが非難したのにそれもがん無視

そして、いつまでも保守との対話から逃げ回って死んだゴミ


63 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:41:22.54 ID: 6NBuhlI20
石原を見ていると何となく暴走だと思えてくる


64 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:41:31.57 ID: J3qUacGD0
逆に高度経済成長は日本的メンタリティのおかげじゃないってのが経済学では主流になってんね

モジュラーじゃなくてチームワーク重視のインテグラルアーキテクチャ(自動車産業とかに有利)になったのは
人口と国土って制限があった結果、適応的に発達しただけの話だし
潜在成長率と労働力、市場って条件が揃えばどんな後発国でも高度成長開始できるってのは
あちこちのアジア後進国でキャッチアップが始まってるの見ると明らかだし


65 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:41:51.17 ID: PDiv4Ygr0
>>60
官界から「落ちこぼれる」のが死を意味するのは
明治長州閥の伝統であって日本の政治システムというわけでもないはずなんだが


66 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:41:59.74 ID: 58fDsOW00
>>34
少なくとも石油無くなったのはアメちゃんに喧嘩売ったせいでせう


67 名前: 名無しさん@涙目です。(山陰地方) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:41:59.84 ID: wMMQ0pBh0
極端な輜重の軽視や精神主義は、一朝一夕で醸成されたものじゃないものなあ
明治以降何度か行われた軍縮が、中途半端に終わってしまったのが一番要因としては大きいと思うけどね


68 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:42:29.33 ID: vbRhvbBk0
結局、薩長土肥は二回日本を破壊したんだよな

一回目は明治の初期に、それまでの伝統文化を破壊
二回目は無理な戦争をして負けて、空襲で残ったものまで焼き払われた

こいつらを美化してる奴ってよほど馬鹿なんだろうな


69 名前: 名無しさん@涙目です。(山梨県) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:42:43.63 ID: iBkgoAru0
今も昔も国民は脳無しだが特に今の国民は暗殺すら出来ない腑抜け


70 名前: 名無しさん@涙目です。(中国四国) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:42:54.66 ID: wdrVXHpk0
ぶっちゃけどうでもいい


71 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:44:12.48 ID: rYigu3Ts0
ハルノートを受け入れてたらどうなったの?


72 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:44:17.00 ID: PDiv4Ygr0
>>67
その点では山県有朋あたりはえらく輜重重視の作戦家だしな
どうしてこうなったのか

>>68
薩長土肥というか日本を破壊したのは長州だぜ
伊藤博文()井上馨()山形有朋()
こういうどうしようもない奸物どもが三傑の死後平然と日本を乗っ取った


73 名前: 名無しさん@涙目です。(大阪府) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:44:38.49 ID: DpF6gB4o0
半藤一利=無知なゴミ屑老害

大陸の泥沼で軍部に対する支持は早々に失われていた
近衛声明は米内と杉山が積極的に推進


74 名前: 名無しさん@涙目です。(大分県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:45:31.45 ID: uMqVGRj20
今まさに民主党政権で当時と同じような状況を実体験してるよw


75 名前: 名無しさん@涙目です。(福岡県) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:46:00.01 ID: dMiMmwxo0
あの戦争は戦勝国と言う外人が責任者裁判にかけたけど

今回の敗戦の責任者はどう処分されるの?


76 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:46:31.12 ID: Kj78PvEm0
ドキュメントで見たインパールとガダルカナル酷すぎワロタ。
「察してほしい」wwww死ね


77 名前: 名無しさん@涙目です。(京都府) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:46:38.61 ID: BrEbd3iI0
世界的な人種差別により孤立したのが原因だよ

戦争後に戦勝国がそれらの理由を隠したから、
日本が意味不明の発狂を起こしたみたいになってるだけで


78 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:46:42.32 ID: yrOlqCLx0
西尾幹二
半藤の偽善性、資料無視の幼稚さには呆れ返る。彼の本はただの紙芝居だ。

江藤潤
半藤さんはこっちが資料提示しても何の反論もしませんよ。あの人は逃げ回るのが常ですから。


79 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:46:46.03 ID: gNu+hwgH0
極度の組織優先主義が日本を苦しめる
出る杭は叩かれ、空気を読めないと孤立する


80 名前: 名無しさん@涙目です。(広島県) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:46:54.65 ID: 8fv6nOQy0
対中戦 国民「やれやれ」 軍「よしわかった」

対米戦 国民「やれやれ」 軍「ちょ・・・」 国民「いいからやれ」 軍「よしわかった」

国民を軍国主義思想で洗脳した結果、引き際が見つけられなくなった


81 名前: 名無しさん@涙目です。(空) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:47:02.40 ID: nDy6MkVEQ
>>66
北部仏印進駐した時点で警告と部分的な禁輸を食らったのに、さらに南部仏印進駐やるとかマジキチ…
ドイツとの同盟も日本にもドイツにもメリットがないどころかアメちゃんをいたずらに怒らせただけだったしな


82 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:47:14.99 ID: FsRA1Z6k0
>>1
>日中戦争が始まったあとも、
>参謀本部は早期に和平を結ぼうとしたが、近衛首相を初めとする内閣が主戦論で、「国民政府を
>対手とせず」という声明を出して泥沼に突入した。

これは重光葵の回顧録と違う気がする
その軍史とやらが軍隊に都合良く描かれてる可能性もあるんじゃないのか?


83 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:47:46.77 ID: HPMFlwOY0
原発といまの政権で完全に追体験してるんだから、
こんなもの、まったく頭を使わなくても実情が解るよなあ。


84 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:47:47.67 ID: PDiv4Ygr0
やっぱり明治政権の見直しが必要だ
立志社とか竹橋事件とか三島通庸の虐政とか
東大文系でもろくに知らないからな

頭山満や宮崎滔天、片山潜とか幸徳秋水あたりの政治外交観も改めて認識する必要がある
左右違っても政府のクズどもよりよほど骨のある連中だわ


85 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:48:10.71 ID: GuYMEfRf0
せっかくいい形で清にもロシアにも勝ったのにそれを台無しにした昭和人は絶対に許さない


86 名前: 名無しさん@涙目です。(福岡県) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:48:34.09 ID: dMiMmwxo0
オカルト史観と言われるだろうが

近代日本は西日本と東日本の戦争の歴史だった

明治維新で薩長が奥州(特に福島)を攻撃し

昭和の東北軍人思想家が明治以来必死で築いた日本を壊し

そして今、長州の総理が東北を破壊した


87 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:48:49.16 ID: Kj78PvEm0
確かに日露戦争はかなり危うい戦いだったが
そのことは殆ど意識されなかったな。


88 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:49:03.24 ID: QUHF61WR0
>>82
陸軍のボケが大臣引き上げるって脅しが抜けてる


89 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:50:10.99 ID: PDiv4Ygr0
そもそも明治初期に士民ともに民権運動がものすごく盛り上がったのに
木戸の優柔不断と政府の(特に井上毅の)卑劣な罠のせいで
せっかく日本人の民度が高まる機会が永久に失われたんだよな


90 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:50:25.62 ID: OBpC2Cu+0
天皇が責任取らないってのは異常だわ
お前が全て決断したんだろうが


91 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:50:30.07 ID: alO/hxqD0
>>85
あんなオワコンの老大国ほっといても勝てるわ
生まれ変わった中華民国とソビエト相手にあのザマだ


92 名前: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:50:31.88 ID: ZNKOUxfp0
一番の戦争原因であるマスメディアが野放しだからなあ
戦争とは言わないがまた酷いことになるかも知れん


93 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:50:35.24 ID: dTfdayMR0
空気がどうとか言い出したのは誰?猪瀬?


94 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:50:36.36 ID: 5Te088O00
軍部が一番ビビってたのは国民が弱腰って爆発することだった
まぁ自分たちで軍国主義教育進めたから自業自得なんだが
どっちが親亀でどっちが小亀だ、みたいな


95 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:50:59.89 ID: kSLAz5O90
水を買い占めてたようなビビりどもが石原を支持したように
臆病な人間ほど強権的な政権を支持するんだよな


96 名前: 忍法帖【Lv=3,xxxP】 (catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:51:31.81 ID: Ez1j/tpp0
タコ壺史観か
小林よしのりが馬鹿にしていたな


97 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:51:34.03 ID: G/lw+S9k0
日本の近代史は武士が有能だっただけ
明治育ちの連中が幅を利かせだしてから国際社会の中で落伍した


98 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:51:35.36 ID: 7e8tFwWg0
当時の事なんか全然知らんけど
国民が戦争しろってけしかけたんだろ


99 名前: 名無しさん@涙目です。(福岡県) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:52:20.17 ID: dMiMmwxo0
>>97
その通り、武士がまだ生き残ってた=明治
大正昭和=もう武士はいなかった


100 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:52:22.64 ID: QUHF61WR0
>>95
戦火をほとんど経験してないやつほど継戦派といわれてたな


101 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:52:35.48 ID: v996h81u0
巣鴨で観光してるババア達が「ただちに健康に影響が出る量じゃないから平気」とか言ってるのを聞くと
TVってホント怖いと思える


102 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:53:06.67 ID: k6TO/CJ70
>>90
こういうのって釣りなの?本気なの?


103 名前: 名無しさん@涙目です。(熊本県) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:53:07.07 ID: bK3OFs010
226さえなければよかったんじゃないのかな


104 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:53:21.59 ID: PDiv4Ygr0
福沢諭吉も「丁丑公論」(明治10年)の中で
西郷の官位が剥奪されてからいっせいに
マスゴミが「親の敵のように」西郷攻撃をはじめた卑劣振りを非難してるね

てか福沢が何で現代人にもてはやされてるのか分からん
「個人の自主独立」「抵抗の権利」を唱えた福沢の思想なんて
日本社会に全く受け入れられてねぇくせによwwwww


105 名前: 名無しさん@涙目です。(大阪府) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:53:34.10 ID: PWr1wTt70
菅は当事者として責任重大だけど、原発推進政策護る為に官僚やら電力会社、自民党の分までマスコミに責任押し付けられそうなの見てると
東條も同じ様な立場だったんじゃないかと思えてきた


106 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:53:34.28 ID: sUks7Yyn0
アメリカが強すぎただけ
勝てば責任もなにもなかったろ


107 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:54:04.43 ID: IxowHeFi0
>94
日比谷焼き討ちなんてのもあったしなあ


108 名前: 名無しさん@涙目です。(千葉県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:54:12.85 ID: 70gngUxkP
国民の軍に対する評価
明治時代「軍隊万歳!」
大正時代「軍隊とかクソ、いい大人が兵隊ごっこw」
昭和前半「軍隊マンセー!」
戦後「自衛隊とかクソ、違憲だろ」
今「自衛隊△」

まあ、今も昔も変わらないってことで


109 名前: 名無しさん@涙目です。(福岡県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:54:23.80 ID: Ik13niEs0
>>90
禿同


110 名前: 名無しさん@涙目です。(空) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:54:24.74 ID: nDy6MkVEQ
>>99
近代国家としての産みの苦しみを知らない世代の連中がエセ武士道を振りかざしてたのはあったよな


111 名前: 名無しさん@涙目です。(不明なsoftbank) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:55:14.99 ID: Xou5zEic0
ドイツもだけど軍部(ナチス)の暴走じゃなくて国民もその気だっただろ
ドイツはナチスへの責任の押しつけようを考えるとまたやらかしそうだな


112 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:55:16.64 ID: QUHF61WR0
>>105
天ちゃんは陸軍抑え込みを東條に期待してた。
憲兵上がりにその力なかったけど。


113 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:55:25.09 ID: PDiv4Ygr0
>>105
実際そのとおりだろ
財閥の親分なんてマスゴミはとても恐ろしくて攻撃できねえけど
政治家なら公人の名目で幾らでも誹謗中傷できる

だからこそ血盟団や515、226で財閥や銀行家が標的になった。


114 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:55:30.14 ID: CLBYLnrw0
戦争を知らずにぼくらは育ったーとか歌わされてたんだよな
勝てもしなかったくせに大変だった大変だったばっか押し付けてきた


115 名前: 名無しさん@涙目です。(大阪府) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:56:13.09 ID: QrECokDp0
責任の所在が不明瞭という致命的なシステムの欠陥
これ自体は今も普通にそこらじゅうにある


116 名前: 名無しさん@涙目です。(群馬県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:56:51.89 ID: AndhCDk20
http://www.jikkyo.co.jp/jikkyocenter/2007/pages/image/nahm_zu06.jpg
(麻生豊「こいつが悪かったんだ!」『新漫画』1946年1月15日)
sennsousekininn0432


117 名前: 名無しさん@涙目です。(京都府) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:56:57.39 ID: BrEbd3iI0
>>99
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%A9%E5%9D%82%E5%BC%98

武士はいなかったが、それより凄い化け物ならいた


118 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:57:35.54 ID: PDiv4Ygr0
>>111
ナチスははっきりと政党だから日本のとはまた事情が違うぜ
他の右翼勢力合わせて見れば
当時のドイツ国民の雰囲気を問うことも出来るかもしれんが…

>>117
そういうのは武士とは全然違うから


119 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: 投稿日: 2011/04/11(月) 23:57:47.03 ID: B+Rfavg/0
日本は、古代の終わりから近代まで武士一色だったわけだから、
統治のノウハウも相当あっただろうし、名ばかりのハリボテ貴族に
明け渡さなければ、歴史や人も変わっていただろうな


120 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:58:06.74 ID: QUHF61WR0
退役軍人会がマスコミに圧力かけて回ってたけど
あれも中央の意向を受けてだろw


121 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: sage 投稿日: 2011/04/11(月) 23:59:39.66 ID: U3N3N1A1P
原発は「東電の暴走」だったのか


122 名前: 名無しさん@涙目です。(大阪府) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:00:22.38 ID: 3klJY4460
本当に民主政権誕生から今回の災害で非常に思い当たる話だ


123 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:00:27.17 ID: SLJnQjtT0
朝日の煽動でしょ。


124 名前: 名無しさん@涙目です。(埼玉県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:01:05.12 ID: EioDd9wD0
軍部の暴走だったから仕方ないと教えるのが今の教育だよね
俺ら国民は悪くない、関係ないみたいな


125 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:01:38.56 ID: Bdj0fRyJ0
>>111
メディアもだな。国民はメディアに乗せられたという面もあるし、
国民が喜ぶからメディアが好戦的な報道に傾いたという面もある。

>>112
東條だって陸大出てるだろ。今の東大なんかよりもずっとエリート。


126 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:02:17.79 ID: Ol4SGh1G0
今の状況見て初めて血盟団の素志が理解できるわ
経団連も東電もまさに国民の血を吸うゴミクズだわな

何もかも井上馨とか言うゴミが畳の上で死にやがった事から来ている
司馬も書いてたが
長州の攘夷派に襲われた時素直に死んでりゃ良かったのに。


127 名前: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:02:56.88 ID: rNZyqEIE0
陸軍=経団連、東電


128 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:03:42.37 ID: 2qhmHvEP0
これ読んだわ
半藤は中立の立場ってよく言われてるけどまったくの嘘
こいつの書いた昭和史を読めばわかる


129 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:04:13.92 ID: b3p4skmrP
アメリカの暴走じゃないすか


130 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:04:40.73 ID: M5SYyDCKO
菊と刀を読んだ事のある奴いないのか?


131 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:05:47.18 ID: Ol4SGh1G0
>>130
あれは日本文化の概説書であってその限りで大して深くないぞ


132 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:06:32.57 ID: 2qhmHvEP0
半藤の本を読むくらいなら渡部昇一の本を読んだほうが全然いいよ


133 名前: 名無しさん@涙目です。(茨城県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:07:17.22 ID: pE4peER00
クソバカな国民がやれやれいってたじゃねーか。被害者面すんなカス


134 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:07:32.77 ID: b3p4skmrP
ルースベネディクトとマーガレットミードはレズビアン


135 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:08:17.78 ID: nJlJzjra0
>>132
渡部とかああいう本信じる人って本当に義務教育受けてるのかね


136 名前: 名無しさん@涙目です。(千葉県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:08:37.24 ID: f1I5oLQmP
渡部昇一ってマジで言ってるのか


137 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:08:52.75 ID: M5SYyDCKO
>>131
あれで当時の日本人の精神、考え方が結構わかるよ
当時の考え方を理解しないと大戦の経緯をちゃんと理解出来ないと思う


138 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:10:27.09 ID: Ol4SGh1G0
渡部昇一って「ドイツ参謀本部」(あれもパクリ臭いという話だが)
以外何の価値もないだろ

>>137
戦時中限られた資料から「客観的に」書いたのは認めるが
日本文化への一般的考察は日本人には別に要らないだろ…


139 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:10:44.14 ID: 5wXDooVZ0
日本1852ペリー遠征計画の基礎資料、も面白いよ


140 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:12:18.86 ID: 2qhmHvEP0
>>138
この国の「義」を思うは読むべき


141 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:12:37.72 ID: Bdj0fRyJ0
>>102
天皇にも責任はあると思うぞ。昭和天皇の思想は別にして、少なくとも
制度上は止めようと思えば止められる立場だったのに、敗戦が確実に
なってもなかなか「聖断」しなかったんだから。


142 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:13:42.44 ID: Ux91FVJN0
マスコミの口車にすぐのせられるのは今も昔もかわらんね


143 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:14:50.55 ID: OSMKyUxq0
>>133
南京攻略でようやく講和ムードになって日本中が大喜びで祝賀したのに、交渉に大失敗したバカ軍部が悪いだろ。


144 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:16:34.56 ID: LpvcRsNl0
とりあえず軍部と一緒に外務省も解体すべきだった


145 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:16:40.85 ID: Se9nyptJP
ルーピーのじいちゃんが暴走のきっかけを作った


146 名前: 名無しさん@涙目です。(京都府) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:17:49.65 ID: Q4Bvd3ZX0
同盟相手となれる国がなかったから
日本が一から同盟国を育てる必要があるとかマジ泣ける
F機関とか戦争中にする事じゃねぇ

どんな無理ゲーより無理ゲーなのがWWⅡの日本


147 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:18:17.60 ID: M5SYyDCKO
>>138
第二章「戦争中の日本人」でも日本は世界にハイアラキーを樹立しなければならない。日本はハイアラキーで組織された唯一の国家であり当時すでに国民の99.5%が教育を受けていた特異な民族国家と書いている
西欧と異なる意識についてその後述べてるがこれを理解せずに当時の世論や経緯を把握出来るのかと言いたいんだよ。


148 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:19:31.96 ID: 8y0V8E8v0
戦争は生き残るために必要。


149 名前: 名無しさん@涙目です。(関東・甲信越) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:19:40.22 ID: EWO+AVy7O
昭和天皇は最高権力者だったから当然戦争責任はあるよ


150 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:20:41.63 ID: hFga9J/J0
>>106
果たしてそうかな?
日露戦争には勝ったが
その後どうなった?


151 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:21:54.92 ID: D+qYDN2m0
今更語るのってもう無理じゃねーかね。時間的に・・・


152 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:23:42.22 ID: uzDuZHF40
当時の近隣諸国に欧米に一緒に歯向かえる国が
一切なかったのが詰んでたんでしょ
地政学的に海に囲まれた一島国が身の丈を知れってことだけど
良くも悪くも隣国のせいで格好の地だったのもあるし


153 名前: 名無しさん@涙目です。(和歌山県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:24:24.11 ID: 0GRmVfrk0
戦後の人間のほうがあほなことが一ヶ月前にわかっちゃったな


154 名前: 名無しさん@涙目です。(沖縄県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:24:33.33 ID: mBkHzrXB0
半藤の昭和史は諸君で悪評高いけど読んだ事ないや。
小林よしりんがボロクソに言ってたけどどうせ極左のスピーカー本でしょ。


155 名前: 名無しさん@涙目です。(山梨県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:24:37.59 ID: r1MGBYZZ0
大和魂さえあればどんな困難も乗り切れると思い込む国民か
これ今も変わっていないな。


156 名前: 名無しさん@涙目です。(鹿児島県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:25:17.35 ID: I0H94oUFP
半藤みたいにウヨサヨ両方から攻撃されるやつは良いw


157 名前: 忍法帖【Lv=2,xxxP】 (東京都) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:25:26.10 ID: Jb5LMYsC0
この本を読んでも
日本が朝鮮にした数々の残虐な行為は明らかだね。

ネトウヨはしね。


158 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:25:43.73 ID: LpvcRsNl0
>>150
仮に勝ったとしてもその後の軍の扱いが難しかっただろうな
あの状態だといつかフルボッコに負けるのは運命だった


159 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:26:05.51 ID: Bdj0fRyJ0
日露戦争も日本が勝ったというよりロシアが勝手に自滅したんだけどね


160 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:26:37.94 ID: uzDuZHF40
>>125
エリートってどういう意味持つの この当時って


161 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:26:46.95 ID: 2qhmHvEP0
>>150
三国干渉のこと言いたいの?


