スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【医学】ロマン派音楽の巨匠ショパンが見た幻覚 原因はてんかん 研究結果



科学ニュース+

1 名前: 白夜φ ★ Mail: sage 投稿日: 2011/01/25(火) 23:26:27 ID: ???
ショパンが見た幻覚、原因はてんかん 研究結果
2011年01月25日 20:48 発信地:パリ/フランス

【1月25日 AFP】ロマン派音楽の巨匠、フレデリック・ショパン(Frederic Chopin)。
愁いを帯びた青白い顔、死について思い悩む姿、現実世界の拒絶は恋人で作家の
ジョルジュ・サンド(George Sand)の描写でもおなじみだ。
時々身の毛もよだつ幻影に苦しめられていたとも記されている。

だが、このような症状は芸術家のロマンチックな苦悩から生じたのではなく、身体的疾患に
原因があったとする論文を、スペインの2人の神経学者が24日の英国医師会
(British Medical Association、BMA)の医学誌「Medical Humanities」に発表した。

■しばしば「夢を見ているような気分に」

スペイン北西部ルーゴ(Lugo)にあるセラル・カルデ(Xeral-Calde)病院の
マヌエル・バスケス・カルンチョ(Manuel Vazquez Caruncho)氏と
フランシスコ・ブラナス・フェルナンデス(Francisco Branas Fernandez)氏は、
ショパンが書いた手紙や言い伝えなどを丹念に検討した。

ショパンは1848年、英マンチェスター(Manchester)でのコンサートで、ピアノを弾いていた
最中に突然部屋を飛び出し、しばらくしてから戻って続きを弾いたと言われている。

また、ジョルジュ・サンドの娘に宛てた手紙で、「ピアノの中から呪われた生き物が出てきた。
恐ろしかったよ」と書き記していた。ジョルジュ・サンドとショパンの教え子の1人は、
「ショパンは時たま何かの発作に襲われた。大きく目を見開き、髪の毛は文字通り逆立っていた」
と証言している。

ショパン本人も、自分はしばしば「空想世界」に入り込み、夢を見ているような気分になると告白している。

■「側頭葉てんかん」だった?

カルンチョ氏らは精神医学の見地から、考えられる疾患を絞り込んでいった。
まず、幻聴の症状が無いことから、統合失調症ではないと判断された。

幻覚が数秒から数分と短時間であることから、通常30分程度の幻覚を伴う重い片頭痛の
可能性も排除された。頭痛はないが幻覚を伴うタイプの片頭痛もあるが、これは50歳以上で
典型的に見られる症状で、ショパンは呼吸器疾患によって39歳の若さで亡くなっている。

視覚障害を伴うシャルル・ボネ症候群(Charles Bonnet syndrome)についても、ショパンが
目を患っていたことを示す証拠はないため、除外された。

ショパンはいくつかの身体的問題を緩和するためアヘンを服用していた。
だが、彼の幻覚は、アヘンによる幻覚とは種類の異なるものだった。
さらに、幻覚はアヘンを服用する何年も前から経験していた。

以上から、「側頭葉てんかん」の可能性が浮上した。
症状は、まさにショパンが経験したような短時間の幻覚で、夢の中で周囲の世界と遮断
されていくような感覚を味わう。このような感覚はジャメヴ(未視感)とも呼ばれる。ただし、
ショパンが急に眠気に襲われたり、意識がなくなったという記述は見当たらない。

カルンチョ氏らは、ショパンの時代、てんかんについてはほとんど知られておらず、
てんかんの可能性が医師に見過ごされていた可能性があると指摘する。

なお、2人はてんかんという結論は「あくまでも推論」としながらも、
「ロマンチックに描かれた伝説的人物から真実を切り離し、ショパンとその人生をより良く
理解するための新たな光明をもたらした」と自負している。(c)AFP
----------------------------------
▽記事引用元 AFPBBNews
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2783371/6725366


2 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/01/25(火) 23:40:32 ID: 2M1mcyiJ
自動車がない時代でよかった。


3 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/01/25(火) 23:41:06 ID: 4rSwePlJ
トラスティベル禁止


