スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/26産経抄ファンクラブ






産経抄ファンクラブ 5月26日

611 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/26(木) 06:25:38.00 ID: 3bd53sBKP
産経抄                                  5月26日
「俺は浮気はしない」。さだまさしさんの『関白宣言』で、新郎が新婦に威勢
よく宣言する。もっとも、たちまち腰が砕けてしまう。「たぶん」「しないんじゃ
ないかな」「ま、ちょっと」…。
▼原子力安全委員会の班目(まだらめ)春樹委員長の発言訂正が続いて
いる。震災翌日、東京電力福島第1原発1号機への海水注入をめぐって、
菅直人首相にどんなアドバイスをしたのか。当初の政府発表では「再臨界
の可能性がある」と発言したとされていた。
▼これに班目氏が反発し、「可能性はゼロではない」と訂正した。ところが
24日の衆院特別委員会では、「『事実上のゼロ』という意味だ」と語ってい
る。海水注入の中断にかかわったとの見方を否定したいようだ。
▼それはさておき、「ゼロ」との言い切り方に違和感を覚える。『関白宣言』
の歌詞にあるように、人生、いや世の中では、どんな変事も起こりうる。
1000年に1度の「東日本大震災」と、「想定外」の原発事故に遭遇して、
思い知ったばかりだ。
▼残念ながら、冤罪(えんざい)事件もゼロではない。昭和42年に起きた
「布川事件」で水戸地裁土浦支部は、無期懲役の判決が確定していた2人
に対し、強盗殺人について無罪を言い渡した。戦後に死刑か無期懲役が
確定し、再審無罪となった事件では、7件目となる。
▼判決では、捜査の不備を厳しく指摘している。もちろん、再発防止のた
めに司法界全体が猛省すべきだ。その上で人が人を裁く過程で、誤りが
ゼロにはなり得ない、と覚悟すべきだろう。日本は再審へのハードルが
高すぎるといわれる。冤罪の可能性が出てきた時点で、救済の手立てが
なかったのか。事件発生から44年の歳月はあまりにも長すぎる。


612 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/26(木) 06:34:08.23 ID: 3bd53sBKP
>>611
なんかいろいろダメダメだろ。
まず「ゼロの割り切り」がダメなら、再臨界という最悪の事態を避けるために
慎重を期したことは、正当な判断である、ってことになる。これはむしろ菅
擁護の論理だ。
それに地震・津波と、それによって引き起こされた原発事故は「想定内」で
あったことは、調査で明らかになりつつある。意図的に「想定しなかった」
だけだ。
次に、前半部の後半部がつながってない。後半部を話の引き合いにだして、
前半部につなげると思いきや、ただ話を並べてみた、ってだけだ。
その中の話にしても、司法は「長期にわたり判断を誤った」って落ち度で
しかない。でっちあげに近い取調べがあったというなら、その責任を問わ
れるのは、行政(警察・検察)。チェックのための法整備が遅れているとい
うなら、その責任を負うのは立法。橋下じゃないんだから、司法は自分た
ちの権限の範囲ってものをわきまえてる。法令にないことはしないよ。


613 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/26(木) 07:00:33.84 ID: AAGQyVSY0
>>590
選挙をやっていないという意味では、福田政権もアウト、という事に
なりかねん


614 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/26(木) 07:12:19.95 ID: AAGQyVSY0
早くも明日の産経抄のネタが決まった

説明責任果たせず 菅首相OECD演説
2011.5.26 02:06
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110526/plc11052602090005-n1.htm

ちょうど今聴いてるTBSラジオでは「イチャモン」と言われてしまいました。


615 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/26(木) 08:54:35.11 ID: 5i1NQMU40
捜査するのって司法界?


616 名前: 文責・名無しさん Mail: 投稿日: 2011/05/26(木) 09:08:28.66 ID: MU4SCkto0
http://mainichi.jp/select/today/news/20110526k0000m010137000c.html
自民党:派閥排除、首相経験者公認せず…党改革案の素案

>首相経験者に対しては次期衆院選で公認・推薦しない事実上の「引退勧告」を行うことも検討する。
安倍ちゃん大好き産経が火病を起こしそうだw




続きを読む

スポンサーサイト

5/25産経抄ファンクラブ






産経抄ファンクラブ 5月25日

558 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/25(水) 05:55:59.16 ID: kQ+UUchbP
産経抄                                    5月25日
ポーツマスでの日露戦争講和会議のため米国入りした外相、小村寿太郎の
一行はシアトルから汽車で米大陸を横断した。途中、山林地帯の駅に止まる
と、線路ぎわに日本人らしい男5人が立っている。手には急ごしらえの日の丸
を持っていた。
▼展望台に出た小村が尋ねると十数キロ離れた森林で働く日本人だった。
国運をかけた交渉に赴く小村を見送りたいと夜通し歩いてきたらしい。小村
が「よく来てくれた」と声をかけると男たちの頬を熱涙が伝い、小村も目に涙
を浮かべたという。
▼外相秘書官だった本多熊太郎が著書などに書き残したエピソードで、明治
38年7月のことだ。日本は戦争で勝ったとはいえ戦う余力はなく、講和次第
ではまだ国難が待ち受けている。そんな中、交渉に向かう小村の緊迫感と国
を憂える国民の思いが交差する感動の話である。
▼106年後の昨日菅直人首相はサミット出席のためフランスに出発した。大
震災後、初めて先進国の首脳と一堂に会する。当然、原発事故を受けてのエ
ネルギー政策などが大きなテーマになる。日本にとっては国際的信頼を取り
戻せるかどうか、国運をかけた会議が待っている。
▼長期的ビジョンを示すのではなく、軽々に「脱原発」の姿勢を見せるのでは、
信頼はガタ落ちとなる。先進国から仲間はずれにされる恐れは大きい。それ
だけに首相にとって、国難に立ち向かうためポーツマスに旅だった小村の心
境であってしかるべきだ。
▼だが首相にそれだけの覚悟は見てとれない。出発前の国会審議でも、原
発事故に対する責任逃れや政権維持への思惑ばかり目立った。これでは日
の丸を持って山道をかけつけた明治の男たちの心境にはとてもなれない。