162 名前: 名無しさん@涙目です。(大阪府) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:27:04.71 ID: 3klJY4460
>>151
むしろ今こそ反省するべきなんじゃないのかな。あんな無能で糞みたいな政府を誕生させたんだから。


163 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:28:16.17 ID: DqpC/hNc0
半藤は好きだ。面白い本が多い。>>1-2にもほぼ共感できる。

しかし、たとえば満州事変の最初に、東京の参謀本部からの命令も
無いままで朝鮮軍(朝鮮にいる日本軍)を満州に出して、後付けで天皇の
命令を求めて出兵を強引に正当化させた軍のふるまいはどうなんだ。
あれなんか、天皇が後付け命令を拒んだら補給できなくなって兵隊が
飢えるといって、勝手に軍を動かした事を強引に正当化した。

軍が兵隊を人質にして天皇に正式の命令を出すように命じたようなもんだ。
それが天皇の軍隊?聞いてあきれるわ。


164 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:28:38.89 ID: +QU5mcSd0
白虹事件で政府及び政府の手先と思しき団体にボッコボコにされ、
226でダメ押しの一撃を大阪東京の両朝日が喰らってからというもの、
マスコミは政府と軍に刃向かえはしないよ。


165 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:28:52.78 ID: K0PZVs6YP
当時の中国の戦略調べると面白いよね
中国単独じゃ日本に勝てないから米ソに直接介入してもらって倒してもらおうっていう戦略。
見事に当たってて怖い


166 名前: 名無しさん@涙目です。(静岡県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:29:49.27 ID: l2P/kO4a0
今回の東電総叩きとよく似てるよね
一般は普段散々無関心で、お上は全然情報ださなくて専門機関に好き勝手やらせて
ポシャったら切腹


167 名前: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:30:46.65 ID: fpiB8mVL0
戦争当初の大日本帝国の勢力範囲はインドネシア押さえてたから
アメリカ以上の産油国であり資源国だったんだよ

結局はその資源を生かし切れず負けた
ジャップの頭が悪かったとしかいいようがない


168 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:31:30.09 ID: 2qhmHvEP0
>>162
>無能で糞みたいな政府を誕生させた
これは日本の責任じゃない
GHQによる公職追放が原因だろ


169 名前: 名無しさん@涙目です。(関東) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:31:55.12 ID: bIZCs7loO
>>1
戦争になって地主や財閥が何を得をするというのか まともな説明を聞いた事は一度も無いんだが

誰か説明出来る香具師居る? なんでこんな無茶苦茶な話がまかり通って来たの?


170 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:32:00.26 ID: 3e+C74C20
暴走好き勝手にやってる東電、それを支える政府
新聞テレビ福島はチェルノブイリに・・・



171 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:32:22.23 ID: ivI8lj5I0
どの世代でも一定の数だけ馬鹿はいて、そういうのが戦争を煽っていたんだよ
今ならネトウヨみたいなの

負けたら全部軍のせいにして、自分の馬鹿さは棚上げ
馬鹿はホントに迷惑でしかない


172 名前: 名無しさん@涙目です。(京都府) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:34:49.24 ID: Q4Bvd3ZX0
>>167
お前は産油国から石油を安定供給するのが
占領して一年やそこらで出来ると思っているのか?

輸送の問題もあるのに


173 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:35:02.94 ID: DqpC/hNc0
>>168
そんなこと言ってると日本が朝鮮半島になる。無責任だ。
日本に対する責任はいかなる歴史的背景があっても日本国民が
無限に責任を負うのが当然。

占領はとっくの昔に終わってる。占領後の日本はすべてが日本国民の
責任だ。特に現状は民主党政権を作った有権者の責任だ。


174 名前: 名無しさん@涙目です。(大阪府) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:35:06.17 ID: 3klJY4460
>>168
管が首相やってるのもGHQの責任とかないだろw


175 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:35:31.25 ID: M5SYyDCKO
三島由紀夫は「若きサムライのために」の中で、当時の軍人達もアメリカの大都市を直接目の当たりにすれば勝てない敵である事は理解出来たはずだといった。
しかし「菊と刀」によると当時の日本は精神力は必ず物質力に勝る。物量に圧倒的な差があるのはわかりきっているがそれは我々にとって戦意を下げさせる要因にならないと明記している。
結局は日本は米国、西欧と戦争はしたよ。
価値観が不戦を許さなかったから。


176 名前: 名無しさん@涙目です。(関西地方) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:36:40.66 ID: rND1TYDIP
>>168
秀吉ガー日帝ガーの朝鮮人は帰れよ


177 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:37:13.11 ID: mgroB5C60
>>171
はじめに軍が扇動したのは事実なんだがな
反論を弾圧したのも事実


178 名前: 名無しさん@涙目です。(関東) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:37:37.22 ID: bIZCs7loO
>>163
日本に中国ベッタリの左派国粋政権が出来、在日米軍基地が自衛隊に攻撃された
と横田からグアムに連絡が入った

現代的通信網が無い場合、グアム基地司令官は独断でグアムの戦闘機を動かし、在日米軍を支援するべきだろうか


179 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:38:02.90 ID: OSMKyUxq0
>>169
帝国議会の不拡大方針にも関わらず、陸軍が中国戦線を拡大したのは財閥の支援があったからだよ。


180 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:39:42.50 ID: ANEAKXNv0
今回の震災で日本は戦時中から恐ろしいほど成長してないことが露呈してしまった
ここ1ヶ月でこの国に愛想尽かした人は多そう


181 名前: 名無しさん@涙目です。(関西・北陸) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:39:46.93 ID: CwGUHg/uO
>>171
馬鹿は政府に洗脳されてるだろ


182 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:41:30.76 ID: OSMKyUxq0
>>175
菊と刀は日本や日本人への取材を全くしてないからな。
当時の日本の宣伝をまともに受け取ってんじゃないの、それ。


183 名前: 名無しさん@涙目です。(沖縄県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:41:30.79 ID: mBkHzrXB0
>>173
じゃあシナも通州事件で日本人を虐殺した事を無限に、責任とるんですね


184 名前: 名無しさん@涙目です。(広西チワン族自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:41:43.09 ID: kHk+irbhO
国民はノリノリで戦争に入っていったからな
そのわりに負けた後はマッカーサーに感謝の手紙を送ったりν速民並の手のひら返し
日本人はあんま変わってないな


185 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:42:04.94 ID: 5LjvAlbC0
>>172
>輸送の問題
護衛つけないなんて問題外だよな
戦闘能力は高くても戦略と戦術がお粗末
常に最悪を想定しなきゃならない連中が無能で責任もとりたがらず行動が遅い
ってのは残念ながら現代にも通じる

なんとかなるさって言う神風信仰がマイナスに働いてるんだけど
それは民族的なものなのかな


186 名前: 名無しさん@涙目です。(空) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:42:18.67 ID: 0I7l+jDmQ
まあ牟田口みたいな奴は東電の上層部にゴロゴロいそうで怖いな、ネタ抜きに


187 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:43:23.20 ID: ftPGUyIV0
小林よしのりの信者みたいなのが居るけど
アレって病気でしょ


188 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:43:46.05 ID: DqpC/hNc0
>>178
その時点で日米が戦争状態になっていない、またそういう状況に
どうするべきかの指示を事前にグアム司令官が受けていないという前提で、

当然、グアム司令官は出撃を命じるべきではない。当たり前の事だ。


189 名前: 名無しさん@涙目です。(大阪府) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:44:48.56 ID: 3klJY4460
>>183
その辺の道義的部分の反省ばっかり言ってるからダメだったんだろうな、という気はする。
もっと日本の構造的におかしな戦争に突っ込ませた部分を突っ込んでこそ革新勢力の価値はあるんじゃないかとも。
まともな左翼が必要なのかもな。保守はダメだ。もう永遠に「真の保守」なる妄想の中を迷走しそうだし。


190 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:45:36.48 ID: LpvcRsNl0
>>185
お上がきっと何とかしてくれるってどこかで思ってるのは今も変わらんと思う。
まあ歴史的経緯からの民族性だよね


191 名前: 名無しさん@涙目です。(関東) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:46:06.40 ID: bIZCs7loO
>>175

大都市と言ったってN.Y.シカゴ、フィラデルフィア、ボストン、L.A.後はたかが知れてて日本の地方都市と大差無いだろ
ベルリンなんぞパッと見田舎町だっだがドイツ軍は強かった。
アメリカはソフトパワーの面で圧倒的で、それがハードパワーを引き上げたわけだから
中身を見ないと 中身を


192 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:46:21.53 ID: jpPgvaiB0
政治家の責任も逃さんよ


193 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:46:25.59 ID: DqpC/hNc0
>>183
いやそういう意味ではなくて、
日本国民は日本という国に対して無限に責任を負う。
米国国民は米国という国に対して無限に責任を負う。
中国国民は中国という国に対して無限に責任を負う。

国家というのは人間が属する最高の組織でそれの上に上位組織がない。
よって日本国民は中国に対して責任などないし、それはどこの国でも同じだ。


194 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:46:50.57 ID: 2qhmHvEP0
>>173
責任を負う今の日本国民が皆、左翼志向の教えを受けてきて責任なんて負えないだろ
占領は終わったって言うけど、それはあくまでも上っ面だよ
内面はまだ占領されてる
菅なんて左翼で染まった時代の人間なんだから無能で当たり前


195 名前: 名無しさん@涙目です。(埼玉県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:46:55.33 ID: J7aIBJZP0
みんな飢えが悪いんや、貧しさが悪いんや


196 名前: 名無しさん@涙目です。(千葉県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:48:37.02 ID: f1I5oLQmP
>>184
あれ本気で恥ずかしいよな…
別に強制されたわけでもないのにマッカーサーよいしょしまくって
アメリカもあれで押し付け民主主義でも歓迎されるって
勘違いしちゃったのかね
ブッシュも日本をモデルにイラク政策語っちゃってるし


197 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:49:14.10 ID: YYJhLwep0
早く平穏な日常にもどって
安心してこういうスレで楽しみたい


198 名前: 名無しさん@涙目です。(鹿児島県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:49:21.38 ID: 2KGkmerq0
>>77
バカスカバカスカ移民出されちゃそりゃ警戒されるわ


199 名前: 名無しさん@涙目です。(大阪府) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:50:03.83 ID: 3klJY4460
>>196
相当げんなりしてたんじゃないのかな、当時の日本人。
原発でうろたえてる政府にアメリカが手を差し伸べてくれたときのν速民の歓喜の声と一緒だったんじゃw


200 名前: 名無しさん@涙目です。(独) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:52:04.10 ID: qBoH8F4W0
>>196
未だに米軍さまありがてえありがてえだし


201 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:52:05.14 ID: K0PZVs6YP
>>191
ドイツはラインラントのほうが都会じゃないの


202 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:52:09.71 ID: LpvcRsNl0
>>196
日本での都合よすぎた占領成功体験はアメリカをダメにさせたと思う
ある意味でw


203 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:52:08.79 ID: DqpC/hNc0
>>194
今の日本に左巻きが多いのは同意だが、その責任を外国政府に負わせる事は出来ない。

自業自得だ。

責任ってのは国のレベルで止まる。上に向かって責任追及していくと一番上が国家で
それより上はない。日本人の場合日本政府より上はない。

それから、お前が言ってるのは日本という少女がアメリカというずるい大人に
たぶらかされてヤンキーになってしまったような話だが、現実には日本もアメリカも
大人だ。日本は純真な少女ではなく、だらしない大人だ。


204 名前: 名無しさん@涙目です。(関東) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:52:26.47 ID: bIZCs7loO
>>179
財閥、というか大企業なら海外に支店がある事は珍しくない。もちろん中国にだって。
日本が中国戦に負ければ 支店の土地建物から備品や衣類文房具まで没収されるだろうから
やるからには勝って貰わなきゃならん、企業からすれば日本軍撤退なんて論外だったろね。
まあ、財閥が支援しても膨大な軍事費からすれば雀の涙だったとも思うけど


205 名前: 名無しさん@涙目です。(静岡県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:52:30.88 ID: W8iNsWhg0
枝野総理とかいってたゴミみたいなやつらが戦争を煽ってたんだろうな


206 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:52:33.81 ID: OSMKyUxq0
>>196
ドイツ人だって、進駐してきたソ連軍に「あなた方が私たちの新しい主人です。」と自ら言ってきたんだぜ。

戦中の言論統制に慣れると、生き延びるために強いものに媚びるのが当たり前になるのよ。


207 名前: 名無しさん@涙目です。(大阪府) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:53:18.11 ID: 3klJY4460
ぶっちゃけ、今だってアメリカが日本に援助物資として差し向けるべきなのは物資でも技術者でもなく
第二のマッカーサーだろw


208 名前: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:55:29.09 ID: 6Ja7feoK0
東電の行き当たりばったりの酷い原発対応見てると
未だに「カミカゼで何とかなる!」みたいな
悪しき風習が息づいてるのは非常によく分かるねorz


209 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:55:47.25 ID: OSMKyUxq0
>>204
そんな消去的な理由ではなく、もっと積極的に支援してた。
帝国主義の時代の財閥の政治力と経済力は、今の大企業とは比べ物にならん。


210 名前: 名無しさん@涙目です。(大阪府) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:56:23.10 ID: 3klJY4460
>>208
最近まともな突っ込みが入ってほっとしてるけど、普通に「欲しがりません、勝つまでは」の世界に突入しかけてたしな。


211 名前: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:56:29.25 ID: cMHjGEAH0
日本はなぜ敗れるのか
破れ続けるのか


212 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:57:02.87 ID: LpvcRsNl0
>>209
もっというと自分らが儲けたいために政府に圧力だな


213 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:57:36.76 ID: PKM5oP3M0
>>206
ナチ占領下のパリでドイツ兵を恋人に持ってたパリ娘が
連合軍のパリ奪還後にフランス人の男達に嬲られたって話を思い出したw


214 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:57:40.19 ID: M5SYyDCKO
>>182
確かに。しかし多くの文化人類学者が戦後日本の研究を行って、菊と刀が優れた物と追証した。最近再評価されてるが良書であるが故に、揚げ足取りのような批判をする者も多い。


215 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:58:51.36 ID: M5SYyDCKO
戦後の日本人の価値観は西洋化したから、大戦は軍部の暴走と思ってしまいがちだが、菊と刀では当時の日本人の二面性を指摘してる。日本人はある時は戦争を好まないが、異なる時は戦争を好むといった、二律背反な面がある。軍部だけの責任というには無理があるのだ。


216 名前: 名無しさん@涙目です。(関東) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 00:59:08.59 ID: bIZCs7loO
>>196
強制されてる
戦前の政治に首を突っ込んだ軍人崩れと違い、GHQは専門家集団で仕事をしています
以前よりこんなによくなりました
という事を新聞やラジオで流させた。勿論裏で糸引いてる事は一切漏らさずに


217 名前: 名無しさん@涙目です。(関西地方) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 00:59:55.26 ID: 3VkRhWKj0
白人がアホだったからしょうがなかった


218 名前: 名無しさん@涙目です。(広西チワン族自治区) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:00:28.87 ID: 2wyHp15sO



219 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:01:49.75 ID: DqpC/hNc0
>>211
なんかそのとおりの題の本があったな。山本七平だったかな


220 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:02:05.06 ID: WR8HnITd0
地震報道見てると今の日本、決して戦争が起こらない国だとは言い難いものを感じた


221 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:02:08.98 ID: M5SYyDCKO
>>184
>>196
アメリカ人にはそれはとても異様に見えたそうだ
日本人は今まで戦った誰よりも腹のうちがわからぬやつと思ったそうだ


222 名前: 名無しさん@涙目です。(広西チワン族自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:03:24.03 ID: 2wyHp15sO
>>189
まともな左翼??
左翼とは、思想や信条ではなく、【症状】だ。
左翼に組織を任せたら必ず滅びる。


223 名前: 名無しさん@涙目です。(関東) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:03:45.77 ID: bIZCs7loO
>>209 >>212
財閥は中国に攻め込む必要は無いんだって。戦前から中国で商売して儲けてるんだから。
戦争されたら物流は止まるし消費は冷え込むし、いい事無い。


224 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:05:30.36 ID: Bdj0fRyJ0
>>194
日教組は、教育者が若者を戦争に駆り立て、死地に追いやった当事者と
しての責任から平和教育を始めた。責任を全て軍部に擦り付けていたら
こういう発想は出て来ない。


225 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:05:31.05 ID: M5SYyDCKO
>>191
中身というが生産力の違いは当時の日本軍も十分理解してた
軍艦、戦車または航空機、どれをとっても桁外れでそれでも精神力が物質力を凌駕すると信じていたんだよ


226 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:05:45.03 ID: mgroB5C60
>>194
右翼の教育を受けた戦前の指導者、国民とも責任をまっとう出来ず破綻したんだけどな
日本軍のようながん細胞がなくなったことにより経済的繁栄も自由も勝ち得た現状
この現実がバカウヨの妄想を上回ってるからおまえらがいう「左翼」がはびこってるんじゃないの?w


227 名前: 名無しさん@涙目です。(関東) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:06:07.33 ID: bIZCs7loO
>>221
全ての教育機関と全てのマスメディアで 清く正しいマッカーサーキャンペーンをやらせたんだから
そのアメリカ人は来日していて気付かないなら相当鈍感。


228 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:06:14.00 ID: Bd9MMaNL0
そうだよなぁ
旧帝国では国の主である天皇及び皇族以外は、基本的にみんな国の民、国民だもんなw
天皇に責任が無いのであれば、国民の責任に決まってるよなww
はいはい天皇は悪くないですよ

これは現在の日本国でも言えるよね
国会議員を選んで、間接的に内閣を選んでいるのは国民
監督官庁の行政官吏を委任しているのも国民
また総理大臣も国民、お役人も国民、
新聞書いてたりTVで喋ってる人達も国民、電力屋のシャチョさんもカイチョさんも国民
みんな国民
そう国民が悪い、国民の自業自得
責任の所在や経緯委細なんて、追及するだけ野暮w

皆さん、お神輿担ぎ御苦労様


229 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:06:54.78 ID: lJj5lT210
今は学生運動さえ無い主張無きに日本だ。未来はあるのか


230 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:07:06.40 ID: j+DIVP3+0
陸軍だけで500万人もいたらしいな
なにこのキチガイじみた大組織は


231 名前: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:07:08.82 ID: iXFDblbU0
武士を廃止したことと普通選挙制を導入した時点で結末は決まっていた


232 名前: 名無しさん@涙目です。(大阪府) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:07:31.78 ID: 34FDgbui0
民主がマスコミ使って国民騙して政権もってる今ならわかる

民意と勘違いさせた
マスコミの暴走が真珠湾の引き金になったと。


233 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:08:39.29 ID: JLJ3sSHi0
軍部の暴走と言うか国民が望んだに近いだろ
軍部だけであんなに戦争が伸びるとは思えない


234 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:09:33.55 ID: j+DIVP3+0
日清日露、一次大戦勝利で調子こきすぎちゃったてのが真実の理由なんじゃね?w


235 名前: 名無しさん@涙目です。(秋田県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:09:35.89 ID: 49I/S4/30
発行部数伸ばすためのマスコミの扇動だな
識字率が仇になった


236 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:10:06.72 ID: DqpC/hNc0
はっきり言って、太平洋戦争の頃の指導的な立場の軍人は
日露戦争の頃の指導的な立場の軍人を見てあこがれて育ったんだよ。
で、ものすごく英雄視されてる日露戦争の頃の軍人を見て
自分もああなりたいな~俺の戦争ないかな~と思ってたら
中国があったから中国とやったけど途中でめんどくさくなったから
アメリカと開戦した。その程度のもんだよ。


237 名前: 名無しさん@涙目です。(関西地方) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:10:52.62 ID: 2649dM240
政治家も身内で足引っ張りあって今と変わらねえw


238 名前: 名無しさん@涙目です。(関東) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:11:18.66 ID: bIZCs7loO
>>225
それは兵隊向けの方便だよ。 如何なる時にも士気は保たねばならないから。

指揮を取る連中は認識した上で必死にやってる。 外交が失敗したら戦わざるを得ない
>>226
昭和に入ってからの権力層は左翼ばかりだよ
右翼は政権中枢にほぼ入れて無いし、場合によっちゃ危険思想で捕まってる。


239 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:11:38.37 ID: M5SYyDCKO
>>227
いくらマスメディアを利用してアメリカマンセーのシステムにしても果てしない戦争をした直後に敵国の総帥を満面の笑みと拍手で迎えるのは普通だろうか?
中東にしてもそうだが家族を殺されているのに一方的な正義を振りかざす国を君は称賛するか?