4 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/01/26(水) 00:19:10 ID: Moq6iSxa
チャイコフスキーもてんかん持ちの家系だったそうな。
ある本にはモーツァルトに関しても同様のことが書かれている。


5 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/01/26(水) 04:40:16 ID: WqtfsOS+
脳梁切断


6 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/01/26(水) 16:21:41 ID: hGDammsg
ピアノの 司忍


7 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/01/26(水) 16:28:23 ID: ddwGsxDe
もしかすると、左右の手でピアノを弾く訓練を遣りすぎると、
脳の中でそのために使われる領域が普通の人間とは違った
ものになり、神経や精神の異常を引き起こすという可能性は
ないか?


8 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/01/26(水) 16:53:58 ID: +moe04fW
写真の目つき悪かったのは病気が悪化してたからなのか


9 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/01/26(水) 16:56:29 ID: GldOWi67
中世の女性神学者、ビンゲンのヒルデガルトは神のお告げを度々見たと言うが、
現代医学的には偏頭痛によって見える閃輝暗点と解釈できるそうな

ルターが聖書のドイツ語翻訳中に見たという悪魔も似たような幻覚かも


10 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/01/26(水) 22:58:03 ID: gEA9QNfF
魂無き者たちよ






11 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/01/27(木) 14:03:47 ID: 03/D7DB6
音楽が得意で良かったね
モーツァルト、ベートーベン、ワーグナーあたりも現代なら池沼認定。


12 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/01/27(木) 14:47:23 ID: XYTa+nBG
>>11
現代って最悪の時代なんだな。
個性が単なる病気や池沼として切り捨てられる。


13 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/01/27(木) 15:08:27 ID: v9LDPFju
>>11
カエレ


14 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/01/27(木) 15:18:30 ID: Bfcfre/v
>>12
コミケやアキバといった受け皿が用意されてるからいいんじゃね?


15 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/01/27(木) 15:27:31 ID: oWmk/fSS
>>11
モーツァルトは今ならお騒がせ芸能人枠に入るんじゃないの
ワーグナーもいい金ヅル掴めばえげつなくやって行きそうだし
ベートーベンも、偏屈なアーティストなんか今でもよくいるんだから何とかなるんじゃない

昔の芸術家だってパトロンに気に入られてナンボだったんだから
それなりに世渡りできるでしょ


16 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/01/27(木) 16:19:26 ID: 1MuFYTYl
また死んだ偉人の「側頭葉てんかん」説か、流行ってるの?


17 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/01/27(木) 17:51:16 ID: XYTa+nBG
宗教的体験や芸術的感興が説明できるから脳科学者が重宝している>側頭葉てんかん説
あと、欧米では科学に横槍いれてくる宗教に手を焼いてるって背景があるから
こういう事柄への執着は、俺らには理解できない面がある。


18 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/01/27(木) 20:36:09 ID: jEiPk5o7
呼吸器疾患と書いてあるが、シューベルトは梅毒で死んだんじゃなかったっけ。


19 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/01/28(金) 02:44:06 ID: grjtdGtI
>>18
ショパンの死因は肺結核、シューベルトの死因は腸チフス。
ただしシューベルトが腸チフス発症前から梅毒で全身状態がひどく悪化していたのは事実。


20 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/01/28(金) 13:21:40 ID: EpNo+Mqc
>>18
ショパンとシューベルトを間違えた小学生晒しage


21 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/01/28(金) 13:31:04 ID: PcEDH6wK
パスカルも急に信仰に傾いたのは、そういうことだったのかな。
ジャンヌダルクもか。
バッハはどうだったのだろうか。


22 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/01/28(金) 16:25:48 ID: Kk+FV9fa
昔、てんかんは聖なる病気と呼ばれていたし


23 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/01/28(金) 17:55:22 ID: hhYBC4py
>>20
ショパンとシューベルト
オーストリアとオーストラリア
アイルランドとアイスランド

低学歴には区別の難しい単語だな。


24 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/01/29(土) 11:31:54 ID: xw+7g62J
>>23
アインシュタインとフランケンシュタイン
も加えといて。


25 名前: sage Mail: 投稿日: 2011/01/29(土) 12:09:12 ID: sV5RVt0m
>>7
するどい。
こういう考えを読みたいから、2ちゃんに来てる。


26 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/01/29(土) 17:58:37 ID: LAMUdqKb
テンポを精密に刻んで、指を制御するということは、規則的な時間差を
伴うニューロンの発火を行う訓練や作業を常時しているということであるから、
そのための制御回路が、脳に規則的な周回する興奮状態を引きおこす
病気であるテンカンを招くようになりやすいとは考えられないだろうか?