559 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/25(水) 06:00:24.03 ID: kQ+UUchbP
>>558
おじいさん、その話は以前にも聞きましたよ。
で、薄氷の軍事的勝利を外交的勝利に結びつけた小村を、状況認識
できなかったバカウヨどもが「売国奴」とののしったんですよね?

脱原発が軽々って、福島浜通りを犠牲にしただけでも、まだ足りな
いのか? 「代替はともかく、もうたくさんだ」と思うのが、普通の
感覚だと思うが。
保守ってのは、日本の国土や自然を愛してるもんだと思ったが、産
経に関して言えば、日本の国土 <<< 原発、なんだな。


560 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/25(水) 06:05:51.16 ID: WzPgFPzD0
>>533
こういう、人に着せた罪を恒久化することにやたらと血眼になる人って、
誰よりも激しくホロコースト的な衝動に苛まれてる人なんだろうね。
何がそこまで恨めしいのか心配になるよ。


561 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/25(水) 06:09:55.25 ID: ip0kSa8F0
>>560
日本が犯した罪を水に流すのなら、白人たちの植民地と帝国主義の歴史も問えなくなるんだよ、ボーヤ。


562 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/25(水) 06:11:24.44 ID: ip0kSa8F0
つーか、「罪を水に流す」「過去を忘れる」という態度は
日本の保守派の間だけで通用する常識に過ぎないと思うんだ。


563 名前: 文責・名無しさん Mail: 投稿日: 2011/05/25(水) 06:27:36.45 ID: Ueoxyq3x0
>信頼はガタ落ち
軽々に「原発推進」の姿勢を見せたらもっと信頼はガタ落ちとなる。メルケルに
してみたら日本のせいで政策変更を余儀なくされたわけだからな。つか、原子炉が
ほとんど制御不能に陥った時点で日本の信頼なんてすでにガタ落ちだろうよ。





続きを読む

5/24産経抄ファンクラブ






産経抄ファンクラブ 5月24日

508 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/24(火) 06:22:47.31 ID: 3tqh94LH0
5月24日
2011.5.24 03:33
 先月コラムで紹介した『ドイツ産ジョーク集888』(アートダイジェスト)の編著者、
田中紀久子さんのもとには、福島第1原発の事故以来、ドイツの知人からのメールが
相次いだ。どれも「部屋を用意したから、逃げてこい」といった内容ばかり。

▼「制御不能となった原発が大爆発する」。現地では、こんな過剰な報道が広く信じられているらしい。
そのドイツのメルケル首相が、2022年までに脱原発を図る考えを、このほど明らかにした。

▼早速「ドイツに学べ」といった声が上がりそうだが、ちょっと待ってほしい。
チェルノブイリ原発事故後の反原発の機運に乗って、シュレーダー前政権は、脱原発政策を推し進めた。
昨年それを修正したのが、メルケル政権だ。代替エネルギーの普及までには、時間がかかるとの現実的判断だった。

▼今回の再修正は、福島原発事故で再燃した反原発の世論から、政権を守るためにはやむを得ない。
島国の日本と違い、近隣国から電力の輸入が可能という事情もある。脱原発によって、
原発大国フランスへの依存がかえって高まるかもしれない。

▼そういえばかつて、戦争責任の謝罪と補償問題をめぐっても、「ドイツに学べ」との議論があった。
日本とナチス・ドイツ「同罪論」の誤りを正した、評論家の西尾幹二さんらによって決着したはずだが、
まだ残滓(ざんし)があったようだ。震災のドサクサにまぎれて衆議院で可決された日独交流150周年決議のなかにも、
両国の歴史を同列に扱うずさんな記述があった。

▼もちろん、ドイツから学ぶべき点は多々ある。堅苦しいイメージが強いドイツ人だが、田中さんによると、
ユーモアの質はきわめて高いそうだ。


509 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/24(火) 06:26:52.20 ID: Ux/LD6no0
>>508
素晴らしい、素晴らしいよ。
これぞ産経抄だ。

惜しむらくは菅批判が薄いことか


510 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/24(火) 06:42:08.32 ID: 3tqh94LH0
>>509
確かに論旨がわからない。

風評被害払拭に努力しろ、でしめるのかと思ったら、エネルギー政策見直し
に話が飛んで、日独交流150年決議で「日本と独と一緒にするな」な話になって
ラスにドイツにもユーモアの質はある、というコラム。

…抄子の言いたいことは、なんなわけだ?