240 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:12:04.84 ID: mgroB5C60
>>233
国民同盟など極右政党の戦前における支持は1割程度だったし
統帥権干犯、国辱的弱腰外交とあれだけ野党に批判された民政党は
その後の選挙で勝っている
国民が常に強硬的手段を望んだわけではない

国民が暴走をのぞんだというより
日本人に場合は常にお上が決めたことに従順だっただけって線が強いと思うが


241 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:12:38.02 ID: j+DIVP3+0
>>236
40年も経てば、指導層も6回転くらいしてて、もう完全に日露戦争時代に気風とか
消滅してそうだよな、伝説のレベル


242 名前: 名無しさん@涙目です。(東日本) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:13:46.78 ID: yU2CFd7o0
>>228
旧帝国憲法下では「臣民」だよ


243 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:13:50.44 ID: OSMKyUxq0
>>223
戦争が起きれば軍需があるし、勝てば大陸利権が獲れて莫大な収益を産む。
朝鮮の安田財閥、台湾の三菱財閥、満州の鮎川財閥はそうして肥え太った。

帝国主義の財閥にとって、戦争は美味しいビジネスなんだよ。


244 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:14:02.70 ID: Bdj0fRyJ0
>>225
いや、軍部もさすがにそこまで非合理じゃなかった。アメリカの
犠牲者が増えればアメリカ国民の間に厭戦気分が高まって和平協定を
結ぶはずだと踏んでいたんだよ。それはとんでもなく甘い認識だった
わけだけど。


245 名前: 名無しさん@涙目です。(独) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:14:10.92 ID: qBoH8F4W0
東電にしたって幹部吊るし上げて首でも吊らせれば「はー、スッキリw」で終わりなんだろうね


246 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:14:36.55 ID: mgroB5C60
>>238
革新軍人や革新官僚まで左翼扱いしちゃったら最早日本に右翼なんか存在しないんだけどな
日本の右翼思想なんか江戸時代に無理やりでっちあげたもんなんだしそういうのはいってみれば左翼的だ


247 名前: 名無しさん@涙目です。(大阪府) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:14:41.61 ID: LGvCeaQv0
国「国民が信じてるし負けてるなんて言い出せない」
民「国が勝ってると言ってるんだから勝ってるんだろう」


248 名前: 名無しさん@涙目です。(関東) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:15:02.61 ID: bIZCs7loO
>>230
日本陸軍は 他の大国と比べて規模が小さかった。
中国と戦争と言っても50万人程しか派遣していない。
フランスやドイツやソ連を見よ、一つの街を争うのに50万人投入しているではないか。


249 名前: 名無しさん@涙目です。(関西・北陸) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:15:27.26 ID: cu597x7FO
マジレスすると日中戦争は国民党が仕掛けた


250 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:16:29.20 ID: PKM5oP3M0
>>239
当時の日本人からしたら食うや食わずの生活からの解放者って側面もあったろ


251 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:16:45.33 ID: j0OmJicw0
やるからには勝たないとダメ


252 名前: 名無しさん@涙目です。(アラビア) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:16:42.89 ID: 5bHGvpgq0
原発事故でこれだけ酷い目に遭っているのに
昨日の選挙結果見れば俺らの国民性がどんなものなのか判るだろ

昔の戦争だってうちの祖父母たちも曽祖父母たちも国民こぞって望んだんだよ

放射能で日本を滅ぼしたのは日本国民の選択だった、と、
後世の人たちに言われるのが嫌なら、『選挙権』ではなく『投票義務』を法律で規定しろ
投票しなかったやつは罰金、三回棄権だと公民権停止にすればいいだろ


253 名前: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:16:55.37 ID: BlW7PNGv0
>>223
さっさと勝ってれば日本企業が中国市場独占できたんだから消極的なんてことはないだろ。


254 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:18:06.42 ID: TQjjGNCTi
>>202
そもそも世界最強のアメリカ軍は
対日本、対ドイツ以外にろくに戦勝経験がない件


255 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:18:19.17 ID: M5SYyDCKO
>>238
日本が戦争を避ける手段はあった
欲張らず中国を欧米と割譲していれば日本は植民地になることなく平和を享受出来た
しかしそれではハイアラキーを樹立出来ない
日本は覚悟のうえで舵を切ったのだ


256 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:18:30.14 ID: Ol4SGh1G0
てか犬養毅ですら政見などの分類的には右翼だからな
財閥がらみの奴は皆ガチウヨですよ

別に皇国史観信奉することが右翼の定義じゃないから
水戸学者でも桜田門の実行部隊は当時の「左翼」だろ


257 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:19:52.06 ID: WI4rkma00
東条内閣は避戦内閣だったワケだしなw
それでも戦争に突入せざる得なかった当時の
空気ってのは相当なモンだったと思う。
しかし国民に国力差をハッキリと提示しなかった
当時の政府にも問題はある。
結局、煽り煽られ止められなくなったってのが本当のとこだろう。


258 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:20:11.89 ID: OSMKyUxq0
>>248
フランスは50万も投入したことないと思うが。
ドイツとソ連の戦いは世界史上でもキチガイクラスだから、比べてもさ。


259 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:20:36.98 ID: DqpC/hNc0
>>241
立派な軍人が学校に来て講演するわけだ。日露戦争の英雄である。
それを見て育った子供が軍人になり中年になってそろそろ自分の名誉が
欲しくなった時期に、俺の日露戦争はどこだ!と探してるわけ。

これが日本人の致命的な弱点。自分が立派な人になりたいがために
自分の職業上の本来の目的意識を見失う。滅私公奉って言うけど、
滅私は日本人より欧米人のほうがはるかに勝っている。

秩序の感覚で見ればわかる。日本では下克上に一定の理解があるが
欧米では下克上は単なる裏切りでそこにはいかなる倫理もない。
要するに、実は日本人は欧米人よりも、目的意識に基づいた秩序より
個人の名誉に走る。


260 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:21:22.34 ID: +ew6iJ9xi
日本て実はずーっとウソ付きの金満上層部とマゾの貧乏民衆が戯れてるだけの
アホ国家だよな
縄文時代が一番マシだったんじゃね?


261 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:21:25.41 ID: 0Xlk5mIU0
今回の原発事故の対応で、東電を含めた原発安全厨みたいな奴が陸軍にたくさんいて暴走したと確信できた。
現在進行形で日本人の悪い民族性を体現している。


262 名前: 名無しさん@涙目です。(関東) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:21:45.74 ID: bIZCs7loO
>>239
貴方方善良な国民は権力者に騙されていたのです。
現代人の様に歴史から耐性の無い所に、権威ある人間から四六時中言われたら
そうかなあと納得してしまうもんだ


263 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:21:47.94 ID: M5SYyDCKO
>>250
大戦中、日本軍兵士は捕虜になると簡単に作戦や機密をアメリカ兵にバラした
この意味がわかるかい


264 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:22:20.29 ID: Bd9MMaNL0
>>242
文言の上ではネ
でも、どこかの誰かさん達はよく主張してるよね
日本は戦前どころかその遥か前から国民国家だったと。

やはり正しくは、大日本帝国は臣民国家だった、と言うべきなのかな?w


265 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:23:12.08 ID: PKM5oP3M0
>>263
君と俺の話がかみ合わないって今年か分かりませんw><


266 名前: 名無しさん@涙目です。(九州) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:23:39.52 ID: rq0iiQgMO
傍観者も加害者理論がまかり通るなら当時の国民全員が加害者


267 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:23:49.59 ID: F+VLSi5O0
>>240
それを含め国民の意思じゃないか


268 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:23:52.72 ID: 88dotNwc0
>>255
それは理想論であって、満州を手放したらそれを皮切りに、日本の支配圏は全て取られて
最後は日本も欧米に囲まれて何もできないまま降伏
ほどなくして欧米でアジアの領土分割を正式に決めただろうって意見の方が現実的だといわれてるよ


269 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:23:58.06 ID: Ol4SGh1G0
>>261
己の立ち位置しか考えないガリガリの利己主義者どもに牛耳られた国は
例外なくこうなるという見本だな

やっぱり西郷軍が勝っておけばなぁ
てか西郷が勝たなくても井上山県あたりは死刑でよかったはずなのに


270 名前: 名無しさん@涙目です。(大阪府) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:24:55.34 ID: 34FDgbui0
>>257
それを煽ったのはマスコミだよ。
今も昔も変わらない。

マスコミが完全なる悪。


271 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:25:03.09 ID: 0EIs3z7e0
>たとえば二〇三高地の攻略は、結果的には無意味だった。2万人の犠牲を出して攻略したときは、
>すでに旅順港のロシア艦隊は別ルートの攻撃で全滅していたからだ。日本海海戦も、実は連合艦隊
>司令部の命令に反して行なわれたまぐれ当たりで、日本の戦力は長期戦には耐えられなかった。

坂の上の雲にもそう書いてあった気がする


272 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:25:21.00 ID: M5SYyDCKO
>>262
では世界最大軍事力を誇るアメリカに全世界が称賛の拍手をしたか?
なぜ反アメリカの国が世界中にある?
日本人だけがアメリカを称賛した理由は?


273 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:25:49.34 ID: Bdj0fRyJ0
>>223
当時の日本は慢性的に外貨が不足してた。だから好況になって産業界が
海外から原材料を輸入しようとしても決済に支障が出た。そこで、円で
決済できる円圏を海外に拡大しようと目論んだんだけど、蒋介石は日本に
経済を支配されることを恐れてドルやポンドに肩入れしたんだな。この
ことが中国に武力侵攻した要因の一つ。


274 名前: 名無しさん@涙目です。(東日本) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:25:52.40 ID: frzuddz/0
ハワイなんて攻撃しないでインドネシア攻略に全てを注いだら良かった。


275 名前: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:26:14.25 ID: Fy9VAbWM0
天皇の名に傷つけたネトウヨどもは死んで詫びるべきだね


276 名前: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:26:35.73 ID: BlW7PNGv0
>>268
言われてるってどこで言われてるんだよ


277 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:27:07.55 ID: wj/kqiO00
山本七平の空気と研究を読むと、日本人の本質がその頃と全く変わってない事がわかる
最近日本人は劣等民族ではないかと真面目に思うようになってきた
この国はどこまで言っても3流にしかなれない


278 名前: 名無しさん@涙目です。(関西地方) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:27:10.76 ID: O0BS1fz70
震災対応の現状見てると、
戦前も日本人自身がゴミクズ担いで自爆したんだろうな。


279 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:27:59.85 ID: OSMKyUxq0
>>257
近衛は東條が軍部を抑えてくれるのに期待してたわけだが、実際はあんなんだし。
真剣に戦争拡大を阻止しようした人材は五・一五と二・二六で失われちまったからな。


280 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:28:12.04 ID: M5SYyDCKO
>>265
私は日本人の忠や義理や徳の考え方、特異性をいいたいのだ


281 名前: 名無しさん@涙目です。(福岡県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:28:30.18 ID: SnlvAgpN0
表には出てこないけど軍事予算で儲けようとしたコンツェルンの影響もあるだろう


282 名前: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:28:35.24 ID: BlW7PNGv0
>>271
坂の上の雲って長いからだろうか、引用する側がなんか勘違いしてることってよくあるよな。
旅順攻略って世紀の大愚行のように書かれてたのに。


283 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:30:25.04 ID: Ol4SGh1G0
>>280
明治以降たった10年で失われたそんな事を話しても何もならんぞ

大久保の死後残った長州薩摩の足軽どもは
公私のどちらにおいても忠義も義理も徳とも無縁でしたから


284 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:30:54.81 ID: PKM5oP3M0
>>280
ついったーでつぶやけみんな見てくれるよw


285 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:31:32.80 ID: 0Xlk5mIU0
>>269
日本人も利己主義なんだけどアメリカ人のそれとは違う異質なものなんだなと思った。

何て言うか、表層は全体主義の皮をかぶって実は互いに自分の保身しか考えていないって感じというか。
江戸時代の五人組のような感じというか。
本当に村社会的というか。


286 名前: 名無しさん@涙目です。(内モンゴル自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:31:35.00 ID: Wf4Pq8H1O
乗せられて大騒ぎする国民が悪い。


287 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:31:42.27 ID: TQjjGNCTi
>>227
マスコミに洗脳されやすいのか
それとも長い物に巻かれろの事なかれ主義か。
どちらも戦前日本の戦争体制、東亜解放の理想、反共主義の大義名分とは違和感があるだろ


288 名前: 名無しさん@涙目です。(関東) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:31:50.39 ID: bIZCs7loO
>>243
>>253
戦争をやって、天津や上海の工場を灰にしてまでして欲しい利権なんてあるのか?
大体中国沿岸部を日本領にしないと利権独占なんて出来ないぞ

>>243の挙げた、ド田舎の開発利権とオマケでついて来た様な独占的地位とは異なる


289 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:32:31.40 ID: OSMKyUxq0
>>282
愚行扱いされてたのは旅順作戦ではなく、乃木の指揮っぷりじゃなかった。


290 名前: 名無しさん@涙目です。(東日本) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:33:02.56 ID: eKqa1GJd0
>>287
ν速見てれば分かるでしょ。
日本人は自力で物事を考えて決断する事ができず、群れるだけの民族。


291 名前: 名無しさん@涙目です。(独) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:33:06.35 ID: qBoH8F4W0
>>277
マスコミだろうが軍部だろうが東電だろうが民主だろうが自民だろうが官僚だろうが、
自分がその場に居て違う決断ができるかどうかってのが日本人全体に問われるべきだと思うけど、
いつまで経っても後だしジャンケンでコケにして終わりだよね…


292 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:33:08.44 ID: M5SYyDCKO
軍部の独断なら国民が反戦キャンペーンでもなんでもやるだろう
しかし表だっても裏でもそういった事はなかったのだ
民主主義的に日本は戦争に突入した


293 名前: 名無しさん@涙目です。(石川県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:34:26.90 ID: 0tZp4jvw0
http://www.enecho.meti.go.jp/genshi-az/poster09/img/award/works/award01.jpg
http://www.enecho.meti.go.jp/genshi-az/poster09/img/award/works/award02.jpg
http://www.enecho.meti.go.jp/genshi-az/poster09/img/award/works/work04.jpg
http://www.enecho.meti.go.jp/genshi-az/poster09/img/award/works/work07.jpg

こういうの描いて描かせて疑問に思わない国民性が悲劇を招いた
sennsousekininn0424
sennsousekininn0425
sennsousekininn0426
sennsousekininn0427


294 名前: 名無しさん@涙目です。(関東) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:35:56.33 ID: bIZCs7loO
>>264
官僚組織の欠陥丸出しだな
生きて虜褶の辱めを受けず と総理大臣が言ったから
捕虜になった時のマニュアルを教えなかったと
余りにもバカバカしいが 硬直的組織がある所には何処にでも起こり得る


295 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:37:31.98 ID: Bd9MMaNL0
>>293
いいなぁwww


296 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:37:44.26 ID: Ol4SGh1G0
>>285
日本の支配層の言う「公益」は所詮相互保身のためのものでしかないんだろうよ
しかも相互の信頼は薄いから椅子取りゲームのことばかり考えてまともな事をいえない
明治初期政権の「政権存続の大義=支配層の相互保身」の観念が
今にも残っているものと思われる

これは五人組とか全然違うと思う
江戸の百姓町人でも集団的利益=公益のために抵抗する事はよくやってたからな


297 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:39:44.07 ID: 5wXDooVZ0
古来日本人の感性云々を知りたければ、葉隠、枕草子、徒然草、五輪書、でも読んどけよ


298 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:39:44.16 ID: M5SYyDCKO
>>283
今は皆無だが当時はまだ少なからずあった
義理や忠は時に相反するものであってどちらをとるかで180度異なる事がある
一部を抽出して「見ろ、もう日本古来の価値観など失われたのだ」といってはいけないよ
これは菊と刀を読んでほしい
おれは稚拙な文章だが、本文では莫大な考証と研鑽のもとに日本人を豊潤な文章力で客観的に評論してる


299 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:40:07.77 ID: Ol4SGh1G0
一枚岩に団結しているんじゃなくて牽制しあってるのが日本の支配層の特徴か
その相互牽制の理由が(国民を審判とする)大義ではないのが問題だな
これは貴族寡頭独裁制の特徴だが…


300 名前: 名無しさん@涙目です。(関東) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:40:36.31 ID: bIZCs7loO
>>271
もし無意味で無かったら、タカを括って放っておけば
日本は負けだよ。 後世から見るとしばしば時々の判断に関わるリスクが頭に浮かばなくなりがち


301 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:41:19.74 ID: Bdj0fRyJ0
>>270
それは違う。いくらなんでも世論に煽られて軍部、政府が開戦を決意した
なんてことはない。


302 名前: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:41:26.46 ID: BlW7PNGv0
>>289
旅順要塞丸ごと陥とす必要なんてなくて
旅順港が見える場所確保すればいいだけなのにって感じだったな。


303 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:41:47.44 ID: pS/o4cUT0
どこの国も愛国右翼はろくな事しないな


304 名前: 名無しさん@涙目です。(東海) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:41:57.04 ID: buJRL1kYO
地震が来てから一発でどうでもよくなった


305 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:42:00.56 ID: OSMKyUxq0
>>288
絨毯爆撃するわけではないので、戦場になった後でも経済基盤が壊滅するわけではない。
特に重要なのは地政学的な戦略的位置、港湾と天然資源、安価で膨大な労働力だ。
満州や台湾、朝鮮を単なるド田舎呼ばわりとは分かってないな。


306 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:42:39.62 ID: Ol4SGh1G0
>>298
菊と刀は読んだが日本人が戦後を清算するための本じゃないぞ
そもそも忠義でどうやって(日本人一般の行動でなく)特定政治家の行動を説明するんだ?
ベネディクトも別にそんなことはしてないし。
例えば近衛文麿の行動見てどこに忠義があるんだよ。


307 名前: 名無しさん@涙目です。(埼玉県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:44:29.43 ID: VDsegMPf0
愛国って言い訳つかえばどんな馬鹿なことでも許されちゃう戦前
ジミンガーとか、反戦平和とか言えば以下同文な現在
何も変わってねえわ


308 名前: 名無しさん@涙目です。(関東) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:44:57.36 ID: bIZCs7loO
>>302
要塞を落とさない限り旅順包囲軍を北へ転用出来ないから、どの道さっさと落とさないとマズかったかもしれない


309 名前: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:46:33.37 ID: BlW7PNGv0
>>290
日本人の知性の問題ってより
内部に諍い持ち込まないのがなにより大事なんで(いわゆる空気嫁ってやつか)
政治についてのオープンが議論がしにくい風土なんだよね。


310 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:46:34.18 ID: wj/kqiO00
>>291
そうそう。今回の事にしても官僚のせいだとか、政治家のせいだとか、東電のせいだとか
そういう表面的な問題じゃないんだよね。
なのに何かしら失敗をすると表面的なところだけ責任をとらされて終わってしまう。
今回も東電と原発利権が叩かれて終わるんだろうね。

本当の意味で日本人が国民性に問題があるという事に気づかないとこの国は終わるよ。
原発の問題も、戦争に負けたのも、今の財政が借金垂れ流しで
身動きとれない状況になってるのも本質的には全部同じなんだよ。


311 名前: 名無しさん@涙目です。(大阪府) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:47:13.70 ID: 34FDgbui0
>>301
いいやマスコミの罪だと言っておる。


312 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:47:37.68 ID: 88dotNwc0
現実として、領土手放せよとか言われて手放す馬鹿はいないだろ
で、ガソリンと資源の輸入止められてこのままだとジリ貧という立場なら
敵国に仕掛けて、敵が動く前に潰して相手の面子も立てて早期講和を取り付ける
敵が強大であればあるこそ、これしかないだろ
日本はむしろ良くやったと思うよ、切るカードは切った上で負けた、これはもうしょうがない


313 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:47:54.92 ID: Arr6WmyL0
軍部とアホな民衆の相互作用
自民党とサポーターの関係と似たイメージだな


314 名前: 名無しさん@涙目です。(西日本) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:48:30.71 ID: QY2C+R0T0
マスコミの影響はでかいと思う
あとアメリカの出方を甘く見た
満州の権益で譲歩すれば東アジアは今も日本の影響力でかかったろうな


315 名前: 名無しさん@涙目です。(関東) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:49:00.74 ID: bIZCs7loO
>>305
地政学的位置って、ロシアの真似して戦艦でも浮かべるの?