27 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/01/31(月) 00:56:27 ID: deo1UbKA
グラスハープシコードという楽器があるが、あれは回転するガラスの
円盤に指を当てて摩擦でガラス板が非常に澄んだ音を出すという楽器。
ところが、これの演奏者は精神に負担が掛かりすぎるためか、
病気になりやすいとされる。


28 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/01/31(月) 18:17:52 ID: PdWCiLXH
>>17
のわりにヘビに対する恐れに生物学者や心理学者が異常に拘ったりしてて
あれもキリスト教文化圏にない自分には理解しがたい


29 名前: ホットカルピス(;´Д`)ハアハア ◆K10/fC0Uio Mail: 投稿日: 2011/02/23(水) 04:25:31.36 ID: HTvUI5O7

     ∧_∧
    ( ;´Д`) ̄"⌒ヽハァハァ    トラスティベルはクソゲーだったですねw
   / ) ヽ' /    、 ヽ           
  /  --‐ '      〉  '.        
  !   、   ヾ   /   }          
  !  ノヽ、_, '``/   ,/           
  |   ̄`ー-`ヽ_/ ̄ ̄ ̄ ̄/    
 ̄ ヽ、__,,.二つ /  FMV  / ̄ ̄   
         \/____/


30 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/02/23(水) 05:22:21.09 ID: u6B8Qxle
>>7
でもそれなら演奏の専門家はもっとてんかん性の疾患になりそうなものだけど
そういう話はあまり聞かないな。
それにピアニストって平均的には長生きだぞ。
ホルショフスキーなんか100歳寸前までコンサート開いてた


31 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/02/23(水) 16:17:01.05 ID: 1/nJ8DvW
まあ音楽から判断するなら、ショパンの感じた愁いとか、死について思い悩む
姿とか、現実世界の拒絶といったところで、ありきたりのものじゃないのか。
じゃなければあんなふうに通俗の中に超越を含ませた音楽は生み出せないだろ。
ガリレオが感じたという地球が動いているという意識などとは違って、たんに
四谷怪談を観た夜、小岩さんの亡霊に悩まされるといったたぐいの恐れに似た
愁い、恐怖、現実に対する拒否反応にすぎないもののような気がするな。それ
はそれ自体として突如襲ってくる愁いなどではなく、たとえば金が無いという
事実の延長上に位置するような愁いだろうな。病気なんかじゃなくて、たんに
お坊ちゃん気質から来るもんだったんじゃないのか。ショパンとはつきあいが
ないので、あまりはっきりしたことは言えないが。ほんと言って、あまり好き
じゃないんだ、あの男。


32 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/03/17(木) 21:23:12.51 ID: /crDxUA1
http://www.youtube.com/user/SHUHEI2110


33 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/03/17(木) 22:26:54.14 ID: 9IWfLQ9k
南方熊楠もてんかんだったんだよな


34 名前: 名無しのひみつ Mail: sage 投稿日: 2011/03/18(金) 15:27:29.05 ID: RQVZhgeN
神経経路が多くの人とはことなるからてんかんになることもあれば、芸術的素養=普通ではない、となるんじゃないのかな


35 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/03/19(土) 14:37:29.74 ID: 6+HC1X/I
アレキサンドロス大王もてんかんだったらしい


36 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2011/03/19(土) 21:07:43.87 ID: FxMws8jt
麻薬かニガヨモギの酒に中毒してたんじゃね?






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

PR1
PR2
PR3
PR4
プロフィール

Dr.TUN

Author:Dr.TUN
主に科学ニュース+を

月別アーカイブ
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
817位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
77位
アクセスランキングを見る>>
PR5






無料・レンタル・掲示板
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。