511 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/24(火) 07:02:55.27 ID: pDTLAXWw0
いやもう
「だが、ちょっと待って欲しい」
が読めただけでおなかいっぱい。


512 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/24(火) 07:05:48.67 ID: 3tqh94LH0
>>501
J-NSC?あれか。

twitterで旭日旗や日の丸アイコンや、ニコニコ動画のロゴマークみたいなのを貼った
アイコンを使って、大震災以来デマをながすことに汲々としてるアイツラですか。


513 名前: 文責・名無しさん Mail: 投稿日: 2011/05/24(火) 07:19:06.37 ID: AInC5Beb0
「部屋を用意したから、逃げてこい」がドイツ人のユーモアって解釈なのかなぁ?
純粋な親切心だと思うけどな。そんなのを馬鹿にしたようなこと書いて恥ずかしく
ないのかね。

>評論家の西尾幹二さんらによって決着
歴史問題に評論家によって決着がついたっていうのも不思議だ。


産経の文章を読んでるとほんとに頭がいたくなる。自分の文章力が
落ちないか心配になる






続きを読む

5/22産経抄ファンクラブ






産経抄ファンクラブ 5月22日

397 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/22(日) 05:59:21.15 ID: 0paEMg1Q0
5月22日
2011.5.22 02:54
 芥川龍之介が大正8年に出した手紙が見つかった、との記事が、きのうの小紙に載っていた。
宛先は、当時大阪毎日新聞の学芸部長を務めていた詩人の薄田泣菫(すすきだ・きゅうきん)だ。
その泣菫が同じころ、「前大統領の嘘」と題したコラムを書いている。

▼題材にしたのは、米国の第27代大統領を務めたウィリアム・タフトだ。体重140キロを超える
巨漢だったという。ある日田舎町での講演を終え、停車場に急いだところ、
あてにしていた急行列車が止まらない。

▼早速、鉄道管理局宛てに「大きな団体客が待っている」と電報を打つ。
やって来た急行列車の列車長が、団体客を探すと、タフトはすまし顔で言った。
「それはワシだ」。「成程(なるほど)大きな図体(ずうたい)は一寸(ちょっと)した
団体客ほどの重みがありさうに思はれた」と泣菫の筆が冴(さ)える。

▼こんな嘘なら笑って済ませても、国家の緊急事態にかかわる嘘となれば見逃すわけにはいかない。
東京電力福島第1原発1号機で震災翌日の3月12日、東電が海水の注入を始めたところ、
菅直人首相の意向によって、約1時間中断していたことがわかった。

▼政府発表では、海水注入は「首相指示」だったはずだ。それに対して東電側が、
「炉が使い物にならなくなる」と抵抗した、と当初報じられた。きのうの読売新聞によれば、
そもそも海水注入は、「東電が実施を決めた」という。政府発表が嘘で、最近の報道が正しければ、
首相は事故収拾を妨害したことになる。

▼もうひとつ、拡散した放射性物質を予測する、システムをめぐる疑惑も気になる。12日未明に官邸に届いた報告は、
住民避難には活用されず、首相の視察のためだけに使われたのではないか。政府は否定しているが、事実を知りたい。


398 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/22(日) 06:03:14.64 ID: 0paEMg1Q0
>>397

>>392 で、見出しほどの内容では無くて、批判すべきは斑目氏と総理との意思疎通が
おかしかった、と言うところ

それにしても。産経と読売かぁという感想しか出ないな


399 名前: 文責・名無しさん Mail: 投稿日: 2011/05/22(日) 06:25:16.92 ID: ROwjjYP50
http://www.fujitv.co.jp/fnnnews.html (05/21 18:21)
>統合対策室は、海水の試験注入は現場の判断で行われたとして、菅首相が
>注水を中断させた事実はないとの認識を示した。
事実関係は混乱しているが、仮に中断させたのが事実としてもホウ酸注入のため。
問題があったとすればホウ酸注入の議論がもっと早い段階で出ていなかったこと
だろう。


400 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/22(日) 06:45:17.28 ID: 9s/u9OboP
>>397
「菅の対応がダメだった」と批判するなら「模範解答」を出してみろ、と言って
きたが、さんざん探し回った挙句、ようやく一個だけ見つけてきた、って感
じだな。
ただ「中断」というのは針小棒大のミスリードで、せいぜい「遅れ」だろ。

誰が言った/言わない、の細かい事実関係はともかく、事実関係については、
あらかた明らかになってる。食い違いとか矛盾とか言ってるのは、読解力が
ないだけ。あるいは登場人物が多い(複数の主観があった)から、整理し切れ
てないだけ。新事実が出てくるかもしれないが、現時点での大筋の流れは、

官邸が海水注入の検討を指示 → 会議で検討
         → "平行して"現場が海水注入をテスト(官邸は関知せず)
会議において、誰かが再臨界の危険性を指摘
         → 会議に参加していた社員が本格的実行の待機を支持。
(ホウ酸などの対策により)再臨界の危険性なしと判断し実行を指示
         → 本格注入開始