安価な労働力 港湾 天然資源 どれも十分な資力と信用さえあれば 何処の国のどの企業でも買えるんじゃないのかね


316 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:49:26.42 ID: 9xAdwcBY0
あれ?坂の上の雲って英雄が活躍して~って話だっけ?
昔読んだときは、自分の意図と違う部分での偶然の勝利を続けるうちに心が壊れていく秋山弟とか
国民の危うい熱狂の象徴としての正岡子規とか
維新後の日本ていう国自体の青春期特有の危うさを結構節々に語ってる気がしたんだけど…
なんか後味悪い終わり方だったような…


317 名前: 名無しさん@涙目です。(埼玉県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:49:40.20 ID: 5H9KBgrC0
>>1
統帥権独立を持ち出したのは鳩山一郎と犬養毅
馬鹿の中の馬鹿。


318 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:50:38.24 ID: M5SYyDCKO
>>306
一つに八紘一宇つまりハイアラキーを樹立する事
盟主は天皇
総力戦研究でも物量で日本が必敗する事は自明だった
しかし日本人は精神力が物質力を凌駕すると信じて疑わない
崇高な目的の為に死ぬ事は名誉だった
これが忠
決して軍部の独断じゃない
国民も身命をとして国家に尽くした
まあしかし捕虜となり死んだも同然となると敵に協力しちゃう奴が多かったのはまずかったが


319 名前: 名無しさん@涙目です。(西日本) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:50:58.63 ID: QY2C+R0T0
>>312
それ国連で非難決議されただいぶ後の話だろ
形式的に国連統治という形で日本中心で列強が甘い汁すう案を蹴った
まあそれも世論的に厳しいか


320 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:51:10.33 ID: +QU5mcSd0
>>310
明確な責任者を設定・追求しないから駄目なんだろ?
昭和天皇は免責するべきではなかった。昭和天皇も
政商達も軍幕僚も政治家も官僚も、アメリカが許しても
日本国民が断罪しなければならなかった。
それを一億層懺悔なんてアホ臭いプロパガンダで。


321 名前: 名無しさん@涙目です。(広島県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:51:13.77 ID: do+Iwd160
ゴミクズが上に立ってしまう日本のシステムがダメなんだろうな


322 名前: 名無しさん@涙目です。(不明なsoftbank) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:51:58.46 ID: gmVk4KE20
明治維新から太平洋戦争終戦までの歴史の流れがフランス革命勃発から
ナポレオン失脚までとよく似ていると主張する大学教授が居たが

第一次世界大戦勃発から休戦条約までの約5年間のドイツこそが大日本帝国の縮図な気がする
まあ、ヴェルヘルム2世の隣には東条英機は居なかったけれど・・・


>>279
二・二六はどうにか食い止めるべきだった、無理だけどさ


323 名前: 名無しさん@涙目です。(関東) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:52:07.49 ID: bIZCs7loO
>>312
つーか 日本もアメリカも中国も戦争をナメていたとしか思えん。
真剣に戦争を回避しようとした形跡が一ヵ国にさえ無い。
3ヵ国の政府中枢は、戦争になっても何とかなるでしょ あたりに考えていた と想定すればしっくりくる


324 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:52:46.52 ID: OSMKyUxq0
>>315
帝国主義は桃太郎電鉄じゃねーぞw
何言ってんだよ。


325 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:52:50.49 ID: pS/o4cUT0
+覗くと今も全く変わらん
反論する奴はチョン乙都合の悪いニュースは完全スルーだからな


326 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:53:37.94 ID: hBXTRVNS0
>>294
捕まった捕虜は積極的にアメリカに協力したんだったな。


327 名前: 名無しさん@涙目です。(西日本) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:53:44.79 ID: QY2C+R0T0
>>323
アメリカは出来るならやりたいだろ
中国は内部はバラバラ全方位フルボッコでそれどころじゃない
日本が自分の立場考えてうまく立ち回るべきだっった


328 名前: 名無しさん@涙目です。(東日本) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:53:49.41 ID: frzuddz/0
あまりに同質性を重んじるのは日本人の弱点だろうな。。


329 名前: 名無しさん@涙目です。(福岡県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:53:51.41 ID: ItEnUt3s0
独裁でもなんでもなかったんだろ
今みたいに責任回避のエリートとヒステリックな国民と煽るメディアが合わさって戦争回避できなかった
ってNHKの人が言ってた
いつまでたっても成長できねーな


330 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:55:24.90 ID: KhKEOqQu0
パールハーバーの謀略
http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20060723


331 名前: 名無しさん@涙目です。(大阪府) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 01:57:29.99 ID: 34FDgbui0
>>314
情報化が進んでる今でも民主に入れたドアホが多いのに
昔ならば効果覿面だったろうよ。

沖縄タイムスに煽られてる沖縄県民と同じ民度だったろう。
戦前は。


332 名前: 名無しさん@涙目です。(関東) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 01:59:04.52 ID: bIZCs7loO
>>319
そもそも中国は満州をみても分かる様に、自国の安全保障を自国で行えないばかりか
国内の武装勢力が外国の民間企業から政府要人までを 国内の略奪の延長線上的に行い
それを取締る勢力が外国の駐留軍しかない
という極めて特種な、強いて挙げればアフガンの様な地域。

アメリカは分かって無かったっぽいね。本質的に武装勢力に過ぎない国民党や北部同盟を 何か独立戦争を戦う東部諸州かの様にみていないと ああはならないと思う


333 名前: 名無しさん@涙目です。(西日本) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 02:00:25.33 ID: QY2C+R0T0
>>331
そういうの考えると色々問題あってもインターネットの可能性はまだ感じるな
規制されちゃ終わりなんだけどさ


334 名前: 名無しさん@涙目です。(広西チワン族自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 02:00:32.74 ID: 7CIscQlhO
日本人は後先考えずに熱狂しやがるから危うい
マスコミの扇動に簡単に影響される馬鹿も多すぎる


335 名前: 名無しさん@涙目です。(不明なsoftbank) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 02:00:52.21 ID: gmVk4KE20
世界各国の購買力平価GDPの推移
http://www.geocities.jp/kingo_chuunagon/kikaku/kokuryoku.html


336 名前: 名無しさん@涙目です。(西日本) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 02:01:53.79 ID: QY2C+R0T0
>>332
そのマンゴウ地域をじゃったら日本単独で統治したろwっていうとこの正当性はどう主張できる?


337 名前: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 02:02:10.75 ID: BlW7PNGv0
石油禁輸は実際のところ現代人が考えるほどの衝撃は国民生活に与えてない。
車も少ないし電力の多くが水力発電だった時代。
一番開戦を焦ったのがガソリンがないとどうしようもない海軍。


338 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 02:02:20.08 ID: +QU5mcSd0
>>323
中国は舐めてなかったと思うよ。21ヶ条の時点で、
既に日本との共存など不可能だと判定する。普通は。


339 名前: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 02:03:58.53 ID: j9MLkgnf0
開戦後のキチガイ行動は軍部のせいだろうが
開戦に至る経緯はアホ日本人の責任だろ

自分達の責任で犬死にしたくせにグンブガーグンブガーかよw


340 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 02:04:23.98 ID: lJzpDn9T0
今の日本見てると戦前の日本が軍部の暴走で滅んだってのが大嘘だって良くわかるよ


341 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 02:04:48.02 ID: b39/2n7n0
>>334
だからジジイババアが戦争はいかんって言っても説得力ないんだよな。
お前らノリノリだっただろクソめ
っておもってたわ


342 名前: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 02:04:52.84 ID: wIP1iJCD0
特攻作戦、玉砕や万歳突撃、あるいは一億総特攻とか超体育会系精神主義、身を挺する軍人魂のように思えるけど
これらって現場知らずで責任回避の官僚主義の最たるもんだな
とりあえず「特攻で死守すべくなんちゃら」と言っておけば全力を尽くしたかのように見えて反論できにくいし特攻するのは自分じゃないから
死なないし。
特攻も戦闘機を使用してのものは話を見聞きしても胸が熱くなるけど重爆撃機や船、潜水艇、挙句の果ては複葉機まで使っての特攻の話は呆れつつ怒りが込み上げてくる


343 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 02:05:22.09 ID: +QU5mcSd0
>>336
リットン報告書の採決直前に熱河侵攻やってるんだからアホ丸出しだな。
あれで、恐慌への対処に大わらわで極東のことなんか放っておきたかった
英仏も腹を括って賛成票を投じざるを得なくなった。


344 名前: 名無しさん@涙目です。(不明なsoftbank) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 02:05:24.97 ID: gmVk4KE20
第一次大戦後まで清国が続いていれば、合衆国との戦争は起きなかったな・・・


345 名前: 名無しさん@涙目です。(関東) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 02:06:35.73 ID: bIZCs7loO
お互いが相手の要求を聞き、意見をつけて返す
解決すべき問題に優先順位をつける
練り合わせてロードマップをつくり、実行する
という様に国家と国家の付き合いなら意思疎通から始める
双方の外交官がてんでバラバラに私見を語って、相手が何を言いたいのかもわからないという事態は
軍部の暴走とかいう次元じゃなく反省が必要だろう


346 名前: 名無しさん@涙目です。(福岡県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 02:07:04.62 ID: ItEnUt3s0
最後は軍部のせいにして国民は被害者ですとかなめ過ぎだな
気色悪い空気(笑)でにっぽん!にっぽん!やってたんだろどうせ


347 名前: 名無しさん@涙目です。(西日本) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 02:07:09.89 ID: QY2C+R0T0
>>339
ちょっと昔の高校野球部ばりに合理性欠いてるよな
アメリカは軍人は日本語勉強し
大衆向けには日本についての教養番組をTV放映で知識とプロパガンダ
日本は敵性言語だからって全部の横文字マニュアル書き換えて現場混乱


348 名前: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 02:07:59.53 ID: BlW7PNGv0
>>339
自分は実は戦争には反対だったけど周りの空気に合わせてただけ
って言う人が実に多い。

簡単にアホと切って捨てる前にこういうところを考えないと
ちょっと異論いうとすぐブログが大炎上するとか。


349 名前: 名無しさん@涙目です。(東日本) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 02:08:14.50 ID: frzuddz/0
>>334
あんまり関係ないけど
去年のサッカー日本代表のスタメンとか対戦相手、スコアを覚えてる奴あんまいないと思う。
渋谷で大騒ぎしてた奴らとか


350 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 02:08:24.76 ID: FGPzip56i
お前らがここで言ってる捏造はパル判決書読めば全て反論されてるからな。
左翼は気持ち悪い。


351 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 02:09:33.46 ID: FGPzip56i
左翼と書いて嘘つきと読む
常に嘘ばかりつく反日どもめ


352 名前: 名無しさん@涙目です。(空) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 02:09:36.12 ID: 0I7l+jDmQ
>>322
強いて言えばルーデンドルフが一番近い立場かね?
ヴィルヘルムにとっての東条は


353 名前: 名無しさん@涙目です。(西日本) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 02:10:45.60 ID: QY2C+R0T0
>>350
別にお前と違ってみんなイデオロギストじゃないから
根拠があって具体的に言えばわかってくれるんじゃ?


354 名前: 名無しさん@涙目です。(関東) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 02:11:43.59 ID: bIZCs7loO
>>336
極東で向き合う日ソ間に軍事的空白地帯があれば、必然的に占領するか属国化される
何故なら相手も同様の事を行うから。冷戦構造に似てる。
満州が中国領であっても戦場になり、清が滅びて以降尻の軽い軍閥しかいなくなった時点で運命は決した


355 名前: 名無しさん@涙目です。(西日本) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 02:14:50.38 ID: QY2C+R0T0
>>354
正当性ってそこじゃなくて
国連で米英やらに対する説明として十分?
ロシアがヤベーから共産党がヤベーから俺一人でいただきますって
ロシアのことを考えて日本があのへんを押さえときたいその必要性はわかるよ


356 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 02:16:59.28 ID: OSMKyUxq0
>>341
日中戦争のときはノリノリだったかもしれんが、太平洋戦争のときは「戦争反対」を主張すると、憲兵に竹刀でぶっ叩かれて職と近所付き合いを失うような風潮よ。


357 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 02:17:42.14 ID: FGPzip56i
>>353
ここで騒いでるのはただの嘘つきですから。
仏印に進駐するのは自衛行為として国際法では当然。蒋介石に軍事援助してるルートに進駐するのは完全な自衛行為。
大体、そのまえにアメリカもアイスランドに無断で進駐した。しかも攻撃も、物資もある訳ではないのに。
アメリカに日本を責める資格は一つもない。


358 名前: 名無しさん@涙目です。(西日本) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 02:21:49.76 ID: QY2C+R0T0
>>357
アメリカだって悪い事してるじゃんみたいな意見はいいよみんなわかってるし
一応このスレは日本はあの時どう立ち回ればよかったか何が問題だったか?が流れの中心


359 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 02:23:01.58 ID: OSMKyUxq0
>>357
仏印進駐は、世界に日本は大戦参加の意思ありというメッセージを与えた。
東條は「戦争になるなら止むを得ない」と言ってたそうだし。

結局ヒトラーの思惑通りに日本は踊ったんだよ。


360 名前: 名無しさん@涙目です。(関東) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 02:26:41.45 ID: bIZCs7loO
>>355
十分。親切丁寧に誠意を持って説明する必要はあるが。
満州は日本側、モンゴルはソ連側。パワーバランスがそうなっている物を変える様と動くと
ノモンハンみたいになって日ソ双方にとりかえって危険。

日中戦争の時に停戦監視団さえ送ろうとしなかった英米は、満州問題では外野。
ただイギリスは兎も角アメリカは理解して無かった様なので、説明が必要


361 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 02:29:01.47 ID: FGPzip56i
>>359
そんなのは戦争を決意していたアメリカの言い訳に過ぎない。
アメリカだってビルマルートに無断で侵入した。
アイスランドだって侵入した。なのに日本が仏印侵入して蒋介石ルートをやめさせようとしたら戦争行為だと?
パル判決書にいっぱいアメリカの偽善と日本の国際法的正当性がかいてあるぜ


362 名前: 名無しさん@涙目です。(空) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 02:29:25.91 ID: 0I7l+jDmQ
>>358
対米強硬派筆頭の松岡洋右ですら「仏印進駐は流石にアメリカ切れるからやめとけ」って反対してたんだがな


363 名前: 名無しさん@涙目です。(関東) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 02:29:33.33 ID: bIZCs7loO
>>357
当時仏印はヴィシー政府が持っていた。当然イギリスは攻撃を検討する。

そこに日本が進駐した。さて日本は未だ参戦していないと言って信じる国はあるだろうか


364 名前: 名無しさん@涙目です。(不明なsoftbank) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 02:30:14.82 ID: gmVk4KE20
日本の陸軍はWW1の時、欧州には観戦武官も送らなかったのかと言いたくなる

まあ、「バーデンバーデンの誓い」の連中は知ってるが、国家総力戦と一緒に
近代兵器の登場についてを真面目に学ぶべきだったと思う

戦争と外交(政治)の住み分けもドイツから学ぶべきだった

>>352
いや、ルーデンドルフが陸軍省でヒンデンブルクが東条かと・・・


365 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 02:31:07.70 ID: XfchSaok0
安全厨の暴走だろうな


366 名前: 名無しさん@涙目です。(西日本) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 02:33:18.32 ID: QY2C+R0T0
>>360
外野はないだろどう考えても
特にアメリカは日中戦争開戦前から中国に多額の援助もしてたし
日露戦争後くらいからずっと権益争って満州問題で日米はギクシャクしてた


367 名前: 名無しさん@涙目です。(関東) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 02:33:51.34 ID: bIZCs7loO
>>364
日本軍は満州やシベリアや朝鮮半島、精々中国で戦う想定で作られていて
ジャングルに展開して戦える様には出来ていなかった。
それを数ヶ月で無理矢理うっちゃって戦わせたものだからボロが出る事出る事


368 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 02:36:19.28 ID: OSMKyUxq0
>>361
ヒトラーは日本を参戦させたがってたのは事実だぞ。

三国同盟を結んだときですら、欧米世論は日本は経済的窮状から止むを得ず防衛的に締結したものと同情的に解釈してたことと、政治家と皇室は英米寄りでドイツとの同盟関係には不満だったことに、ヒトラーは焦ってたから。


369 名前: 名無しさん@涙目です。(関東) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 02:36:44.36 ID: bIZCs7loO
>>366
満鉄は対ソ戦用の軍事輸送がメインで、旅客輸送はオマケなので売れません。
満州国成立以前は米中間の問題です。日本の利権は満鉄の周辺に数キロの範囲だけ。


370 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 02:37:41.65 ID: M5SYyDCKO
国民は戦争にはほぼ賛成だったと思う。
天皇陛下の堪え難き堪え忍び難きを忍ぶという玉音放送で日本人は死んだも同然の身となった。
身命をとして闘うとか名誉の戦死など国家への忠が失われたから。
だからマッカーサーも進駐軍も素直に受け入れた。
戦後処理が思いの外スムーズだったから国民は戦争を望んでなかったとか軍部の暴走とか間違った解釈が生まれたんだと思う。


371 名前: 名無しさん@涙目です。(空) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 02:38:21.19 ID: 0I7l+jDmQ
>>367
それも南進指向の海軍と北進指向の陸軍がいつまでも戦略を統一出来なかった弊害か…


372 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 02:39:03.53 ID: ULsUzMkR0
戦争を振り返る大対談の番組を文士劇に見立ててNHKでやった

一番長生きした半藤が好き勝手に話を進めてた
結局、番組全体を
半藤一利アワーにしたとんでもないバカ

戦争で死んだ人がもう一度殺されたような嫌な番組だった


373 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 02:44:07.25 ID: FGPzip56i
>>363
仏印ルートから蒋介石に武器がフランスから渡されていた、しかも大砲までそこからうっていた

さて、日本には進駐する自衛権が国際法的に生まれる訳だが。フランスとイギリスは中立国違反をバリバリに行っている。
日本の進駐は正当なもの


374 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 02:44:48.72 ID: OSMKyUxq0
>>370
戦争末期の大都市圏は空襲で統治機関が崩壊して、戦争終了前から住民は生きるために闇市や遠方への買い出しで必死だった。
あなたの考えはロマンチック過ぎるな。


375 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 02:48:41.28 ID: OSMKyUxq0
>>373
正当とか関係ない。
仏印進駐で一番得をしたのはドイツ。
欧米の対日世論を悪化させることで、日本とアメリカとの交渉を決裂させる道筋が作れたんだからな。


376 名前: 名無しさん@涙目です。(埼玉県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 02:50:17.14 ID: 3HWuw+Je0
>>361
パール判事の論旨は「連合国に日本のことどうこう言う資格は無い」であって
日本の責任を免罪にも無罪にもしていない、というか誤ったとはっきり述べている
北部仏印進駐の時点で援蒋ルート遮断は達せられていたのだから
南部仏印進駐は明らかに不必要かつフィリピンやシンガポールを射程内に収める示威行動なのは明白


377 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 02:53:21.91 ID: M5SYyDCKO
>>374
少し古い作家の本を読めばよく戦時中にどういう気持ちだったか書いてある
例えば遠藤周作の死海のほとりには、キリスト教徒で仏文学を専攻していた故に、警官の検閲で差別された話しが出て来るが、戦争自体に反対していたわけではない旨が読み取れる
戦争は相手がいて成り立つ物で、色々な物事があって闘うのはもうしょうがないという風にね
著名人の本をよく読んでみて
あとばあちゃんにも話しを聞いた事があるが、つらい大変な時期といってたが戦争自体に反対はしてなかった


378 名前: 名無しさん@涙目です。(空) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 02:57:27.07 ID: 0I7l+jDmQ
>>373
日本がいくら正当だと言い張ったところで外国を説得出来なきゃ外交ってのは失敗なんだよ
国際法上正当かどうか以前に、繰り返しになるがあの松岡洋右ですら反対した危険極まる行為で
アメリカの対応はまさに松岡が事前に危惧した通りになった
なんでお前が仏印進駐という日本の国益を完全に損ねた行為を擁護するのか理解に苦しむね


379 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 02:57:30.30 ID: xJtuKY+40
東電や役人みてると、無責任感は、まったく同じ。

明治の頃の幹部は、責任感が強かったのだろうけど。


380 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 03:02:22.94 ID: OSMKyUxq0
>>377
それは遠藤周作はまだ学生だったからじゃないかな。
徴兵制度がある時代の若者は戦争反対とは言い難いだろう。

俺は、映画風と共に去りぬを憲兵の極秘上映会で見て「日本はアメリカに負ける。」と痛感した小津安二郎や、「このまま陸軍が調子に乗ると日本はとんでもないことになる。」と撮影所仲間と語らっていた黒澤明の話を読んだことあるよ。


381 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 03:05:09.69 ID: 2QV3g2qs0
>>358
どっちみちあの時点で詰んでた。


382 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 03:10:18.38 ID: OSMKyUxq0
>>377
380の続きだが、ウチの取引先にかつて大正生まれの社長夫妻がいた。
その人たちは「戦争のおかげで青春が無かった。」というようなことを酒が入ってはよくこぼしてた。

ウチの先代の社長は昭和元年生まれだったが、北朝鮮の政情が話題になったときに「自分たちが若い頃もあんな感じだったんだよなあw」と話してた。


383 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 03:15:41.60 ID: M5SYyDCKO
>>380
なるほど
黒澤の話しは知ってたが小津は初めて知ったよ
しかし彼らは非常に外国文化を知っていて、非日本的価値観を持つ数少ない人物だからだろうね
後になってやっぱり闘うべきじゃなかったねという人は多いが、当時はそうじゃなかった
国民は働く、軍人は闘う、学生は勉強する、本分を尽くし越権のような事はしない、厳格な保守的価値観があって国民は国家に忠を尽くしたのだ


384 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 03:21:18.87 ID: OSMKyUxq0
>>383
昭和初期はそんなご立派な人間ばかりじゃなかったぞ。
かなり騒々しい時代だった。
自分好みの秩序を歴史に当てはめて、やや陶酔気味なのでは。


385 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 03:30:23.77 ID: M5SYyDCKO
>>384
確かに騒々しい時代だったろうね
しかし当時の国民は99.5%がきちんと教育を受けていて、北朝鮮とか中国とは違うんだ
当時の国語や数学の教科書をみた事ある?
昔だからと舐めてたら驚くよ
それに赤穂浪士を始め、道徳的な話しはとても人気があって理想像とされた
強大な敵を命懸けで倒し、最後は義を持って切腹する
死は決して恐れる事ではないという価値観があった
戦後それは失われたよ
現代人に当時の闘いは出来ないだろう


386 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 03:32:42.13 ID: fi03G21I0
>>380
そんな後出し予言に意味はないよ


387 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 03:36:16.63 ID: OSMKyUxq0
>>385
山本夏彦だったと思うが、昭和初期の頃には赤穂浪士初め古典の類は落語などのパロディを通して知った人が多く、全編通して意味を掴んでた人は少数派だったという意味のことを書いてたような。


388 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 03:40:05.59 ID: fi03G21I0
>>387
そもそも江戸時代に赤穂浪士の話が有名になったの自体が落語を通してなんだけど
しかも古典てw
糞ガキはもう寝ろ


389 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 03:41:03.36 ID: OSMKyUxq0
>>385
諸藩は幕末で生き延びるために幕府を裏切りまくってたじゃん。
あなたの日本人観は美しすぎて現実離れしてるよ。


390 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 03:42:54.95 ID: OSMKyUxq0
>>388
江戸時代に有名にしたのは歌舞伎じゃないの?
それと俺が言ったのは(本当は山本夏彦だったと記憶するが)パロディね。


391 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 03:43:42.29 ID: M5SYyDCKO
>>387
パロディは今も昔もあるだろう
しかしどんな赤穂浪士でも最後は切腹して果てる
それは最高の美徳とされた
役者の妻が夫が売れる為に、金を工面したり方々を走り回り愛人の面倒まで見て、ついに大舞台に上がり夫の将来が開けた所で、自分が邪魔にならないよう妻は自害するという話しが大人気だったんだ
西洋的な価値観では理解出来ないだろうね


392 名前: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 03:44:29.06 ID: 1U8RPo1N0
直接的だか間接的だか知らんが、日本が起こしたなら日本人全ての責任なのは当たり前だよね


393 名前: 名無しさん@涙目です。(福岡県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 03:47:35.95 ID: ItEnUt3s0
そんなアホみたいな美学で国を運営されたらたまんねえな


394 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 03:49:45.62 ID: M5SYyDCKO
>>389
それは人によって忠より義理を重んじたからです。
相反する価値観というものがあります。
たしかに私利私欲で行動するものもいますが、もしそんな奴ばかりなら激動の明治大正昭和をどうして独立国の地位保ったまま切り抜けられたのでしょう。
何度も欧米列強を退けたのは国民が一丸となったからです。


395 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 03:49:55.53 ID: OSMKyUxq0
>>391
日露戦争当時に忠臣蔵の英訳本がアメリカでベストセラーになり、それを読んだ大統領セオドア・ルーズベルトが「ようやく日本人を理解できる書物に出会えた」と喜び、戦争の仲介役を引き受ける決意をしたという話がある。

今度ハリウッドで映画化されるらしいよ。


396 名前: 名無しさん@涙目です。(富山県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 03:50:10.32 ID: HTf+dNAV0
片道の燃料だけいれて突っ込ませたあの当時の日本は素晴らしかったのですね^^


397 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 03:50:23.19 ID: pp54zkn50
すくなくとも満州事変、5.15、2.26あたりはそうだろ
関東軍ひどすぎワラタ


398 名前: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 03:50:48.74 ID: aOMDJ8bH0
>>9で出てた


399 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: sega 投稿日: 2011/04/12(火) 03:51:34.05 ID: 9xzh50EP0
>>376

  欧米諸国は日本が侵略戦争を行ったということを歴史にとどめることによって、自分らのアジア侵略の正当性を誇示する目的であったにちがいない。
  日本の子弟がゆがめられた罪悪感を背負って、卑屈、退廃に流れていくのを、私は平然と見過ごす訳にはゆかない、誤られた彼らの宣伝を払拭せよ。

  日本は国際法に照らし、全被告は無罪である。
 ラダ・ビノード・パル(極東国際軍事裁判判事)

  東京裁判はいくつかの重大な誤判を含むばかりか、全体が復讐の感情に駆られた不公平な裁判だった。
 ジョセフ・キーナン(元極東国際軍事裁判首席検察官)

  東京裁判は誤りであった
 ウィリアム・ウェブ(極東国際軍事裁判裁判長)

  日本は西洋諸国の植民地を解放した罪によって罰せられたが、その四半世紀もたたないうちに、国連が
  植民地を保有することを不法行為であると宣言し、その後国連総会が植民地の保有を犯罪として規定すらした。

  東條が東京裁判は勝者による復讐劇だと言ったのはまさに正しかった。
 ベルト・レーリンク(元極東国際軍事裁判オランダ代表判事)

  日本の指導部が国家の存亡にかかわる利益の為にと固く信じて、戦争を始めたことは明らかである。
  これに対してアメリカは、単に自分達の経済的優位と主義主張を押しつけようとした。
 ポール・ニッツェ(米国戦略爆撃調査団)

  彼らが戦争に飛び込んでいった動機は、大部分が安全保障の必要に迫られてのことだった。
 ダグラス・マッカーサー(合衆国元帥)


400 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 03:51:44.02 ID: Yw8bXu930
軍部の暴走しかたら真珠湾を勝手に攻撃したんだけ???


401 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 03:52:45.57 ID: jpPgvaiB0
多くの人を道連れに崖から引き落としてくれたよ


402 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 03:56:23.62 ID: OSMKyUxq0
>>394
明治の頃は欧米列強の指導の下で国づくりをしたのだから、そうでもないと思うが。


403 名前: 名無しさん@涙目です。(福岡県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 03:56:30.59 ID: ItEnUt3s0
>>400
国民一丸となって真珠湾攻撃したんだよ
にっぽん!にっぽん!っていってたんだよ当時も


404 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 04:04:09.73 ID: M5SYyDCKO
>>403
真珠湾奇襲は山本五十六の発案でその戦果に日本人は多いに喜んだ
>>402
しかし欧米列強の植民地にならなかった、今は中国とかの植民地になりそうだが…
>>396
死後靖国で神になれるから、家族の為に、国民の為に、天皇陛下の為に…
>>395
アメリカ人には赤穂浪士のような事は出来ないでしょう


405 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 04:06:41.24 ID: 12KVFaoT0
第二次大戦はコミンテルンが仕組んだもの

日本側にもアメリカ側にもコミンテルンのスパイがいたことは明らかになっている

ベノナファイルによると当時のアメリカ民主党はソ連そのものといっていいほどうじゃうじゃスパイが入り込んでいた

実際に日米の戦争によって最も利益を得たのはソ連


406 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: sega 投稿日: 2011/04/12(火) 04:11:49.82 ID: 9xzh50EP0
>>405
もっと厳密に言うならアメリカのニューディール派だな
ウィルソン時代からアメリカはずっとキモい連中が動かしてきた
アメリカでの戦後のアカ狩り(マッカーシズム)の標的はこのニューディール派だし


407 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 04:13:40.92 ID: y4K7IM8V0
昭和16年夏の敗戦
ttp://ns-blog.blogzine.jp/omoikomi/2011/01/16_945a.html


408 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 04:13:50.38 ID: M5SYyDCKO
>>405
田母神論文の引用ですか?
あれはあまり良くないです
日本にはそんなに責任は無いといっていますがそれでは、天皇陛下がアジア各国に対して、「辛い出来事が過去にありましたが…」という発言を否定する事にも繋がります


409 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 04:19:43.15 ID: 2QV3g2qs0
>>408
日本が負けてアジアにとって辛いんじゃね?


410 名前: 名無しさん@涙目です。(群馬県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 04:20:57.07 ID: CFWUbOdZ0
司馬遼太郎ですら美化できなかった大東亜戦争
どのくらい酷いかと言うと戦争で命を落とした死因
なんと過半数が餓死


411 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 04:21:16.30 ID: R6y9dU4i0
>>107
あれも結局メディアが煽り倒してたせいでもあるしな
今もかわらんなあ


412 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 04:25:25.44 ID: K0PZVs6YP
>>405
コミンテルンつええな・・・
お手玉にされる日本ってめちゃくちゃ弱かったんじゃない


413 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 04:29:23.46 ID: M5SYyDCKO
>>410
美化する必要はありません
ただ軍部の暴走などという国民無責任論はおかしいと思います
また日本は西洋に倣い発展したのは事実
しかし失なった価値観は日本古来の素晴らしいものだったといいたいのです


414 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 04:32:47.32 ID: DoK5AZ4E0
>>413
例えばどんな価値観?


415 名前: 名無しさん@涙目です。(京都府) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 04:36:22.77 ID: 4DUZGbIQ0
我々は、はからずも、いま政治的には一応解放された。しかしいままで、奴隷状態を存続せしめた責任を軍や警察や官僚にのみ負担させて
彼らの跳梁を許した自分たちの罪を真剣に反省しなかつたならば、日本の国民というものは永久に救われるときはないであろう。
「だまされていた」という一語の持つ便利な効果におぼれて、一切の責任から解放された気でいる多くの人々の安易きわまる態度を見るとき
私は日本国民の将来に対して暗澹たる不安を感ぜざるを得ない。
「だまされていた」といつて平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でもだまされるだろう。
いや、現在でもすでに別のうそによつてだまされ始めているにちがいないのである。
一度だまされたら、二度とだまされまいとする真剣な自己反省と努力がなければ人間が進歩するわけはない。
この意味から戦犯者の追求ということもむろん重要ではあるが、それ以上に現在の日本に必要なことは
まず国民全体がだまされたということの意味を本当に理解し、だまされるような脆弱(せいじやく)な自分というものを
解剖し、分析し、徹底的に自己を改造する努力を始めることである。

伊丹万作 「戦争責任者の問題」
http://www.aozora.gr.jp/cards/000231/files/43873_23111.html


416 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 04:37:08.02 ID: OSMKyUxq0
>>413
あれだけクーデター騒ぎを止められなかったり、議会の意向を無視して戦線拡大したりしたら、軍部の暴走と言うにふさわしいでしょ。


417 名前: 名無しさん@涙目です。(埼玉県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 04:37:29.35 ID: gw6D5lIv0
近衛は間違いなく日本史上最悪の政治家ルーピーなど足元にも及ばない
軍と対立して暗殺される覚悟もなく「自分ならデキル(キリッ」
日中戦争で国民党が折れそうになったタイミングで「国民党を相手とせずw」→どこと交渉するの??
で太平洋戦争直前の最も重要な対米交渉の時期を担当してたのに最後は政権投げ出して東条に責任だけ丸投げ
で最後はアメリカとの戦争は「カクシンサヨクのシワザー」などと意味不明な供述をしており動悸は不明
昭和天皇も無視するよなそれは


418 名前: 名無しさん@涙目です。(関西・北陸) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 04:37:57.27 ID: rdXSBC8fO
>>405
それもユダヤのシナリオ


419 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 04:38:13.90 ID: R6y9dU4i0
>>414
夜這いとか


420 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 04:38:50.85 ID: KhKEOqQu0
山東出兵、金解禁、満州事変、日中戦争、そして無謀な太平洋戦争へ-。
激動の昭和史の背景には、20世紀すべてを通して没落していったイギリス帝国
(ロスチャイルド財閥)と、それを駆逐し瓦解させ、隆盛していったアメリカ帝国
(ロックフェラー新興石油財閥)の大きな世界覇権(world hegemony)の移行、
交替の事実があった。日本は絶対に世界の一部なのだ。だから日本史は必ず世界史の一部である。
外側からの大きな力に必ず動かされ操られないわけにはいかないのである。
日本は1945年以降アメリカの属国
日米同盟は「帝国―属国関係」
20世紀は、イギリス帝国(ロスチャイルド財閥)の没落とアメリカ帝国(ロックフェラー財閥)への世界覇権の移行
1914年に世界覇権がロスチャイルドからロックフェラーに移った
近代日本はイギリス帝国(ロスチャイルド財閥)が育てた
伊藤博文、井上馨、松方正義、高橋是清、渋沢栄一
大正から昭和初期にテロで殺された政財界人のほとんどは三井=ロスチャイルド系
司馬遼太郎の「坂の上の雲」は嘘
日露戦争の日本海海戦で実質的に指揮を執ったのはイギリスの観戦武官
日本にかしかけて中国と戦争させたのはロックフェラー財閥
ロスチャイルド財閥から極東を奪い取ろうとした
三菱=岩崎弥太郎=ロックフェラー vs. 三井=渋沢栄一=ロスチャイルド
ロックフェラー財閥は、サラエボ事件、ブラック・サーズデー、井上準之助の金解禁、ナチスドイツ、スターリンに関与
ロックフェラーの手下として働いたのが、帝国海軍
山本五十六、米内光政、井上成美
特に、米内光政がアメリカの傀儡
「陸軍悪玉 海軍善玉」論はウソ
東京裁判で海軍軍人は1人も絞首刑になっていない
「真珠湾攻撃」は奇襲ではなく、仕組まれたものだった
日本は2つの戦争を同時遂行し股裂きにされて敗北した


421 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 04:39:48.67 ID: KhKEOqQu0
>>405
勝共理論か、おまえは馬鹿な奴だな
両建て主義も知らない情弱が


422 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 04:40:15.74 ID: VJS0zJm9P
経営学者達の書いた「失敗の本質」って本、高校の日本史レベルの知識なくても読める?


423 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 04:41:12.96 ID: KhKEOqQu0
>>422
知識なんか必要に応じて参照すればいい
まとめて詰め込んでも忘れる


424 名前: 名無しさん@涙目です。(群馬県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 04:43:07.07 ID: CFWUbOdZ0
実はかつて天皇が神と崇められた期間ていうのは若い奴が想像してるよりはるかに短いんだよ
戦前から生きている人ほど天皇の事を神なんて思っていないんだ
調べてみると面白いよ 戦争において天皇がどういう役割を果たしたかw


425 名前: 名無しさん@涙目です。(三重県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 04:44:17.12 ID: rDoXuBUL0
お前らも戦場にいって軍神さまになって帰宅しろよ
英雄だぞ!
手足もげてもセックスはできるみたいだからな


426 名前: 名無しさん@涙目です。(内モンゴル自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 04:44:49.54 ID: tcXL2qrxO
>>415
妹の友達が まで読んだ


427 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 04:45:18.10 ID: pwHAfj8c0
財界の我侭と軍部の暴走が同時に起こった


428 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 04:45:58.94 ID: M5SYyDCKO
忠、義、徳は欧米列強が持ちえない物
それを失なった今はあの戦争は軍部の暴走と言えるが、決して国民無責任論はありえない
そのような状況を作り出し、またそれを望んだのはまさしく国民だから
>>415の文章まさに胸をえぐられるほど真実を書いている
国民は責任を持つ、持たなければならないから


429 名前: 名無しさん@涙目です。(大阪府) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 04:46:04.95 ID: LByL4glA0
JAPが上から下までバカだったというだけだろw


430 名前: 名無しさん@涙目です。(三重県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 04:46:58.36 ID: rDoXuBUL0
教科書に嘘とか敵国とか書いて子供ら洗脳しだしたらガチでやばいだろうな


431 名前: 名無しさん@涙目です。(岡山県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 04:48:43.30 ID: Sdq1/BP40
やはり民意だったってことか
ドイツもそうだったらしいやね


432 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 04:48:52.41 ID: KhKEOqQu0
軍部は暴走してない
アメリカに買収されて真珠湾攻撃をさせられた
させられたというのは、あれがCFRのシナリオだったということ
飛んで火にいる夏の虫のように絶対に負ける戦争にホイホイ突入していったのは
狂って暴走したからではなく日本が敗戦することに同意してカネを受け取ったということ


433 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 04:50:28.79 ID: 0EIs3z7e0
太平洋戦争はじめたとき、天皇がわりと乗り気な空気をみせてたのは間違いないから


434 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 04:52:08.77 ID: KhKEOqQu0
奇襲攻撃なんてすれば侵略国家の汚名を着せられた上に
敵国に報復の口実と正義の大義名分を与えることになる=不利な立場になる
圧倒的な戦力で圧勝できるならまだいいが現実は逆だった
この程度の仕込みは日常茶飯事で行われるのが外交というものだからな


435 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 04:53:16.84 ID: OSMKyUxq0
>>428
国民の責任として、軍部を断罪するのはいけないことか。


436 名前: 名無しさん@涙目です。(岡山県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 04:53:42.09 ID: Sdq1/BP40
関東大震災と昭和恐慌のダブルパンチで
当時は暗かったらしいからな

満州国樹立に希望を見たとか、
だからこそ満州を認めない国連からの脱退を喜んだとか


437 名前: 名無しさん@涙目です。(埼玉県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 04:54:18.59 ID: gw6D5lIv0
真珠湾奇襲って害務省がパーティしてて宣戦布告状送るの遅れたって本当の話なの


438 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 (東海) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 04:54:49.94 ID: PIufdcpSO
軍部じゃない
陸軍、それも関東軍の暴走だ!
石原と板垣はなんちゅうムーブメントをおこしてくれたんや!


439 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 04:54:54.17 ID: 12KVFaoT0
>>412
近衛文麿自体が共産主義者だったという噂もある
いずれにしろ共産主義者のスパイが日米両国にいたことは明らかになってる
日本側は尾崎秀実、アメリカはハリーホワイトなどなどが有名どころ


440 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 04:56:15.02 ID: KhKEOqQu0
両建て主義って知ってるか?
http://www.google.co.jp/#hl=ja&source=hp&biw=1168&bih=946&q=%E4%B8%A1%E5%BB%BA%E3%81%A6%E4%B8%BB%E7%BE%A9&aq=f&aqi=g1&aql=&oq=&fp=2bbcca2ff8ad8bb5


441 名前: 名無しさん@涙目です。(関西地方) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 04:56:28.34 ID: FBEXnPXs0
で、誰が悪いんだよ


442 名前: 名無しさん@涙目です。(福岡県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 04:56:48.51 ID: ItEnUt3s0
国民が軍部の暴走を見過ごしたっていうより
国民自体がノリノリだったんだろ?


443 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 04:57:08.72 ID: 12KVFaoT0
>>437
山本五十六自体がアメリカのスパイだった
アメリカにいた外務省の役人もそうだといわれている
とにかくアメリカに戦争参加の口実を作ることが依頼内容


444 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 04:59:40.05 ID: R6y9dU4i0
>>435
それが責任転嫁でしかないことが問題なんだろ


445 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 05:00:54.38 ID: KhKEOqQu0
>>441
ロックフェラー家の誰か


446 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 05:02:13.16 ID: M5SYyDCKO
>>435
415をしっかり読んでほしい


447 名前: 名無しさん@涙目です。(三重県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 05:02:28.21 ID: sTpws9jj0
財界が欲張りすぎた


448 名前: 名無しさん@涙目です。(大阪府) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 05:02:30.09 ID: Yf0oTduv0
>>441
一番悪いのは一番偉い人
つまり天皇


449 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 05:04:28.83 ID: KhKEOqQu0
まあしかしコミンテルンのスパイって言い方は途中までは理解してる
いい線逝ってるがコミンテルンを作って管理運営していたユダヤまで辿り着かないと落第だ


450 名前: 名無しさん@涙目です。(関西地方) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 05:04:39.39 ID: wDgtmO7dP
国民が煽ったからやりましたって
責任逃れもいいところだろ
国民説得するのも政治家の努めだろ


451 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 05:05:02.46 ID: XP/5h+WU0
戦争をしないと国が滅びるって国全体とは言わないまでも国民の大半がそう思い込んだんだろ


452 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 05:05:06.61 ID: pwHAfj8c0
>>444
まあ出も日本ってそういう国なんじゃないの
別に国民自身がなにかの決断を行う国家システムじゃないし
今もマスコミに情報コントロールされてるし


453 名前: 名無しさん@涙目です。(福岡県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 05:06:07.11 ID: ItEnUt3s0
問題が起きる→お上がなんとかしてくれる
失敗する→お上が悪いおれたちは騙されていた可哀想な被害者
いつもこんな感じ


454 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 05:06:45.06 ID: KhKEOqQu0
>>451
メディアを使って扇動すればどのようにでも操作できるのが大衆というもの
世論のせいにするのは家畜を裁判所に出頭させるようなもの


455 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 05:07:22.52 ID: 4Uc/cXuv0
天皇は日本人の無責任体質の象徴です


456 名前: 名無しさん@涙目です。(群馬県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 05:07:23.00 ID: CFWUbOdZ0
国民が戦争なんて望んだわけねーだろ
誰が戦争に行くんだよ 自分かもしくは家族だろうが
政府は治安維持法やら非国民のレッテルを張って国民を戦争に向かわせたの
まさか当時に言論の自由なんてもんが存在すると思ってる奴はいないだろうな


457 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 (東海) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 05:07:41.65 ID: PIufdcpSO
天ちゃんが怒気を含んでそれほどメリケンと戦いたいのか
と言ったのにビビッたのは東条一人
事務手続きで天ちゃんの意志なぞ消された ショボすぎw


458 名前: 名無しさん@涙目です。 Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 05:12:02.01 ID: Ko6SHpYK0
国民の7割が侵略するように求めてたんだろ?それを一部の責任にして戦訓を
取り入れてないんだから情けない


459 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 05:17:41.85 ID: If+F7Tz50
もとはといえば福沢諭吉が原因だな
人のよしあしと貧富の差をくっつけたから
そこから抜け出そうとするパワーが戦争に駆り立てた