だろ。官邸のミスというなら、海水注入 → 再臨界という可能性敵には低い
事態を想定・検討に時間をかけすぎて、本格的な海水注入の決定が遅れた、
という点ののみ。それは会議側の責任であって、官邸の責任ではない。試験
的な海水注入という事実は関知していないし、たとえ知っていたとしても、
再臨界という最悪の事態が想定にあがった以上、それを簡単に無視していい
わけでもない。ましてや、安倍辺りが必死に吹聴しているような「首相命令
による中断」なんてのは、「視察によるベントの遅れ」同様悪質なデマの類
だろう。


401 名前: 文責・名無しさん Mail: 投稿日: 2011/05/22(日) 06:47:07.42 ID: ROwjjYP50
>当初報じられた
他人事みたいに書いてるが産経が報じたんじゃねーか。ちゃんと取材して
なかったのかよ?
>拡散した放射性物質を予測する、システム
確かに、SPEEDIは早い段階で避難指示の範囲指定に役立てるべきだった。これは
政府の失策かもしれない。ただし、20㎞の外ならば、被ばく量は多くても2~3ミリ
シーベルトだろう。


402 名前: 文責・名無しさん Mail: 投稿日: 2011/05/22(日) 07:15:55.12 ID: tW2PW27jO
>>397
原発は地震には耐えたとか、微量の放射能は有害どころか体にいいとか書いてた産経がよくこんな記事書けるな。
原発の安全神話が崩壊したことを認めず、原発推進派の太鼓持ちをやり続ける産経は、
さっさとふくいちの事故を終息させてこいよ。
話はそれからだろうが、カス新聞。





続きを読む

5/21産経抄ファンクラブ






産経抄ファンクラブ 5月21日

341 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/21(土) 07:49:43.17 ID: HmO++7ts0
5月21日
2011.5.21 02:57
 戦後30年ほど、大阪のど真ん中に広大ながれきの山が存在していた。大阪城の東側に
あった兵器工場、大阪砲兵工廠(こうしょう)が昭和20年8月、米軍の大空襲で焼け落ちた。
その跡が一部、手つかずで残っていたのだ。
跡地利用が決まらず、不発弾が残っている恐れもあったからだ。

▼20年代や30年代には放置された鉄材や銅材を狙う金属盗が出没、警察との間で
捕物劇をくり返した。現場は西部劇の舞台を思わせたので「アパッチ族」と呼ばれた。
そのたくましい生活力は開高健氏の『日本三文オペラ』などの小説にもなった。

▼戦災のすさまじさの象徴と言えばその通りだ。しかし大阪環状線の電車からも
コンクリートの残骸が見え、雑草が茂るその景色は異様だった。今では公園やビル街に
変貌しているが、大阪の都市開発のネックの一つになっていたのも事実である。

▼今回の大震災がもたらしたがれきは、建物や家財だけでも阪神大震災のざっと1・7倍、
約2500万トンと試算される。車や船を加えるとさらに膨らむという。復興に当たって
大きな障害と指摘されてきたが、ほとんどはまだ手つかずのままだ。

▼こちらは魔物のような大津波の爪痕である。ボランティアなどで被災地を訪れる人は、
その山を見て人生観、自然観が変わる思いがする。被災した人々にとっては、
日々トラウマが大きくなる。そのこともまた、一刻も早く取り除かねばならない理由だ。

▼政府の緊急災害対策本部は、避難所や居住地近くのがれきを8月末までに撤去する方針だという。
その通りにできても3カ月以上かかる。損壊した家の持ち主の了承など難問は多い。
だが間違っても、何年もそのままにすることがあってはならない。


342 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/21(土) 07:50:24.39 ID: HmO++7ts0
>>341

おかしい。現政権批判は?


343 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/21(土) 08:27:32.63 ID: MNdobsra0
ひとり比較的まともな人がいるけどそれが今日か?


344 名前: Isogawa Takuji ◆.GEUF45Sqk Mail: http://twitter.com/isotaku503 投稿日: 2011/05/21(土) 08:32:52.75 ID: 67yduVil0
2011年5月18日の讀賣新聞朝刊19面によると、平安時代
に、850年に出羽地震があり、863年に越中越後地震があり、
864年に富士山と阿蘇山が噴火、868年に播磨地震、869
年に貞観地震(貞観津波)が発生したとある。

日本海中部地震(1983年)、阪神淡路大震災(1995年)、
新潟県中越地震(2004年)、東日本大震災(2011年)と
あった。

平安時代にはその後、878年に関東地震、880年に出雲地震、
881年に平安京地震、887年に西日本地震があり大阪湾には
津波襲来があったそうで、九州や四国についても南海・東南海に
地震があったようだが、当時の首都である京大阪が壊滅しており、
記録が少ないそうだ。

そういう大地震の連動を考慮して、予防対策をすることが求めら
れていると言えるだろう。

http://www.geocities.jp/isotaku503/tvhyou/EarthQuake/


345 名前: 文責・名無しさん Mail: 投稿日: 2011/05/21(土) 08:40:03.71 ID: LKDtZCb80
>>341
砲兵工廠跡も曽野アヤヤが100人もおれば3日もたたないうちにきれいに片付いて
いただろうに。
「アッ、こんなとこに鉄材がある。これお好み焼きの鉄板に使えそう」
「大きさの同じ瓦礫3つでかまどが作れるのよ。屋外でバーベキューもできそう」
「この不発弾で花火を作れないかな」
「ついでに銅も頂戴して造幣局に買ってもらおうかな」


346 名前: Isogawa Takuji ◆.GEUF45Sqk Mail: http://twitter.com/isotaku503 投稿日: 2011/05/21(土) 08:40:58.54 ID: 67yduVil0
堤防の構造については、液状化を防止するため、地下水の滞留を
防ぐため、地下は透水するようにする必要があるだろう。地下水
が水圧を海側に掛けるため、塩害防止にもなる。

地下の岩盤にまで貫通する柱を立て、その上に堤防を設置すると
いう工法が有効だろうか。水は動くが、土や岩が動かないように
することが液状化対策として肝要である。

津波対策としては、沿岸に城郭の土塁や城壁のように、盛土道路
を沿岸の陸上に構築することにより、津波による内陸部への被害
を減災することが可能である。





続きを読む

5/20産経抄ファンクラブ






産経抄ファンクラブ 5月20日

252 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/20(金) 06:22:13.24 ID: K+q1OhGrP
産経抄                                  5月20日
「活字っていうのも、正業みたいに思われてるけど、字が残るから危険な
商売で、また危険なことを書かなきゃ、面白くもなんともないんです」。「最
後の無頼派」と呼ばれた作家の色川武大が生前、雑誌の対談で語って
いる。
▼活字に限らず、およそ言葉を生業(なりわい)としているなら、誰もが思
い当たるふしがあろう。劇作家で演出家の平田オリザさんも、例外ではな
いはずだ。しかも現在は、内閣官房参与という立場で、鳩山由紀夫前首
相の所信表明演説作成にもかかわった、より「危険な商売」に就いている。
▼その平田さんの発言が波紋を広げている。ソウル市での講演で飛び出
した。福島第1原発事故への対応で、放射能汚染水を海に放出したのは、
米政府の要請を受けたものだった、というのだ。
▼菅直人政権では首相や周辺から、これまでも失言や不用意な発言が
相次いできた。今回は、細野豪志首相補佐官らが、平田さんの「勘違い」
だとして、収束を図ろうとしている。もっとも、国際社会で日本の信用を失
いかねない失態である。そんな言い訳は通用しない。
▼「せめて漢字をきちんと読んでくれ、せめて酩酊(めいてい)状態で記者
会見しないでくれ」。平田さんは2年前、朝日新聞への寄稿のなかで、当
時の麻生政権を批判している。それに倣えば、「せめて外国で、風評被
害のタネをまき散らさないでくれ」と言いたい。
▼阿佐田哲也の筆名で賭博小説を手がけた色川は、冒頭の発言をこう
続ける。「他人はすべて読者を含めて敵っていうか、少なくともバクチの
相手として凌(しの)いでいこうとすると、これはバクチ打ちの神経ですよ
ね」。国難を必死で凌ぐ。政府の要人に、そんな覚悟が決定的に欠けて
いる。

253 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/20(金) 06:23:30.62 ID: zTf/Q2Re0
5月20日
 「活字っていうのも、正業みたいに思われてるけど、字が残るから危険な商売で、
また危険なことを書かなきゃ、面白くもなんともないんです」。「最後の無頼派」と呼ばれた
作家の色川武大が生前、雑誌の対談で語っている。

▼活字に限らず、およそ言葉を生業(なりわい)としているなら、誰もが思い当たるふしが
あろう。劇作家で演出家の平田オリザさんも、例外ではないはずだ。しかも現在は、
内閣官房参与という立場で、鳩山由紀夫前首相の所信表明演説作成にもかかわった、
より「危険な商売」に就いている。

▼その平田さんの発言が波紋を広げている。ソウル市での講演で飛び出した。
福島第1原発事故への対応で、放射能汚染水を海に放出したのは、米政府の要請を
受けたものだった、というのだ。

▼菅直人政権では首相や周辺から、これまでも失言や不用意な発言が相次いできた。
今回は、細野豪志首相補佐官らが、平田さんの「勘違い」だとして、収束を図ろうとしている。
もっとも、国際社会で日本の信用を失いかねない失態である。そんな言い訳は通用しない。

▼「せめて漢字をきちんと読んでくれ、せめて酩酊(めいてい)状態で記者会見しないでくれ」。
平田さんは2年前、朝日新聞への寄稿のなかで、当時の麻生政権を批判している。
それに倣えば、「せめて外国で、風評被害のタネをまき散らさないでくれ」と言いたい。

▼阿佐田哲也の筆名で賭博小説を手がけた色川は、冒頭の発言をこう続ける。
「他人はすべて読者を含めて敵っていうか、少なくともバクチの相手として凌(しの)いでいこうとすると、
これはバクチ打ちの神経ですよね」。国難を必死で凌ぐ。政府の要人に、そんな覚悟が決定的に欠けている。


254 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/20(金) 06:24:20.31 ID: zTf/Q2Re0
>>252
申し訳ない、リロード忘れた


255 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/20(金) 06:24:55.74 ID: K+q1OhGrP
>>252
平田発言は失言だと思うし、おそらくはアメリカの要請なんてなかったとは
思うが(海洋汚染は中韓よりも影響大)、日本の信用とか風評被害とかは、ちょ
っとピンボケの批判だろう。
むしろ「ご主人様(アメリカ)の信用を落としやがって」といいたいんじゃないのか?