天は人の上に人を作り、人の下に人を作る
学問は関係が無いし出世は出来ない、する必要が無いといえば
戦争は起こらなかった


460 名前: 名無しさん@涙目です。(福岡県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 05:18:14.29 ID: ItEnUt3s0
>>456
国民が望んでた
軍部とか政府の上層部は望んでなかったんじゃねーの?
知恵遅れ国民のキモイ空気に圧倒されて責任回避でgdgdと先延ばして
追い詰められて対米戦争回避できなかった
ってNHKの番組でやっていた


461 名前: 名無しさん@涙目です。(関西地方) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 05:19:15.15 ID: +YPoUrJ50
東条は戦陣訓で犬死の兵を増やした。玉砕がその証拠だ。
意味の無い地点を死守させたりと軍上層部の腐敗は今の原発危機の体質と良く似ている。


462 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 05:19:45.26 ID: uP5F5Uec0
>>459
その場合は欧米の植民地って道に直行だけどな


463 名前: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 05:20:08.07 ID: qeShBBUB0
当時の政治家は今以上に腐りきっていて、日本中で飢饉のような状態になっていたにもかかわらず
政治なんてくその一つもやらないで利権争いし続けてたから軍人に期待が集まって行ったって言う事を、教科書は何も教えない


464 名前: 名無しさん@涙目です。(大阪府) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 05:22:21.77 ID: Yf0oTduv0
>>460
それこそ御上の責任逃れだろ
日露の時も国民はもっとイケイケ、バイカル湖の所まで取ってこいとか無責任なことを言っていたけど
当時の政府はスパッと講和したんだし
昭和の政治家が無能だったということだ


465 名前: 名無しさん@涙目です。(岡山県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 05:22:34.97 ID: Sdq1/BP40
>>453
そんな感じがするね

今も福島で放射能汚染まみれの食い物を売ってた連中が、
事故が起きた途端に、「自分たちの商品が汚染された
どうしてくれるんだ」と騒いでいる


466 名前: 名無しさん@涙目です。(埼玉県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 05:25:25.53 ID: 5B1NqY4R0
ドイツの快進撃に幻想抱いちゃったんだろうなぁ。


467 名前: 名無しさん@涙目です。(関西地方) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 05:26:07.69 ID: +YPoUrJ50
「生キテ捕虜ノ辱メヲ受ケサル様 覚悟セシメタリ」
兵に死ぬまで戦えと歌った東条は結局東京裁判後まで生き延びた。
今原発の現場で必死に作業している人と東電上層部が当時の軍部と重なって仕方が無い。


468 名前: 名無しさん@涙目です。 Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 05:26:29.38 ID: Ko6SHpYK0
マジレスすると関東軍がイケイケで突き進んで国民が熱狂的に支持した
日本政府は力で抑えるべきだったんだけどクーデターと世論を恐れて事後承認した結果
タガが外れて連合国からも完全に信頼失った


469 名前: 名無しさん@涙目です。(関西) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 05:27:31.68 ID: 0cniX1GkO
ミッドウェーの敗戦はもっと疑問視されてもいいな
なぜ無敵のゼロファイターをあれだけ擁しながらドーントレスごときに負けてしまったのか


470 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 05:30:14.60 ID: 8Sxd8ahW0
日本人はアジアに土下座しなきゃだよね


471 名前: 名無しさん@涙目です。(関西地方) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 05:30:36.99 ID: +YPoUrJ50
イケイケの軍部とそれを煽るマスコミ。都合の悪いことは情報統制。
ますます今の原発問題とそっくりだ。


472 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 05:31:48.47 ID: uP5F5Uec0
戦争から敗戦に至る経緯は、日本が抱える構造的問題って感じがするな

あと戦争そのものではないけど、敵性語の話も戦後も良くあること
当時だと国士気取りが「英語を使うのは不謹慎(キリッ」とか言って投書し、
マスコミがそれに乗っかって炎上させて、政府も渋々応じざるを得ないというか、無視できないというか
そこに時流に乗った一部官僚が騒いで幅を利かせたり
でも実際に戦争に従事している現場は知ったこっちゃないし、英語使わないと仕事にならないし
戦後だと「子ども」「障がい者」「人権」あたりがこれに近いだろうか


473 名前: 名無しさん@涙目です。(熊本県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 05:32:05.86 ID: WHbJYmlV0
朝日新聞が極右だった時代だっけ


474 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 (東海) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 05:32:44.15 ID: PIufdcpSO
NHK特番は情勢を統合的に判断し意志を決定
それを行動にうつす機関、または人物が存在しなかった
国の未来に対して責任をおう覚悟の欠如が
誰もが積極的に考えていなかった日米開戦に
なしくずしに走ってしまったって一番の原因だ
って結論だったね その通りじゃね


475 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 05:32:55.86 ID: R6y9dU4i0
>>472
不謹慎厨のメンタリティがまるっきりそれだな


476 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 05:33:42.17 ID: uP5F5Uec0
>>473
それっぽいことは書いていたけど、基本的にはマスコミに思想はない
時流に乗って肩で風切って他者を威嚇して、社会正義を気取って金を稼ぎたいだけ
ただの羽織ゴロ


477 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 05:35:27.15 ID: uP5F5Uec0
>>475
そうだね
もっともこれは日本だけではないか
フリーダムフライみたいな事例もあるし
時々の社会的大義を振りかざして、他人の行動を抑制することに生きがいを見出す正義感は、
古今東西問わずに存在するのだろう


478 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 05:37:18.49 ID: 4Uc/cXuv0
石原みたいな不謹慎厨の親玉みたいのが首都の知事になる国ですから


479 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 05:37:54.43 ID: MfaDvucM0
責任者不在ですぐコロコロ方針が変わるから長期的な問題解決ができない。
他国もこういったものは少なからずあるが、日本はそれがあまりにも酷い。
異常なほどの権力分散がもたらした結果。


480 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 05:38:44.68 ID: I/WmbNPK0
>愚かな戦争を生んだのは愚かな国民なのだ


481 名前: 名無しさん@涙目です。(京都府) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 05:42:07.13 ID: 9nq1Mnx30
さらっと大江が叩かれてて笑ったw


482 名前: 名無しさん@涙目です。(埼玉県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 05:42:46.79 ID: 5B1NqY4R0
新聞しか情報伝達が無かった時代の国民を、
今と同列に情弱と罵るのは違うだろ。


483 名前: 名無しさん@涙目です。(大阪府) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 05:43:21.70 ID: RXWvM1RI0
本当にさ、ちゃんと議論してるところへ
茶化したり
ID晒したりレスの趣旨と関係ない人格批判的なレスつけたりさ
2chだからってそんないい加減で良いと思ってんの?

ここでしか話せない人だっていることなのに
このマジレス笑みたいな雰囲気なんなの?


484 名前: 名無しさん@涙目です。(滋賀県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 05:43:53.27 ID: v+1PvC+B0
昔は天皇の玉音放送に頭を下げてたが
今だと逆さ吊りにしてしまうかもしれんな


485 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 05:44:10.76 ID: MfaDvucM0
常に敵は内にあり。
満州に入れ込んだ財閥や、朝鮮に対する過剰な投資、関税なき自国米として流通した台湾米や朝鮮米による農村の疲弊。
その結果が東北人による関東軍の暴走、クーデターに繋がる。
(´・ω・`)明治からある問題を後回しにし続けてきたがあの結果。


486 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 05:50:41.11 ID: P/gtW7Iv0
>>469
ミッドウェーはそもそも戦いになってねーじゃん一方的にやられただけ


487 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: sega 投稿日: 2011/04/12(火) 05:51:16.24 ID: 9xzh50EP0
>>485
関東軍のクーデターって何?


488 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 05:52:47.11 ID: Q9zJC06t0
>>10
その通り

昔は国民の大半が無教養で相対的なものの考え方をぜず
差別意識丸出しの民族主義者で

市井の右翼団体も半端無い数あって
それが地域の行政や教育に影響力を相当もっていた


489 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 05:54:42.88 ID: 2h2rKycM0
経済団体の金がマスコミに流れ、煽られた国民が勘違い

いまとかわんねーなw


490 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 05:56:54.68 ID: Q9zJC06t0
>>472
メンタリティは同じ

ただ、排除の論理で対立構造を煽り、特定の人間の人権を簒奪し、原理主義的価値観を暴走させるウヨの排外主義と
誰かへの不快を取り除くことに些細主義に走るのとでは

遥かに後者の戦後左派のほうがマシ
暴力性が伴わないからね


491 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 05:57:16.74 ID: 8Sxd8ahW0
日本人は俺も含めて馬鹿しかいないからな
お前らも認めろ
そこから再出発するしかない


492 名前: 名無しさん@涙目です。(岡山県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 05:59:29.30 ID: Sdq1/BP40
>>479
>異常なほどの権力分散がもたらした結果。
オレに言わせると、そいつは違うな
和の精神のせいだと思う

仲間内でかばい合うんだよ

最近でも兵庫県が、東京都の業者や
福島県の生産者をかばったろ


493 名前: 名無しさん@涙目です。(大阪府) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 05:59:46.99 ID: RXWvM1RI0
>>491
ほんとそれ
日本人は頭いいとか幻想


494 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 06:01:18.08 ID: uP5F5Uec0
>>490
不快を取り除くじゃなくて、不快を取り除くと言う大義と自己を一体化して言葉狩りをする、の間違いだろ
メンタリティだけじゃなくて、一連の流れ全部が戦時中の敵性語と全く同じ
というかお前のいうことは、言葉狩りの部分の比較になってないし
「ウヨ」には、当時のありとあらゆるものを詰め込んでいるだろ


495 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 06:02:54.06 ID: R6y9dU4i0
>>490
>排除の論理で対立構造を煽り、特定の人間の人権を簒奪し、原理主義的価値観を暴走させる
全部戦後左派がやってきたことじゃないッスか
加えて内ゲバに明け暮れてた戦後左派が暴力性を伴わないってのは何の冗談ッスか
主義主張が一見違うだけでやってることみんな一緒だよ、人間だもの


496 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: sega 投稿日: 2011/04/12(火) 06:03:33.83 ID: 9xzh50EP0
>>491
それ広義でとらえるなら一部のユダヤ人以外の人間は全員頭悪いってことにならないか?


497 名前: 名無しさん@涙目です。(熊本県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 06:03:48.67 ID: I+MEpinC0
石破が言ってたけど左翼程、戦争好きだったって言うとるぞ当時は
軍を知らなかった
朝日新聞の暴走

色々と


498 名前: 名無しさん@涙目です。(大阪府) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 06:04:14.56 ID: RXWvM1RI0
>>496
人間皆平等に頭悪いだろ


499 名前: 名無しさん@涙目です。 Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 06:05:28.42 ID: Ko6SHpYK0
>>491
馬鹿だけど勤勉なのが取り柄だったけど最近は真面目を笑って美味しい所だけ持っていく
利己的な面を持て囃す様になっちまったからな
勿論、長所短所あるんだけど


500 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 06:05:43.80 ID: 0tnEGCKL0
なんつう名前だよ。チョンだろこいつ


501 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 06:05:44.66 ID: uP5F5Uec0
>>497
左翼というと、俺はやや大雑把に感じるな
もうちょっと正確に言えば「闘争を生業にする人たち」だと思う
左翼に属する人たちはそうだけど、街宣右翼みたいなのもあるでしょ
前者はそのあり方にあって、革命や闘争による勝利を目指すから、好戦的になるね
そこから中道左派ぐらいになれば変わるけど


502 名前: 名無しさん@涙目です。(九州) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 06:05:56.83 ID: 2vwk6lRcO
>>490
サヨクには暴力性が伴わないとか脳が溶けてんの?


503 名前: 名無しさん@涙目です。(鹿児島県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 06:06:25.22 ID: 2KGkmerq0
>>453
投票率低くてそうだもんな
救いようがないわ


504 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 06:06:32.13 ID: +Z9h9PndQ
ちょと前にやってたNHKスペシャルか
こいつの昭和史読め


505 名前: 名無しさん@涙目です。(熊本県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 06:08:02.69 ID: I+MEpinC0
>>501
まあ難しいことはわからんけど、このラジオはっとくわ
ニコニコで悪い


戦争に憧れる若者達



506 名前: 名無しさん@涙目です。(埼玉県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 06:08:04.67 ID: N7D/kbBY0
ストクを上回る最大の悪霊ヒロヒトの恐るべき呪いがついに発動した。
神になれなかったヒロヒトは、日本という国を恨んでるぞ。


507 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 06:09:35.82 ID: R6y9dU4i0
>>506
御霊信仰は平安までの終わコンですので


508 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 06:11:56.57 ID: Q9zJC06t0
>>494
言葉狩りへの流れとメンタリティは似てるかも知れんが

特定の言語そのものを否定することは
その文化・言葉を話す人々・その人達の思想・文明・精神・もっと言えばその学問、科学、技術
まるごと他者を否定することを孕んでいる、
極端な排外的な態度であるのに対して

戦後の言葉狩りは、ある一方の人権の極端な尊重による単なる些細主義で
出る被害も、ある一方の特定の表現の自由に過ぎないし、
そもそも運動と自己同一化の問題は左派・右派・宗教、何にでもあるから、余りここでは意味がない。


509 名前: 名無しさん@涙目です。(熊本県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 06:11:56.72 ID: I+MEpinC0
>>490
赤軍ェ・・


510 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 06:14:20.26 ID: 0tnEGCKL0
なんか馬鹿なのに一生懸命頭いいふりしてる奴がいる!


511 名前: 名無しさん@涙目です。(埼玉県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 06:15:22.79 ID: 3HWuw+Je0
個人的には明治に遠因が作られていたのが、根っこだと思うね
まず明治六年政変で民権論者を政府から締め出したこと、
それから憲法策定に当たって責任内閣制を導入しなかったこと、
井上馨や伊藤の間の意見対立が統治や大権といった言葉を曖昧化してしまったこと
大正デモクラシーまでは憲政の常道が機能してたけど、
それ以降はもうねえ。


512 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 06:15:46.27 ID: Q9zJC06t0
>>502
>>509

太平洋戦争と戦後極左の内ゲバを同列に語るのは
流石に無理がある

平成ウヨにとっては戦後民主主義や戦後左派を否定する論拠にしてるけど
国家丸ごとの暴走と、一部の集団の性質・末路じゃとても同列に語れない。


513 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 06:16:31.92 ID: iGvP9s1h0
国家丸ごと今暴走してんじゃん


514 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 06:17:51.74 ID: R6y9dU4i0
>>511
それは思うよ
おれは日本はまだ第二次大戦どころか明治維新も消化できてないと思ってる


515 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 06:19:24.46 ID: P/gtW7Iv0
>>505
原発事故を起こしてあたふたして何も出来ない国が戦争とか笑い話にもならねーな


516 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: sega 投稿日: 2011/04/12(火) 06:19:25.53 ID: 9xzh50EP0
>>468
・国際法的に合法だったから承認したまで
・あの時代の国際的信用とは何か


517 名前: 名無しさん@涙目です。(岡山県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 06:19:26.66 ID: Sdq1/BP40
なんか陰謀論者の人は、
政府が企めば、国民を好きに操ることができると
よく主張するんだよな

オレは民衆が、そこまで単純だとは思わない

新聞が戦争を煽ったといっても
当時の人は「最近は新聞に、どんな過激なことが書いてあっても
信じなくなった」とか言ってるしな

例えていうなら原発事故初期の安全厨のようなものだ

不安の中、自分にとって都合のいい情報を見ると、
そいつを信じたくなっちまうのさ


518 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 06:21:44.62 ID: uP5F5Uec0
>>508
メンタリティだけじゃなく、全体的に同じ
両者で違いがあるのは、自己と同一化している大義と、その大義に基づく個別具体的な対象
お前は、排他主義と些細主義という定義づけをして区別しようとすることで、本質を見誤っている
まさしく木を見て森を見ず

そもそもお前が些細主義というものも、実態は排他主義だよ
彼らがやっているのは、自己の大義が受け入れないものは排除する、ということ
例えば「障害者」だったら、「害という字を使用すること」が認められないから、
これを差別と認定してその言葉や使用者を社会的に排除するというもの

>そもそも運動と自己同一化の問題は

だから俺はそう書いているだろ、>>472でも>>501でも
共通点を比較することで普遍的な問題として述べているわけだ
お前が人の主旨も理解せず、「戦中の国士気取りと、戦後左翼は違う!」と頑張ってるだけ


519 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: sega 投稿日: 2011/04/12(火) 06:29:14.98 ID: 9xzh50EP0
>>517
アメリカとの戦争が近付いてる事を肌で感じただろうな
向こうがそれを望んでるとまでは分からんかっただろうが、刻一刻と否応なしに戦争が迫ってた感じだろ

後世の批判連中は戦時下やその直前の情勢だけ切り取って熱狂だの洗脳だの批判してるが、それじゃお前らが批判するマスゴミとやらと何も違わないぞとね


520 名前: 名無しさん@涙目です。(岐阜県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 06:29:42.09 ID: uFeNYv6m0
大戦にしても今回の原発にしても明確な責任の所在がわからん


521 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 06:30:09.34 ID: pyE8s6jK0
原因はもっと単純ですが実は日本人は誰も気が付いてないし気が付かない
国外の一部は気が付いているが多分言わない
今回の原発事故で露呈しているが一言もその事について論じられる事はない
今後も無いw
俺は絶対言わない、どうせ日本人特有の同じ失敗いつかするから。


522 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 06:30:50.76 ID: Q9zJC06t0
>>518
その通り
「戦中の国士気取りと、戦後左翼(非暴力革命的な左派)は違う」よ

根本に人権思想があるか無いかは大きい。
何故なら、それが無ければ無制限な暴力の解放と原理主義に走るからね。

森を見ると言う意味で、人間の本質の暗部は俺も同質として認めているだろ?
(あくまで「左派」という言葉に拠るなら、当然、ソ連の粛清行為や軍事行為や文化大革命も存在するわけだしな。)
ただ、その発現の根本原理に、人権思想があるか、稚拙な皇国史観による他者の全存在への否定があるかは
木の部分で大きく異なる。そういう話をしている。

事実、戦中の市井の刃傷沙汰と戦後の言葉狩りは、起きてることがまるで違うだろ。


523 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 06:31:42.36 ID: 5W0k6kJj0
>>491
馬鹿を自覚して悔い改めても同じ失敗を繰り返すだけだろ
なんたって馬鹿なんだから


524 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 06:32:01.69 ID: P/gtW7Iv0
>>520
農民の一揆の血判状みたいだろw


525 名前: 名無しさん@涙目です。(熊本県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 06:33:49.38 ID: nLcf4Dhu0
>>512
左翼と右翼が一緒になって戦争に走ったんだよあれは


526 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 06:35:53.68 ID: +QU5mcSd0
>>373
日中共に戦争じゃない。事変だって言い張ってたんだから、中立義務なんてない。
そして、中立義務があるとするなら日本に戦略資源を売らないのは当たり前。


527 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 06:36:43.58 ID: dQx1idtM0
>>10
日本人今でも流されやすいから
声の大きい奴が権力握ったってイメージ


528 名前: 名無しさん@涙目です。(熊本県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 06:37:00.13 ID: nLcf4Dhu0
戦争反対の左翼もいたけどほぼ多くの左翼は革命起こしてこの現状から打破できれば夢がある
つって戦争につっぱしたんだろ


529 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: sega 投稿日: 2011/04/12(火) 06:38:33.15 ID: 9xzh50EP0
>>520
決定打となった事象はこれ

・福島第一原発…外部電源が津波で流される
・支那事変…盧溝橋事件
・第二次世界大戦参戦…対日禁輸政策

でもここにあーでもないこーでもないと意見が来て纏まらないは明らかだな


530 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 06:40:19.84 ID: uP5F5Uec0
>>522
人権思想があってもなくても、やってることは同じなんだからそこは無理に違いをつける意味が無いね
自己の大義で受け入れないからと、大義に反するもの(非国民、差別者など)というレッテルを貼って攻撃するのは、
結局のところ人権尊重も自由の尊重も吹き飛ぶんだから

だから言ってるだろ、個別具体的な大義の違いはあるけど、やっていることの性質は同じ
また「動機」によって行為を矮小化すること自体、人権意識に乏しいともいえる
お前の意見を読んでいると、人権尊重という大義さえあれば、何をやっても大したことではないという風に読めるな
それはただの造反有理

>戦中の市井の刃傷沙汰と戦後の言葉狩りは、

こっちは敵性語という言葉狩りと比較しているのに、なんで刀傷沙汰にまで話を広げるんだ?
お前がこちらの比較点を理解していないだけだろ、あんだけ散々書いたのに


531 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 06:41:49.02 ID: uP5F5Uec0
ああそうだ、>>522にはこの言葉を進呈しよう
「目糞鼻糞」「五十歩百歩」


532 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 06:42:41.18 ID: UqJnsRzM0
今民主党が政権を取っているのと同じ様な事が起きたんだろうな


533 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: sega 投稿日: 2011/04/12(火) 06:44:37.91 ID: 9xzh50EP0
>>522
>戦後左翼(非暴力革命的な左派)

お前は重信房子を100回ググレよ


534 名前: ◆65537KeAAA (宮城県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 06:45:04.07 ID: duiTypnU0 ?PLT(12345)
結局「政治が三流」って事は「国民が三流」って事に他ならないんだよな。