256 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/20(金) 06:28:28.25 ID: QfLsMbxq0
>252-253

せめて縮刷版を出してから言ってくれないかな。


257 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/20(金) 06:31:56.13 ID: zTf/Q2Re0
>>252
==
活字っていうのも、正業みたいに思われてるけど、字が残るから危険な
商売で、また危険なことを書かなきゃ、面白くもなんともない
==
内容や「裏取り」を伴わない過激な見出しや記事は、許されるモノじゃ無い。

少なくても、「菅がヘリで視察した結果、ベントが遅れて水素爆発に至った」という
記事は、最早ほぼ否定されてる。

…もっとも、産経新聞は「字が残」りましたっけ?(縮刷版まだー?)





続きを読む

5/19産経抄ファンクラブ






産経抄ファンクラブ 5月19日

218 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/19(木) 06:00:03.87 ID: TnkQYfZMP
産経抄                                5月19日
「もう翻訳は待ちきれない。原書を買って読もう」。こんなかっこ良すぎる
セリフも、児玉清さんなら許される。16日に、胃がんで77年の生涯を終
えた二枚目俳優は、物心ついた頃から本を読まなかった日はないという、
芸能界きっての読書家だった。
▼母親の急死で、ドイツ文学の研究者への道をあきらめた。就職先を探
していたら、偶然東宝映画ニューフェースに合格する。それから二十数年、
40代半ばの児玉さんは俳優として大きな曲がり角にいた。台本を読んで
からでないとテレビドラマに出演しない。そんな原則を守っていたら、依頼
がほとんど来なくなった。
▼鬱々とした気持ちを紛らせてくれたのも読書だった。とりわけお気に入
りの英米ミステリーの翻訳を読み尽くしてしまい、仕方なく原書のハード
カバーを入手する。ところが存外楽に読め、翻訳本より喜びが深いこと
に気づいたという。
▼以来、ひたすら面白い本を追い求め、人に魅力を語っているうちに、
翻訳本の解説を書き、テレビの書評番組の司会を務めるようになった。
平成16年からは、小紙にも海外ミステリーの書評を寄稿している。
▼1回目に取り上げたのが、米国で発売されたばかりの『ダ・ヴィンチ・
コード』だった。「予断を許さぬ激しい場面転換に読者の心は●(つか)ま
れたまま、ジェットコースターライドの切迫感で巻末へと放りこまれる」。日
本でもブームに火が付いたのは、薦め上手の児玉さんの力が大きかった
はずだ。
▼36年にわたり司会を務めてきたクイズ番組『アタック25』で、最近本に
関する問題の正答率が低いことを憂えていた。本離れと電子書籍の普及
という激震にあえぐ出版界は、偉大な応援団長を失った。

●=てへんに國


219 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/19(木) 07:05:03.13 ID: ERHk9dz50
>>210
そのくらいのブレは、この手合いの業界では毎度の事かも

「嫌韓流」の晋遊舎が同時に、「K-POP美男(イケメン)時代」という本を出してる
体たらくですし
ttp://www.shinyusha.co.jp/~top/contents03.htm

「撃論ムック」のオークラ出版が、一方で韓流エンタメ雑誌売ってますし
ttp://www.oakla.com/

…しかし撃論 富国強兵号もなんか凄いな…


220 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/19(木) 07:06:24.76 ID: ERHk9dz50
>>209
入れてることは入れてるけど、ラテ欄以外まともに見たことが無い。
そいや。


221 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/19(木) 07:19:50.58 ID: MmoPRpz90
>>218
>台本を読んでからでないとテレビドラマに出演しない。
>そんな原則を守っていたら、依頼がほとんど来なくなった。
これで、読者にちゃんと伝わるのか?


222 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/19(木) 07:54:45.98 ID: z2F1+1GbP
>>221
これは「テレビドラマに出演しない」でなく「テレビドラマの出演を引き受けない」にしないと意味が通らないね
台本読んでから出演するのは当たり前のことなんだし


223 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/19(木) 08:18:54.41 ID: MmoPRpz90
>>222
脚本を読んでから出演するかどうか決める「映画の常識」と、初回の放送時には、最終回の脚本は書きかけてもいない
「テレビドラマの常識」を知らないと、そういう事だとは分からないんじゃないかと思う。
児玉さんは、「映画の常識」を貫いたから、テレビドラマの出演依頼が減ったということだろう。

最低限、>>222の指摘するような書き換えをしないと、謎の文章としか思えない読者も結構いるんじゃないかなぁ?





続きを読む

5/18産経抄ファンクラブ






産経抄ファンクラブ 5月18日

143 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/18(水) 06:21:59.13 ID: dFcpzykfP
産経抄                                   5月18日
真相は、物事が起きてから時間がたたないと見えてこないのは、重々わ
かっているつもりだ。とはいえ、福島第1原発で水素爆発が起こってから
2カ月以上もたって「実は地震の翌朝には全炉心溶融(メルトダウン)して
いたようです」と言われてもねえ。
▼メルトダウンという言葉は、32年前に起きた米スリーマイル事故とその
わずか12日前に封切られた映画「チャイナ・シンドローム」によって広まっ
た。事故を予見した映画は、リポーター役のジェーン・フォンダと技師役の
ジャック・レモンの熱演もあって日本でもヒットした。
▼チャイナ・シンドロームとは、米国で原発がメルトダウンすれば、核燃料
が地球の裏側の中国に突き抜けるという意味だ。もちろん、ジョークだが、
メルトダウン→チャイナ・シンドローム→この世の終わり、と連想した読者
もおられるのではないか。
▼2、3号機もメルトダウンしている可能性が高い。ますます背筋が寒くな
るが、工学者の武田邦彦氏に言わせれば「これまでにあまりに多い放射
性物質が出たので、それに比べるとたいしたことはない」そうだ。
▼武田氏ら在野の科学者は、早くから「燃料は破壊されて原子炉の下に
落ちているだろう」と指摘していた。にもかかわらず、「メルトダウン」のイ
メージにおびえたのか政府も東電も認めようとしなかった。
▼武田氏は「日本のメディアは『事実』より『公式発表』を重んじる」とブロ
グで皮肉っている。日ごろ偉そうなことばかり書いている抄子も耳が痛い。
せめて、原子炉がメルトダウンしている最中に視察を強行するような首相
にまともな政治は期待できない、という「事実」だけは書いておきたい。


144 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/18(水) 06:25:11.94 ID: dFcpzykfP
>>143
ちょっと何を言ってるのかわかりません。
いわゆる「メルトダウン」にもいろいろと段階があって、チャイナシンドローム
は、その最悪の事態。福島でそれが起こってたら「東日本が潰れる」事態になっ
てた。今回のメルトダウンは、その段階までは言っていない。
菅の視察は何が悪いのか理解不能。危険だからこそ、現場を鼓舞する必要がある
んだろ。


145 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/18(水) 06:28:01.06 ID: 7ipAsBzl0
>武田邦彦
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


146 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/18(水) 06:31:44.39 ID: 7ipAsBzl0
他のキーワード: 武田邦彦 批判 武田邦彦 トンデモ 環境 武田邦彦


147 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/18(水) 07:10:09.20 ID: 9V2YvgoJP
>>142
推進するなら、最終処分場くらい自分の家の近所に受けいれりゃいいんだけどねえ。

>>143
東電批判にいくならともかく政府と首相批判だけ?
そりゃ民主党も原発推進だったけど、自公政権はもっと凄いよ?
それに、よりにもよって武田邦彦を例に引くなんて、見識の無さを表明しているだけなのに。


148 名前: 文責・名無しさん Mail: 投稿日: 2011/05/18(水) 07:46:17.81 ID: Nix6xM0iO
>>143
今度はトンデモ環境学者の武田邦彦の話引用して、メルトダウン大したことないキャンペーンッスか?
抄子、マジパネェwww

そして最後に無理矢理な菅総理批判。
抄子、マジヤバスwww

この記事書いた記者の脳ミソもだいぶメルトダウンしてるとみた。





続きを読む

5/17産経抄ファンクラブ






産経抄ファンクラブ 5月17日

107 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/17(火) 06:17:27.53 ID: aRr5kUgeP
産経抄                                    5月17日
5年前に亡くなった作家の久世光彦の一家は、戦時中、伯母の住む富山市
に疎開していた。ラジオで敵機の接近を知るたびに、裏の土蔵の扉を閉め
て、壁と扉の隙間をみそで塗り固めるのを手伝ったという。
▼こうすると家屋は燃えても、蔵には火が入らないといわれていた。昭和20
年8月1日、米軍の爆撃機によって、富山市は焼き尽くされる。火の中を逃げ
回った一家が夕暮れに戻ると、土蔵は生き残っていた。
▼「その後の驚きを、私はいまも忘れない」と、『蔵の中』というエッセーに書い
ている。伯母がシャベルでみそを剥がし扉を開けた瞬間、中から炎が噴き出し
てきた。燃え残った土蔵は、10日くらいかけて冷やしてから開けなければなら
ないことを、後から知る。
▼冷却がいかに重要か、福島第1原発の事故で、われわれも思い知ったば
かりだ。東日本大震災による津波が到達した直後から、原子炉の冷却機能
が失われていた。それから数時間後にはすでに、1号機のメルトダウン(全炉
心溶融)が始まっていた。東電が翌朝注水を始めても、遅きに失していたわ
けだ。
▼久世は、土蔵の中に入れてあった、家族の宝物が消えていくのを目の当
たりにした。原発の周辺住民の多くは、住むところも仕事も失った。酪農家は、
家族同様に育ててきた家畜との別れを余儀なくされている。
▼15日からは、「日本で最も美しい村」連合に加盟している福島県飯舘村と
隣の川俣町からの、住民退避が始まった。補償はどうなるのか、慣れない土
地でやっていけるのか、それぞれ不安を抱えたままだ。原発事故の収束と帰
村の見込みがこのまま立たないようなら、何より大切な故郷を失うことになり
かねない。


108 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/17(火) 06:21:44.05 ID: aRr5kUgeP
>>107
なんか、いまさら次郎って話だな。
原子力ってそういうもんだろ。それを「電力不足は日本経済を衰退させる」って
無理やり使ってたわけで。

原発には詳しくないけど、予備電源が動いてたはずの時間にすでにメルトダウ
ンを起こしてた、ってことは、地震の揺れで一冷却水の配管が損傷して、一次
冷却水がダダ漏れ状態だった、ってことかな。電源以前に、原子炉が地震に耐
えられてなかった、と。


109 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/17(火) 06:38:42.60 ID: 5G9fnr080
>>106
産経は、しょっちゅう「自衛隊が尊敬されない」などと不平を言っているが、こういう文章を掲載するから
馬鹿にされるってことを考えないのかねぇ?