535 名前: 名無しさん@涙目です。(東海) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 06:45:11.85 ID: oSnUCKU6O
国民の空気が戦争を起こしたって事だけど
今の日本のサービス残業・ブラック企業を見ていれば納得が行くわ
あとは震災後の自粛ムード


536 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 06:46:10.99 ID: I/WmbNPK0
あの戦争の時代も高学歴ホワイトカラーさんたちは
会社に守られていたからだんまりして
暗黙の戦争支持を与えて、結局は戦地に送られて
もしくは空襲でやられて、だ

黙っているとダメだぞ


537 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 06:49:17.70 ID: uP5F5Uec0
>>535
空気というのは、言ってみれば三つ巴でお互いにお互いをけん制し、
結局は自分の選択肢も狭めるようなことだからな
ただやっぱり当時の政府と軍部は、やっぱり最高意志決定権を握っているという点で、
責任は国民よりは大きいだろうなとは思うが

あとその情勢を作り出すきっかけの一つを作った鳩山
どうやらわが国においては、鳩山という政治家が政局のために安全保障問題を利用し、
わが国の選択肢を狭め機能不全においやる伝統があるらしい


538 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: sega 投稿日: 2011/04/12(火) 06:51:48.07 ID: 9xzh50EP0
馬鹿っていうのは知識の量だけじゃなく、一つの事象を考える時、微視と巨視が並列に出来ない奴だと思う
特にミクロ的な視点や、物事の直近の情勢しか考えられない奴が馬鹿なんだよ
色んな視点で考えんと分かる者も分からん

ttp://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_he/a6fhe800.html


539 名前: 名無しさん@涙目です。(岡山県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 06:52:03.25 ID: Sdq1/BP40
オレは今まで「原発安全神話」と「食の安全神話」は
陰謀だと主張してきたが、
信じたい民意もあったのかな


540 名前: 名無しさん@涙目です。(熊本県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 06:52:26.79 ID: nLcf4Dhu0
ID:Q9zJC06t0
こいつやばいな
戦争か革命につっぱしるかもしれんぞw


541 名前: 名無しさん@涙目です。(新潟・東北) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 06:53:08.19 ID: sVtNP3rxO
日本人は政治や経済、軍事といったリアルの分野で本物になれないんだよ


542 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 06:57:15.96 ID: uciDgufT0

情報を隠蔽する政府
国民の命を軽視する内閣
右往左往する政治家
保身しか考えない官僚
若者を最前線に送る年寄り
ワイロで大本営発表するマスコミ
政府から金貰って世界の認識を否定する学者
パワハラ強制連行される下請け
学徒動員する文部省
避難民に避難所から出ていけという公務員
その中で愛国を歌い前線で作業する一部の公務員


70年前から何も変わってない


543 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 06:58:49.90 ID: dQx1idtM0
>>538
情報統制がそれに拍車をかけたんだろうな


544 名前: 名無しさん@涙目です。(福岡県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 07:00:37.35 ID: ItEnUt3s0
>>542
ヒステリックに喚き立てて気色悪い空気を作り出す国民
これも追加しててよ


545 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 07:04:58.23 ID: uciDgufT0
日本はよく民衆は勤勉で真面目で大人しく優秀だが
エリート層は決断力が無く責任を取らず無能だって言われるけどそれは違うと思う

日本人は勤勉で真面目で大人しいから決断力が無く責任を取らないんだよ
どちらも同じ国民性の表裏
日本人が持ってる道徳観念を変えないことにはTOPは何時までも無能


546 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 07:07:01.31 ID: Q9zJC06t0
>>530
やってることが実際、違うから
俺はその違いと、その背景の理由を説明してるだけ

実際、俺は暴力革命是認の左派は、言葉狩りの左派と分けて話してるのに
>お前の意見を読んでいると、人権尊重という大義さえあれば、何をやっても大したことではないという風に読めるな
>それはただの造反有理
お前の都合の良いように勝手の俺をそっちに分類するな。俺はお前を「国士気取りの馬鹿みたいだなぁ」とか妄想せんぞ。
と、言うか、俺は、戦中右派と戦後の暴力革命左派をほぼ同一視してて、
そに対して、単なる言葉狩りに見られるような戦後左派を対立構造として語ってる訳だし

さらに、お前は「左派のレッテル貼り」と言うが、そのレッテル貼って終るのと
戦中の、米国かぶれが社会的・生物学的に暴力をもって抹殺・矯正されてたのをあえて無視してる。

更に
>こっちは敵性語という言葉狩りと比較しているのに
こっちは、それに対して敵性語と言う概念の背景の思想をもって、違いを主張してる。
で、俺はお前に歩みよって、お前の言う、比較点の「同じ部分」を理解してるよ。と言ってるのに
お前は、こちらの明示してる比較点だけを無視してる。
何度も説明してるのに、そこを理解してないのはお前のほうだよ


547 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: sega 投稿日: 2011/04/12(火) 07:07:43.39 ID: 9xzh50EP0
>>539
想定した中で、机の上では完璧な理論だった、今回のを誰も想定してなかっただけで
共産民主の肩は持ちたくないが、「巨大津波が来たらどうすんだ!」という批判は正しかった
でもって「理屈ではそうだが、考えにくいことだ」という民主の反応も当然だと思う
自分だって「永遠の野党さんは何でも計算してよう粗を探してくるなぁ」と感心してた程度
まさか本当にその場所に巨大津波が来るとは誰も思って無かったと思う
>>543
それは戦時下の話


548 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 07:12:04.94 ID: uciDgufT0
これだけは言える
過去の歴史をどんなに遡って調べても
昔は良かった昔に返れで成功した政治は一つ足りとも無い


549 名前: 名無しさん@涙目です。(関東・甲信越) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 07:12:43.47 ID: hWR2HsTBO
いまも昔も統治行政機関が無責任で押し付け合いで結論が出ずにズルズルと先送りして事態を悪化させてるよな。
正確かつ客観的な情報を出さずに国民の世論を作り上げたのがマズゴミ
第二次大戦は薩長閥に何でもかんでも反対の東北政治家が主導権を握ったからおきた。
東條も出身は小沢同様に岩手県だし
蛇足だが戦争中で最大の無責任首相は陸奥の宮市のある栃木県のバカ小磯。
わざわざ最悪な人選で小磯を選んだ無責任さも致命的すぐる。
結局、最後は天皇による懇願で大阪出身で群馬県で育った老骨の鈴木が終戦へ向けて尽力したおかげ
無責任だらけで最後は天皇に責任を押し付けたのが統治指導層で国民はチェルノブイリにはならないと大本営発表と御用学者とマズゴミにより完全に欺かれた。
保身のためには世界の国々すら欺いて、結論を先送りしてズルズル無責任を続けてレベル7発表


550 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 07:16:03.11 ID: uP5F5Uec0
>>546
>俺は暴力革命是認の左派は、言葉狩りの左派と分けて話してるのに
>お前の都合の良いように勝手の俺をそっちに分類するな。

俺は最初から区別してるけど?
他の奴のレスと混同してるんじゃないの

お前の話を読んでいると、人権擁護という意識さえあえれば例えレッテルを貼っても、
言葉狩りの重大性が下がると読める
でもそれは行為を大義によって軽んじているのであり、言い換えれば人権擁護は行為の罪を減じる、
とお前が認識していると読める
だから造反有理だろ、と
言葉狩りそれ自体の問題性を認識し、これを行うものの行為を等価に見ることができれば、主義主張で軽重がつくことはない
それは単なる動機でしかないから

>敵性語と言う概念の背景の思想をもって

勝手にお前がアレコレ一緒にしているだけだろ
言葉狩りをする人と、暴力革命を叩く人を「左翼」で人括りにするのと、何が違うのかわかんね


551 名前: 名無しさん@涙目です。(熊本県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 07:19:50.11 ID: nLcf4Dhu0
北海道はそいつほっとけ
あんま論破してるとふぁびょって事件起こすから


552 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 07:21:00.33 ID: uP5F5Uec0
>>551
そういうものか


553 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 07:21:32.34 ID: R6y9dU4i0
>>550
要するに「自分は違う」という信念は便利だなあというお話だな


554 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: sega 投稿日: 2011/04/12(火) 07:22:00.42 ID: 9xzh50EP0
>>548
温故知新


555 名前: 名無しさん@涙目です。(関西・北陸) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 07:23:09.53 ID: 6WFUfhVvO
>>549
近衛公のご親族の方ですか?
工作ご苦労様です


556 名前: 名無しさん@涙目です。(石川県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 07:23:38.00 ID: Ju5kN27W0
>>549
レス読む限り俺らは考えることすらできない
東北土民にいいようにされる畜生ですってことか?

基本いつも人の所為だよな・・・お前にしろほかの奴にしろ


557 名前: 名無しさん@涙目です。(中部地方) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 07:23:39.46 ID: 0CehJnBrP
国民の空気
軍には絶対に負けるという分析が上がってきていた


558 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 07:26:43.68 ID: 9lE0eWK30
>>540

戦後左翼思想に毒されて理想を実現できず、ニヒリストを気取ってるジジイだよ


559 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 07:26:45.82 ID: Q9zJC06t0
>>550
>お前の話を読んでいると、人権擁護という意識さえあえれば例えレッテルを貼っても、
>言葉狩りの重大性が下がると読める

その読み方は間違い。
だから俺は造反有理ではないし、暴力革命も是認してない。そう言ってるの「そうだ」と言われれば妄想乙としか言いようがない。

俺の言いたいのは何度も言ってるが
「人権擁護を論拠とした運動の自生的な節度」と
「皇国史観のような原理主義を論拠とした排外運動の暴走性」の違い
戦中右派と戦後左派の違いはそこに歴然とある。(ただしプロレタリア革命論者は除く)
で、ここで俺が自生的な「節度」を重視してることは明白だろ。つまり、相対的な人権の重視だ。そこが造反有理では無い理由。
そしてその相対的な人権の重視がないことが、戦中右派の最大の問題点だ。

>勝手にお前がアレコレ一緒にしているだけだろ
お前と違う論点を出しただけ。>>490からずっと俺はそうしてる。
そこを無視してお前が並行線にしてる。


560 名前: 名無しさん@涙目です。(関東・甲信越) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 07:29:38.80 ID: hWR2HsTBO
首相が奇兵隊内閣なんて言ってりゃ東北人から反発受けるの理解できないのかね
特に会津のある福島県で原発だもんな。


561 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 07:32:18.79 ID: uciDgufT0
>>554
それは歴史を知りその教訓から新しきを知れということであって
闇雲に昔を美化し昔に返れという意味ではない


562 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 07:35:40.78 ID: ZXlGaCKH0
武士道なんてのは、武士の官僚化から外れた連中を騙す手段だよ。


563 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 07:38:00.65 ID: 9lE0eWK30
>俺の言いたいのは何度も言ってるが
「人権擁護を論拠とした運動の自生的な節度」と
「皇国史観のような原理主義を論拠とした排外運動の暴走性」の違い
戦中右派と戦後左派の違いはそこに歴然とある。(ただしプロレタリア革命論者は除く)
で、ここで俺が自生的な「節度」を重視してることは明白だろ。つまり、相対的な人権の重視だ。そこが造反有理では無い理由。
そしてその相対的な人権の重視がないことが、戦中右派の最大の問題点だ。


これってまさに

>お前の話を読んでいると、人権擁護という意識さえあえれば例えレッテルを貼っても、
>言葉狩りの重大性が下がると読める

だよな。


564 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 07:38:44.75 ID: 5BKnDItF0
ドイツ→全てナチスが悪い
日本→ 全て軍部が悪い


565 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 07:39:14.32 ID: 27DG+fbH0
右翼團體は必ず嘘をいう。


566 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 07:39:56.10 ID: Q9zJC06t0
>>563
お前は単にアレな奴だな


567 名前: 名無しさん@涙目です。(千葉県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 07:41:40.57 ID: HoQygdRE0
なんだただの作家か


568 名前: 名無しさん@涙目です。(埼玉県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 07:41:41.86 ID: 2ksRz4w40
民衆に夢持たせた新聞社が元凶だろ


569 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 07:42:34.82 ID: uP5F5Uec0
>>559
>相対的な人権の重視だ

それは行為をする動機
動機が良い事だったとしても、行為が悪けりゃその行為は悪いことなんだよ

また言葉狩りによって脅かされる権利は言論の自由や表現の自由なわけだが、
言論の自由や表現の自由に対し「排他主義だ!」「些細主義だ!」「右翼だ!」「左翼だ!」「人権だ!」「戦争に勝利だ!」とか関係ない
あとこれらの自由も人権のうちだから

この辺の分別つけてもらわなけりゃ、そりゃ話は平行線だ罠


570 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 07:45:09.92 ID: etvlzYxP0
マスコミが煽って、無知な国民が暴走



なんだ民主党の政権交代喜劇と同じか
成長してないな


571 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: sega 投稿日: 2011/04/12(火) 07:45:35.38 ID: 9xzh50EP0
>>561
そうそう、それが一番だということ
書いてる途中で面倒になってレスしたが、何か反論みたいでスマン


572 名前: 名無しさん@涙目です。(大分県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 07:46:49.27 ID: BZ5puSNh0
避難指示指定するべきところを計画的避難区域って・・・・
転進という名の退却かよw


573 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 07:49:03.21 ID: Q9zJC06t0
>>569
相対的な人権ってのは

行為の動機ではなくて
行為の自制への動機だ。

相対的な人権ってのは、物凄く分かり易く言うと
「攻撃される側の人権」と言う意味だ。それを配慮するかしないかって話。
これで少しはわかるか?

だから、言葉を狩るだけでは無くて、
狩られた側への制裁や、脅しの具体的な中身の話にまで俺は踏み込んでる。
そこに戦中と戦後の大きな違いがある。
で、市井で無制限に暴力性が解放された時のヤバさって話でスレ内容に絡むわけだ。この話が。


あと
>また言葉狩りによって脅かされる権利は言論の自由や表現の自由なわけだが、
>言論の自由や表現の自由に対し「排他主義だ!」「些細主義だ!」「右翼だ!」「左翼だ!」「人権だ!」「戦争に勝利だ!」とか関係ない
>あとこれらの自由も人権のうちだから
これには同意してるよ。


574 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 07:50:42.90 ID: uP5F5Uec0
>>572
ワロタ
笑い事じゃないけど

今回は官邸が機能不全に陥っているようだけど、調整も指導もきちんと出来ていないというのは似ているな
しかも自衛隊の指揮権は首相にと決められているし、官邸の指示に従う体制もあるのに
思うに、官邸の中に色んな役が集められすぎて指導することが出来ず、
官邸の中だけ空気嫁体制になっているのではなかろうか
菅がそうしてしまったのは、要は責任を取る気もないし指揮の執り方も分からない、といったあたりか


575 名前: 名無しさん@涙目です。(長崎県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 07:51:01.20 ID: J7J8qJtz0
官僚が国を滅ぼした典型
無責任な軍部官僚がな


576 名前: 忍法帖【Lv=10,xxxPT】 (catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 07:52:24.28 ID: D1osDELC0
日本もトップであるテンノーが死刑なり自決なりすっぱり責任とってたら
現在も連綿と続く無責任の体系を断ち切れたんだろうが
あんだけ神のような存在としてた人間がああものらりくらりと転身だからな
gdgdのまま復興に向かってしまったことで問題部分が温存されてしまった


577 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 07:54:04.84 ID: iF5Wk5KR0
戦争煽ったマスコミの存在は無視ですかwww>>1


578 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 07:58:25.54 ID: uP5F5Uec0
>>573
何か全然分からないんだけど
お前が言いたいのは、「左翼は言葉狩りする時も手加減しています」みたいな話?
そんなの全く意味のない意見

峠の走り屋が「俺たちは自分達でルール作って、それを守ってやってる」のと変わらないだろ
その前に道交法を守れって
まぁ道交法に関しては、北海道は偉そうなことを言えた義理ではないが

言葉狩りという名の攻撃の動機と起こり、実施、波及するプロセスが、戦時中の敵性語と同じ性質を帯びているって話しだし
いくら人権擁護だなんだといったって、人権擁護の目的だ相対性だと言ったって、全然否定材料にならんよ


579 名前: 名無しさん@涙目です。(三重県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 08:00:12.81 ID: isidStTW0
政官民の腐敗が行き着くとこまで行った結果だよ。


580 名前: 名無しさん@涙目です。(関東) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 08:02:14.44 ID: sc6y3XSXO
「マスゴミガー」「ミンスガー」「ジミンガー」「トーデンガー」

なんだ、おまえらなにも変わってないじゃん。
鳩山の「国民が耳を貸さなくなった」は至言だな。


581 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 08:02:44.81 ID: uP5F5Uec0
というか>>508ではこう書かれているんだよなぁ

>戦後の言葉狩りは、ある一方の人権の極端な尊重による単なる些細主義で
>出る被害も、ある一方の特定の表現の自由に過ぎないし、

結局、戦後の言葉狩りの被害を限定的とすることで、言葉狩りそれ自体の有害性を薄めたいだけだろ
「特定の表現に過ぎない」というのは、言葉狩り問題の性質を全く理解していないとしか思えない


582 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: sega 投稿日: 2011/04/12(火) 08:05:53.62 ID: 9xzh50EP0
>>575
どの段階の事言ってるのか分からんが、アメリカが欲したのは日本との協調ではなく、日本の服従だからな
日米交渉の時点で要求を丸呑みして戦争を回避したらもっと悲惨な事になってるよ


583 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 08:08:52.47 ID: HyOgrA+zi
中国がそのうち軍部の暴走を始める。
日本がどうなることやら、正直こわい。


584 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 08:12:54.01 ID: Q9zJC06t0
>>578
>そんなの全く意味のない意見

いや意味あるよ。もの凄く。

相対的な人権を重視するから、あくまで法規に頼ろうとするか、
リンチや生活に関わるレベルの村八分にすることで実現しようとし
それを社会(世間)全体で容認するような空気になるかは全然違う。


585 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 08:14:52.61 ID: OTCq4ZRP0
スレタイのテーマとは多少ずれるかもしれないけど
いま必要なのは左翼反省会ではなく、多種多様な観点で議論を活発化させて
対応の遅れがちな池沼内閣により良い意思決定を促すことじゃないかな。

ただし、「多種多様な議論」が衆愚政治を招く問題をどうすればいいのか
それは簡単には答えが出ない。


586 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 08:17:20.33 ID: ws2uefMT0
「陛下の命に背いてでも戦線拡大してやる」つって石原莞爾の二番煎じやろうとした軍人なんつったっけ?


587 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 08:19:10.34 ID: 2h2rKycM0
マスコミと経済界の暴走を特集したNHKの
歴史が動いたはあれもう放送されないんだろうなw


588 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 08:19:22.53 ID: Q9zJC06t0
>>581
うむ
障害者を障がい者と言わなければいけないことと
英米語禁止は本質の思想背景の違いがあるからな

英米語禁止と言葉狩りじゃ同列に語れんよ。理由は>>508にある通り。

ここでもまた同じことが起きてるな。
俺は言葉狩りの権利侵害の危険性自体は認めてる。
>言葉狩りそれ自体の有害性を薄めたいだけだろ
ではなくて、戦中の英米語の禁止の有害性の大きさをを相対的に主張してるんだ。
その二つが同じではない部分を明示してね。

で、お前の言ったプロセスの同質性には俺は理解を示してる。
で、お前は俺の主張を無視して並行性。


589 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 08:20:08.93 ID: PHG0sEEh0
朝河貫一の「日本の禍機」おすすめ


590 名前: 名無しさん@涙目です。(埼玉県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 08:21:26.02 ID: SmgjRHRg0
日本人は結局変わらんね


591 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: sega 投稿日: 2011/04/12(火) 08:21:49.85 ID: 9xzh50EP0
>>587
それどんなやつ?


592 名前: 忍法帖【Lv=10,xxxPT】 (catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 08:22:35.41 ID: D1osDELC0
とりあえず大統領制にしたほうがいい
日本人には向いてない!が大半の主張だろうがだからこそやらなくちゃいけん感じ
権力、国民全体に漂う無責任の体系を変えていかないと
とりあえず橋下か孫だな


593 名前: 名無しさん@涙目です。(熊本県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 08:24:01.62 ID: ZLf/3gm50
ブロック経済や関東大震災で不況から抜け出せなくて国民がみんな自棄になってたとかないのかな?


594 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 08:24:26.59 ID: AT9GER5H0
未曾有の事態の今になって思えば軍部の暴走というより戦争利権のうまい汁を吸いたい政治経済界の俗物と
その奴隷庶民どもが一体になって推し進めたものだったのだと痛感する


595 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 08:24:32.97 ID: Q9zJC06t0
>>591
これ
http://www.nhk.or.jp/special/onair/taiheiyosenso.html

この放送後、こういうスレが増えた。
じゃなくて歴史が動いたか。それは知らんな。


596 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 08:25:35.17 ID: AT9GER5H0
日本人は100年先も変わらないな
100年後まで日本があるかわからないけどな


597 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: sega 投稿日: 2011/04/12(火) 08:28:18.85 ID: 9xzh50EP0
うまい汁吸ってたのは19世紀から戦後復興まで日本に金を貸しまくってくれてた連中だろ


598 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 08:32:09.72 ID: oVkA9xbH0
そうはいっても東電、官僚、派遣ヤクザは叩かれてしかるべきだ


599 名前: 名無しさん@涙目です。(熊本県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 08:33:17.64 ID: ZLf/3gm50
あの頃も貧富の差が拡大しすぎたのがいけなかったのでは


600 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: sega 投稿日: 2011/04/12(火) 08:35:39.89 ID: 9xzh50EP0
>>595
なんだ、「歴史が動いた」ってその時のことじゃないのかw
それは見たわ、いつもどうりのNHKだった


601 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 08:36:21.40 ID: 02MHmrPfO
>>594
その通り 財閥は復興に必要という事でお咎め無しで今も第一線


602 名前: 名無しさん@涙目です。(島根県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 08:36:26.05 ID: memlgmt30
専門家の暴走?