だいたい、殺害は、アメリカ主導で決議した安保理決議1368の第三項に明確に反しているだろ?


110 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/17(火) 08:08:07.26 ID: z7/THfl70
>東電が翌朝注水を始めても、遅きに失していたわけだ。

注水は無駄だったんだろうか?放置して溶解金属が動き回って再臨界に最適な
格好に集まってしまう可能性は無かったろうか?あと、今後格納容器の外に
まで燃料が達しているか、否か問題になて来るけど注水しなければチャイナシンドローム
って奴に間違いなくなって、もう、この周辺の地下水脈は千年レベルでアウト確定
だったろうから、それを防げたかも知れないだけましだったのでは?
どうも文系脳って1ビット思考的、刹那的なのが多い気がする。


111 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/17(火) 08:22:17.59 ID: 5G9fnr080
>>110
俺も、そこに引っかかった。
注水が無駄でなかったのは明らかなので、それはおいといて。

で、「遅きに失していた」の意味を、どう取るかって感じなのかなと。
もちろん、やっても全くの無駄な場合を指すことはあるのだが、検索してみると、
無駄ではないけど、遅くて効果が小さい場合も結構使われている。
そういう用法なら、間違いではないのかも。


112 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/17(火) 09:10:43.37 ID: BS3VveMN0
津波の直後から、てのも疑わしいんだよな。
冷却水があっさり無くなってたんだから、実際はどこかの配管が破れるなり、容器が破損なりして水漏れしたんじゃないか。
想定外の津波が、などではなく、想定されていたはずの地震にも耐えられていなかった可能性がある。





続きを読む

5/16産経抄ファンクラブ






産経抄ファンクラブ 5月16日

72 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/16(月) 06:35:05.43 ID: P7VIEBN2P
産経抄                                 5月16日
「奇蹟(きせき)の画家」と呼ばれる人物がいる。神戸市に住む石井一男
さん(67)だ。人付き合いが苦手で、高校卒業後は、短いアルバイトを繰
り返して、生計を立ててきた。結婚もしていない。
▼絵は独学で学んだ。20代では公募展に入賞したこともある。やがて筆
を拭(ぬぐ)い、再開したときは40代半ばを過ぎていた。数年後ふと思い
立って、よく絵を見に訪れていた画廊に作品を持ち込んだのが、奇蹟の
始まりだった。
▼あまり期待していなかった画廊主は、作品の中の女性像の前で息を呑
(の)んだ。少女の顔にもイコン(聖画)にも見えた。「女神像」と名付けて
個展を開くと、最初は半信半疑だった観客の表情が、みるみる変わって
いく。ノンフィクション作家の後藤正治さんもその一人だった。
▼後藤さんは、石井さんの半生をたどり、作品に魅せられた人々を訪ね
歩いた。2年前に出版した『奇蹟の画家』(講談社)によると、女神像は、
がん患者によって病室に持ち込まれ、阪神大震災で教え子を失った小学
教諭の自宅にも飾られていた。
▼芸術に何ができるのか。東日本大震災の発生以来、よく耳にする問い
かけだ。石井さんの絵は、本人にはそんなつもりはないのに、苦難に直
面し、悲しみに沈む人たちを、そっと支える力を持つ。
▼もうひとつの奇蹟は、石井さんの暮らしぶりだ。テレビで紹介されファン
が増えても、まったく変化がない。棟割り長屋の2階に住み、食事は数百
円の総菜を近くの商店街で買ってすます。何よりの楽しみは、作業の後
の銭湯と、寝床で聴くクラシックか落語のテープだという。原発が全て止
まり、電気代の高騰で企業が海外に逃げ出し、経済がどん底になっても、
何も困ることはない。


73 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/16(月) 06:36:46.45 ID: P7VIEBN2P
>>72
最終段落、何がいいたいのかよくわからん。
67歳で、もともと適応力がなかった人なんだから、カネが入ってきたからと言って、
生活スタイルを変える方が苦痛なんだろ。


74 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/16(月) 07:08:52.33 ID: kvp+fEdn0
そこまで言わなくてもいいじゃないか。
こういう人は普通にいますよ。

いいえ、誰でも。


75 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/16(月) 07:41:03.58 ID: FnyDM6s80
まあ、最後の一文が全てだな。
これが言いたいがためにダシに使われた石井氏も迷惑だろう。
使うならあっちの石井さんにすればいいのに


76 名前: 文責・名無しさん Mail: 投稿日: 2011/05/16(月) 07:52:17.81 ID: VeKWaztc0
壺を飾るより石井さんの絵を飾っとけなんて産経が言ってもいいのかな。


77 名前: 文責・名無しさん Mail: sage 投稿日: 2011/05/16(月) 08:08:47.85 ID: 3nKYMTZcP
>>72
最終段落こそ3K Showの基本精神「たかが経済」
これだけでお腹いっぱいです





続きを読む

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

PR1
PR2
PR3
PR4
プロフィール

Author:Dr.TUN
主に科学ニュース+を

月別アーカイブ
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
908位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
86位
アクセスランキングを見る>>
PR5






無料・レンタル・掲示板
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。