603 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 08:40:19.65 ID: uP5F5Uec0
>>584,588
「言葉狩りに思想の違いは関係ない」に同意しつつ、「思想背景が違うから、言葉狩りでも違うか」
何を言っているんだ、お前は
あと言葉狩り自体がリンチだって分かってないし

戦時中の言葉狩りでターゲットになったのは、英語の看板や社会で公に使われる言葉
不謹慎厨は、同盟国の言語まで対称にしていたけどな、区別つかないから
一方で「障がい者」も、公に使われる「障害者」の表記が対象になっている
この点でも類似性があるだろ

>有害性の大きさをを相対的に主張してるんだ。

だから何の意味があるのかって
そもそも上に示したように、どちらも企業や官公庁や教育現場や場合によっては個人の言論まで及び得るのに
影響範囲が日本全国という点でも共通しているのに、どこに有意差があるのやら

お前は有意差があって欲しいのだろうけどな
さっきも言ったけど、目糞鼻糞だから

>で、お前は俺の主張を無視して並行性。

お前が全く有意差を示せてないからな
お前が有意差だと言い張る部分も一行目に記したように、レスによってブレている


604 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 08:42:01.74 ID: PHG0sEEh0
>>594
※官僚もノリノリで総動員体制構築


605 名前: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 08:44:33.79 ID: bQW6QD9A0
東電 原発で日本は豊かになる
軍部 大東亜共栄圏でアジアは豊かになる

アホ国民が同じパターンに乗って大災難だわ


606 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 08:44:50.72 ID: BskuMwFR0
日本の10倍の国力のロシアに勝ってないのに勝ったと勘違いさせられたしした世論が
進軍を止めなかった、今でもロシアに恨まれててスキがあればやられるかもの損失の方が大きい


607 名前: 名無しさん@涙目です。(内モンゴル自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 08:45:01.20 ID: EFP292o0O
クソ新聞が煽った


608 名前: 名無しさん@涙目です。(奈良県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 08:46:31.73 ID: cVoiPZwM0
ペンは剣よりも強しとは言うが
実際にはペンにより人は剣を取るのであった


609 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 08:47:33.25 ID: Q9zJC06t0
>>608
剣を手にしてペンを持ってる奴を脅すのが一番効果的ってこった


610 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 08:49:26.65 ID: h8iHopRr0
マスコミと国民
民主党の政権奪取と同じ


611 名前: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 08:50:05.01 ID: 8EzDjTNR0
領土的野心と侵略支配が目的
アジア開放なんて建前だろうが


高卒でもわかるレベル


612 名前: 名無しさん@涙目です。(埼玉県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 08:57:25.91 ID: EZ5a3JJx0
>>611
当時の上層部は、まさに黄色い白人だからな。

日本人は、今でも東南アジアなんて土人と馬鹿にしてるし。


613 名前: 名無しさん@涙目です。(静岡県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 08:58:32.24 ID: WrXFaP3k0
書こうと思ったら>>610が言ってた、それに尽きる


614 名前: 名無しさん@涙目です。(中部地方) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 09:05:00.80 ID: pTp5lqMO0
>>11
それそれ


615 名前: 名無しさん@涙目です。(岐阜県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 09:08:16.42 ID: uFeNYv6m0
今回もわかりやすい責任者だけ責任を
取らされて幕引きな悪寒


616 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 09:11:05.02 ID: xEwptsP/0
マスコミと財閥、一部の陸軍将校の責任。

戦争に関しては変な本より、水木の漫画のほうが詳しい


617 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 09:20:02.00 ID: wgtLceKP0
日本は明治以降東京を日本の中心とし、国民はみな天皇の子どもとした

各農村の長は議会に出席、もしくは議員と強い関係を持っていた

愛国的思想が中央から農村へ広がり、農民レベルで洗脳される

日清、日露、米国との中国でのいざこざの際に幣原外交の甘さを国民から批判される

下からの愛国フィードバックが抑えられず、軍部すらファシズムに傾倒する

中国でのアメリカとの利権争いでの緊張が頂点に達し、勝てない戦争を始める

中央政府は完全に国民総玉砕の覚悟を決めるしか国民を抑えられず、戦いは長引き、いたずらに死者を増やす


要するに国民の民意が反映された結果だったのだよ 太平洋戦争の結末は


618 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: sega 投稿日: 2011/04/12(火) 09:22:16.52 ID: 9xzh50EP0
>>611-612










619 名前: 名無しさん@涙目です。(西日本) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 09:30:19.36 ID: QP0oev8K0
>>11
軍部が官僚に代わるだけで、いつの時代の話?って事になるな


620 名前: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 09:30:44.96 ID: FkrGCZay0
軍部が「統帥権の独立」を盾にとって暴走したというのも史実と違う。日中戦争が始まったあとも、
参謀本部は早期に和平を結ぼうとしたが、近衛首相を初めとする内閣が主戦論で、「国民政府を
対手とせず」という声明を出して泥沼に突入した。それは政治家が戦争の拡大を求める世論の
「空気」に迎合したからだ。


621 名前: 名無しさん@涙目です。(富山県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 09:30:45.34 ID: g9LQtb7S0
ウルトラお笑いクイズで喩えると、現状は春一番が
「我々はまた負けてしまいました、1、2、3、ダァーッ!」っていうレベル。
さんざん「何故負けたのか」を検証してきたハズなのに
どうしてどうしてこうなるの?


622 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 09:32:19.53 ID: AFTh6ZXT0
国民だって図書館焼き討ちしたり、十分戦争に乗り気だったじゃん。


623 名前: 名無しさん@涙目です。(千葉県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 09:33:53.89 ID: 4Y8SFnfd0
結局、原発問題とかみてると今も昔もかわらず
馬鹿な国民が後押ししてるよなw
足の引っ張り合いしてる日本人らしいよ


624 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 09:34:17.11 ID: uP5F5Uec0
>>619
軍部が官僚に代わるというか、軍人が悪い意味で官僚化していたって感じだろうか
「軍部の暴走」なるものに含まれる要素としては、まぁ11と殆ど重複しちゃうんだけど、

・官僚化した軍人の、利権を求めた独断性
・法制度の不備
・法制度の不備を政局に利用した政治家
・政党政治の機能不全
・責任たらいまわし体質

などが内包されている
その外堀にあるのがマスコミの煽りとか、煽られ国民とか
だからお前の言うとおりかなり普遍的な問題を孕んでいるんだけど、
長い間軍隊という組織それだけに原因を求めていたからな
だから軍部の暴走を立体的に見ることが出来ず、よって普遍的な教訓を得ようとはしなかった
東条英機が独裁者とか、ありえないキャラ設定したり


625 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 09:35:42.72 ID: wgtLceKP0
>>623
日本は外交ダメダメだから、先手がうてないでいつも後手になる。
実は日本に本当に必要なのはCIAのような諜報機関。


626 名前: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 09:39:38.13 ID: 8EzDjTNR0
何が出てくるかと思えばようつべの映像とか

信憑性のかけらもないわ。論ずるに値しない
根底から覆せる論理をもって出直して来い


627 名前: 名無しさん@涙目です。(熊本県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 09:41:24.98 ID: ZLf/3gm50
領土的野心はレーベンスラウムを求めての事だろ


628 名前: 名無しさん@涙目です。(宮城県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 09:42:35.25 ID: jrnDUm+B0
国際社会の空気を読む
ドイツと組まない


これだけで戦争には負けない


629 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 09:45:12.70 ID: TRAn12oQ0
捏造反日左翼歴史家 半藤が昭和史でガン無視してるパール判決書から
半藤を祭り上げる左翼って

パール判事がアメリカと旧連合国の日本への先制攻撃を批判し
て 〔パル判決書 下巻 440あたりから)

もしその国が自国のひいきする交戦国の味方として参加しよう
というのであったら、
その場合国際法は、同国が真正面がら交戦国としてそうするの
であり、中立国としてするのではないとの決定を下すのである


(中略)

一九三八年七月、合衆国は航空機の対日輸出に「モーラル・エ
ムバーゴ(道義的禁輸)」を断行した。

一九三九年七月、バンデンバーグ上院議員の決議案提出後ハル
国務長官は、一九一一年の通商条約は六ヵ月後に期限満了とな
る旨通告した。

一九四〇年の夏、合衆国は輸出にたいする諸種の制限を加えは
じめた。

これらは一方においてはアメリカの軍備計画を強化する意図を
もつものであったが、これと同時に対日輸出の大部分に統制を
加えたのである。


630 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 09:45:28.97 ID: TRAn12oQ0
一九四一年六月、蒋介石将軍は一米人を政治顧問に任命した。

またビルマ・ルートの交通運輸改革のため(幾多の)アメリカ人
が派遣された。

シェンノールト将軍指揮下のアメリカ人飛行士たちは、合衆国
軍隊から退官して中国軍に志願編入することを許された。

一九四一年八月ジョン.マグルーダー代将の統率下に、米国軍
事使節団が中国に派遣された。

一九四一年七月二十六日、合衆国は日本とのいっさいの取引を
政府の統制下におくために、日本人の在米資産を凍結した。

これは経済戦の宣戦布告であり、たしかに中立的な行動ではな
かった。

これと同時に濠州、オランダおよび英国によってとられた経済
的軍事的処置と相まって、これは日本人が名づけたように、正
しく「対日包囲政策」であった。


631 名前: 名無しさん@涙目です。(北海道) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 09:45:38.10 ID: uP5F5Uec0
>>625
諜報機関は必要だけど、やっぱり最後は指導者の判断だな
湾岸戦争の前には、陰謀論抜きで飽くまで公式の歴史に基づくけど、
CIAはイラク軍の配置転換などからフセインがクウェート侵攻を企図しているというレポートを出した
ところがCIA副長官の経験を有するパパブッシュ大統領は、

「軍の行動はそう見えるが、フセインの企図の根拠がない。
第一、クウェート侵攻したらわが国が介入するのは分かっているだろJK」

とし、イラクに対し徹底的に警告することを怠った
一方でフセインはそのアメリカの様子を見て、アメリカは介入しないと思い侵攻
それで湾岸戦争が発生する

似たようなことは、WW2開戦前の独対英仏でもあった
こちらは情報に対する政治家の判断ではなく、WW1後の厭戦気分からヒトラーへの警告を怠ったということだが
ラインラント進駐、ズデーテン地方進駐でも、英仏が譲歩の姿勢を見せたことで、ヒトラーは弱腰だと受け取った
一方でヒトラーは、チェンバレンと交代したチャーチル首相の考えを読み誤り、イギリスが徹底抗戦に出ないと判断してしまった


632 名前: 名無しさん@涙目です。(埼玉県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 09:51:52.68 ID: 3HWuw+Je0
軍部は帷幄上奏権と現役武官大臣制を持っていたから、陸海軍大臣の辞任を直接天皇に言う事が出来、
後任を現役武官制度を盾に、内閣を潰すことが出来たわけだ
犬養が消えてから、首相には元老と首相経験者による重臣会議によって指名されていたが、
二・二六、日中戦争までは衆議院の第一党に配慮した組閣が出来た
ところがそれを過ぎると、もうすっかり政治家首相は親軍シンパしか重用されなくなり
(親軍であれば強硬派をなだめる事が出来るとの考えから)
首相指名は陸軍の力を抑えられる者をという観点から選ばれるようになった。
阿部や東條、小磯はその例だが、東條を除いては予備役だったために陸軍に疎まれて、潰されている。


633 名前: 名無しさん@涙目です。(東海・関東) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 10:18:07.52 ID: kgyoMiNYO
明治維新から間違いがあるから虚しい
参考にするのはドイツではなくイギリスオンリー
にし純粋な海洋貿易国家にしてれば良かった
内省をドイツから外交をイギリスから学びでは
国の基礎からして滅茶苦茶


634 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 10:36:00.48 ID: Km8+uJa80
関東軍=東京電力


635 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 10:37:41.17 ID: ZbK4SS7x0
>>2
治安維持法で一部の反対的な国民を弾圧して回ってるのに
国民のせいにするのはどうか

軍部と国民の関係は有機的だろう


636 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 10:49:27.70 ID: qrBFXuBR0
暴走なんて言うほど猛々しいもんじゃない気が


637 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 10:56:14.07 ID: ZbK4SS7x0
>>633
イギリスは言論の自由あるし多民族国家だし、
日本人の気質から無理じゃねーの
内省はドイツでよかったと思うわ


638 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 11:02:30.14 ID: x2PbwRyti
>>1
>しかし国民が戦勝に熱狂したため、軍部はその事実を秘密にし、戦史は80年代まで皇居に所蔵されていた。

亡く亡くなったじーさんの一番上の兄が、日露戦争で亡くなっていて、地元の村では誉れだったらしい。
大量の戦死者を英雄として褒め讃え、国民を煽ったのは政府。
提灯行列とか、色々とイベントも頑張ったらしい。
原発は安全です。
と同じで、政府や軍部も、勝った勝ったと煽っているうちにそれが建前になり、
塹壕戦対策とか、反省・改善が出来なかった。


639 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 11:04:54.77 ID: x2PbwRyti
>>636
今の政治と同じでなし崩しって感じね。
で、言い訳を後で考える。


640 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 11:11:50.95 ID: x2PbwRyti
>>633
明治政府の内部は薩摩・長州閥を中心に勢力争いがあり、その中で参考にする国も色々と争いがあったのてわはないかと思います。


641 名前: 名無しさん@涙目です。(東日本) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 12:49:55.00 ID: QyTpbYfR0
興味深い話題だな


642 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 14:38:20.18 ID: xd0QOA3mP
>>19
正解
全ては財閥の利権確保のため


643 名前: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 14:40:20.70 ID: 7TW+/8Za0
何人の中国人殺したの?おかしたの?


644 名前: 忍法帖【Lv=1,xxxP】 (関西・北陸) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 14:45:11.81 ID: y3Enrb7uO
精神論者はほぼ黒


645 名前: 名無しさん@涙目です。(埼玉県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 14:59:20.17 ID: srMRmBFtP
>>19
その理屈、植民地作った列強すべてに当てはまりそう


646 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 15:33:20.32 ID: OTCq4ZRP0
>>19
アメリカの占領政策は、日本をアメリカの市場にすることに大きな力点があったことを忘れちゃなんね


647 名前: 忍法帖【Lv=5,xxxP】 (東京都) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 15:43:18.60 ID: 7ztyMoG/0
こんなんも速報するのか(ーー;


648 名前: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 17:04:27.68 ID: QSrcpGYj0
あげ


649 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 17:07:08.54 ID: EAc9q8mCP
>>10
ネトウヨなんているようで居ないようなもんなんだから、それ以上に力のある者が暴走したんだよ


650 名前: 名無しさん@涙目です。(埼玉県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 17:17:42.34 ID: kv0AbJPf0
軍部の暴走ってのは聞いたことあるな。北方のロシアに力を入れたい政府と南方の東南アジア方面に進みたい軍部で衝突があったとか。
大東亜戦争でも軍部はすぐに中国大陸の領土を広げたがって政府の定めた上海までの境界線を勝手に超えて南京まで進んでしまった。
政府は軍が強気になると政府そのものの権限のなさを露呈し、天皇の目を気にしながら自身の責任を恐れ結局軍に追随する形で政府主導に見せるしかなかった。


651 名前: 名無しさん@涙目です。(山梨県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 17:40:09.47 ID: xbgRSlo90
考えてみればなんでも空気読み合って決める国なんだから
独裁とか暴走なんてあり得ないわな。


652 名前: 名無しさん@涙目です。(埼玉県) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 18:51:07.56 ID: srMRmBFtP
>>611
この手の薄ぺらい見方から、いい加減卒業しないと。
東大が当たり前の頭脳集団が、戦後の高卒に理解できるような目的で行動起こさないって


653 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 19:11:58.71 ID: VnERE+pZ0
>>585
アメリカの州になれば議論も決断も迅速になるぜ


654 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 19:13:38.42 ID: QLnGmFfw0
>>652
個人としては優秀でも集団になると不条理な選択をしてしまうのが日本人の宿痾だろ


655 名前: 名無しさん@涙目です。(愛知県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 19:25:40.05 ID: A5ohm1M90
太平洋戦争もそうだが
それより秀吉の朝鮮出兵のほうが主体性のない無謀な戦争じゃね?
近代以前のマトモに産業がない百姓天国日本が当時世界屈指の大明帝国相手に戦うとか・・・


656 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 19:31:25.60 ID: 4eg7SmBK0
ヒミコガー
テンシサマガー
ヘイケガー
ゲンジガー
ノブナガガー
ヒデヨシガー
ミツナリガー
イエヤスガー
サツチョウガー
グンブガー
ヤクニンガー
ジミントウガー
ミンシュトウガー

次は誰のせいにすれば良いんだ?


657 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 19:40:51.85 ID: QLnGmFfw0
>>656
15点


658 名前: 名無しさん@涙目です。(関東) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 19:47:05.79 ID: +U0zYu4bO
>>652
第二次大戦ネタ自体薄っぺらい
もうこの第二次大戦ネタを風化させるべき、卒業すべきというのが妥当だろ
体験してないくせに議論したって仕方ない
前世紀の終わコン

いつまでやるの?
いつまで過去を引きずるの?
659 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 19:50:58.52 ID: gY2L7nxP0
国民がバカだった
日清日露の戦勝に酔って日本の能力を過大評価していた


660 名前: 名無しさん@涙目です。(長屋) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 19:52:54.52 ID: QLnGmFfw0
>>658
今のトレンドは第一次世界大戦だな


661 名前: 名無しさん@涙目です。(岩手県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 19:58:28.07 ID: aC1CyBhE0
民主党見てると何の違和感もないんだが


662 名前: 名無しさん@涙目です。(dion軍) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 20:04:25.04 ID: VixZC0dg0
>>658
学校教育から中国韓国まで永遠に引きずってやろうとしてるからな


663 名前: 名無しさん@涙目です。(中部地方) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 20:06:14.09 ID: pTp5lqMO0
>>659
違うわ池沼
>>661
お前も違う


664 名前: 名無しさん@涙目です。(東京都) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 20:34:30.15 ID: uciDgufT0
>>655
唐入りのがよっぽど現実的だったわ
西で中国、南でイギリス&フランス、東でアメリカを単独で同時にとか無理ゲー過ぎる


665 名前: 名無しさん@涙目です。(関東・甲信越) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 20:35:09.30 ID: hWR2HsTBO
癒着マフィア国家ソ連の特権階級がチェルノブイリを引き起こし
日本社会主義国の癒着特権階級がフクシマを引き起こした。
マズゴミに国民を民度を育てる気概がなく煽りまくり
冷徹な日米総力戦の戦力比較すら新聞に載せて論ずることもできず。
戦争を煽りまくった軍産複合体と癒着した朝日新聞の罪


666 名前: 名無しさん@涙目です。(catv?) Mail: sage 投稿日: 2011/04/12(火) 20:37:13.72 ID: VskHiusHP ?PLT(13011)

軍部って東電そのまんまだよな。


667 名前: 名無しさん@涙目です。(京都府) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 20:42:15.41 ID: EzMbNuKr0
>このように大局的戦略がなく、空気に押されてずるずると状況的に意思決定が行なわれる日本的組織の
>欠陥は、現在の原発事故の処理をめぐる迷走にも受け継がれている

完全に同意


668 名前: 名無しさん@涙目です。(山陰地方) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 21:39:03.17 ID: nIEqOMbi0
週刊アスキーの神足のコラムで、旧軍の軍服を扱ってる業者のインタビューがあったが
士官向けの夏冬一式は、当時の価格で家買えるくらいスゲー高いの
だから保存が良ければ今でも十分着られる

つまり服にそれだけつっこんでもあとでいくらでもおつりが来るくらい、当時の軍隊家業は
うま味があったって事なんだよ。
いったん前に進んだら後退は出来なかったんだよね。


669 名前: 名無しさん@涙目です。(埼玉県) Mail: 投稿日: 2011/04/12(火) 22:29:05.05 ID: 3HWuw+Je0
>>658
今の日本が敗戦から始まったから、
日本の枠組みが変わらない限りいつまでも論じられるんじゃないか?



あの戦争と日本人あの戦争と日本人
(2011/01)
半藤 一利

商品詳細を見る






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

PR1
PR2
PR3
PR4
プロフィール

Dr.TUN

Author:Dr.TUN
主に科学ニュース+を

月別アーカイブ
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
889位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
84位
アクセスランキングを見る>>
PR5






無料・レンタル・掲示板
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。